先日亡くなった祖母が、私の初体験の女性でした。
もう25年前の話です。
私は16歳。

若い頃は少し悪かったと言われてた母親が16歳の時、私が生まれました。
父親は母の妊娠を聞き、逃げたらしいです。
その母を19歳で産んだのが、当時52歳の祖母です。
祖父も早くに他界し、3人暮らしでした。

祖母は容姿端麗。
ブクブク太ってしまった母親と違い、まだまだ色気がムンムンしてました。
スウェットばかりのだらしない身なりの母に対し、ミニスカートがよく似合い、干してある下着も毎度私の股間を硬くさせました。
洗濯機からちょっと拝借して、ペニスに巻きつけてオナニーしたこともあります。

そして、あの夏休みです。
祖母のあの色気は、20歳年下の恋人がいたからだと、あの日知りました。
セクシーな下着に対するこだわりも納得しました。

夏休みに入り、2年生で唯一空手部でレギュラーだった私は、ハードな稽古で足を捻挫し、馴染みの整骨院経由で早帰りしました。

「ばあちゃん、ただいま」

母は友達とバスツアーとかでいません。

「あぁ、ヒデちゃん、お帰り・・・」

祖母は、どこかに出かけて帰ったままという格好でビールを飲んでいました。
少し元気がありません。

「ばあちゃん、今日はお酒早くない?」

「うん、今日はね・・・ちょっとショックなことがあって飲みたいんだ・・・」

「元気ないのばあちゃん、初めて見たよ」

「うん・・・色々あるのよ・・・」

ビールを注ぎ、また一気に飲んだ祖母。

「俺、汗かいたから先にお風呂入っちゃうね」

湿布とネットを外し、ぬるめの設定でお湯張りをしました。
溜めてる間に身体を洗ってたら、いきなり全裸の祖母が入ってきました。

「ば、ばあちゃんどうしたの?」

目は祖母の身中を徘徊しました。

「ヒデちゃんを洗ってあげようと思ったの・・・」

「えっ・・・えっ・・・」

戸惑っていると祖母は私の手から洗いタオルを取り上げ、背中から洗い始めました。

「ばあちゃん、恥ずかしいじゃん・・・」

「恥ずかしくなんかないわよ、私のパンティーで擦るより。ばあちゃんがしてあげるから」

ドキッとしました。

「・・・なんで知ってるの?」

「だって、パンティーにヒデちゃんのが付いてたもん」

そう言いながら祖母は豊かな胸を私の背中に押し付けて、泡の手でペニスを擦ってきました。
それは、いきなりやってきました。

「あっ・・・ばあちゃん・・・出ちゃうよ・・・うっ・・・」

大量に射精してしまいました。

「お風呂から出たら、もっと色々してあげようか?」

「う・・・うん・・・」

手を引かれ、お互いバスタオル1枚のまま祖母の部屋に入りました。
祖母の部屋は何か甘い香りがしました。
それにセミダブルのベッドに置かれた薄く透けた下着・・・。
私のペニスは、また一気に硬くなりました。

「あらあら、あんなに出したのに、もうこんなに・・・。またしてあげるから、ここに寝なさい」

祖母は私のバスタオルを取り去り、ペニスを口に入れました。

「あぁ・・・あいつのより大きい・・・」

何か独り言のような言いながら、ピチャピチャ音をさせてペニスに舌を絡めました。
オナニーとは比べ物にならないほどの快感に襲われました。

「ば、ばあちゃん・・・また出ちゃう・・・出ちゃうよ・・・」

「いいよ、出しなさい」

「うっ・・・」

ばあちゃんの口に出してしまいました。

「ごくっ」

飲んでしまったようです。
それでも祖母は痺れたペニスを舐め続けます。

「硬いままだね・・・ヒデちゃんのちんちん・・・」

オナニーだと、出してそそくさと自分で拭くことで終わりが来ます。
でも、出した後でも気持ちいいのが続きました・・・。
5分くらい、祖母は優しく舐め続けてくれました。

「ほら、また大きくなったよ。今度は、ばあちゃんのおまんこを舐めてね」

教わりながら祖母のびちょびちょに濡れたおまんこを舐め続けました。

「ヒデちゃん・・・入れて・・・ちんちん入れて・・・」

祖母にペニスを道引かれ、おまんこに入りました。

(あぁ・・・口の中より柔らかい・・・ヌルヌルした感じも違う)

祖母は私のお尻に手を回して強く引きます。

「こうやって腰を振ってみて・・・」

私はぎこちない動作で腰を振り続けました。
2度も出しているので少し我慢はできたけど、また来る射精感・・・。

「ばあちゃん・・・また出そうなんだけど・・・」

「いいよ・・・いっぱい出しなさい・・・今度はばあちゃんのおまんこの中に出しなさい・・・」

「うっ・・・出る・・・」

瞬間、祖母のおまんこがキツくなったように感じました。

「うぉ・・・」

思わず呻いてしまいました。
しばらくしてシャワーを浴び、軽く夕食を済ませ、長い夜が始まりました。
バックから入れるやり方や、祖母が上になる形。
祖母を抱っこする形。
色々と実戦しました。

祖母とは私が大学に受かり上京するまで続きました。