あるサイトで人妻クラブという秘密クラブがあることを知った。
興味本位でアクセスし、会員となった。
携帯に人妻クラブからメールが入電。

『明日、極秘会合あり。参加されたし』の連絡。

とりあえず出向いてみた。

地下に降りてドアの前に立ち、呼び鈴を押す。
会員番号カードを見せ、中に入る。
暗い部屋の中に、5人ほどの女が下着姿でビールを飲みながら立っている。
どうやら男は俺1人みたいだ。
いずれ誰か来るだろうと思い、俺も服を脱ぎパンツ1枚になった。

奥から1人女が現れて、「あなた、新人さん?」と声をかけてきた。
そうだと言うと女は、「じゃあ今日は私があなたの相手よ」と言い、手を取って暗い部屋の角へ。
ある程度話をしてから女が俺の顔にデカい乳を押し当てきた。

「おっきいでしょ?おっぱい好き?」

「大好きだ」と答えた。

「あなたのモノ、触りたいわ」

女は耳元で囁くとちんぽを握ってきた。
俺はたちまちフル勃起してしまい、「まあ、あなた若いのね、いくつ?」と聞かれた。

「25だよ」と言うと女は・・・。

「若い男って久しぶりよ、しっかり味わわせてもらうわ」

何時間もちんぽをしゃぶられた。
何回精子を出したか数え切れない。

女は満足した様子で、「また来てね。あなたのザーメン若い匂いがして美味しかったわ」と別れ際にキスしてくれた。

その時、薄暗い部屋だが顔が見えた。
俺は仰天した。
なんとその女は隣に住む40代の奥さんだったのだ。
向こうも俺のことが分かったみたいだ。

「・・・やだ、マー君だったの?大きいおちんちんだね~、おばさん知らなかったわ。またエッチなことしようね」

そう言い残して去っていった。
数日後、隣のおばさんと出くわした。

「うふ、マー君、この間はどうも」と笑って挨拶してくれた。

改めて隣のおばさんを見ると、乳もデカいしスタイルも悪くない。
俺は、「あの・・・今って暇ですか?」と聞いてみた。

「いいけど、何?・・・こないだの続き・・・したいの?」

図星だった。
隣の玄関先に入り、ドアを閉めて事に及んだ。
乳を揉み、ちんぽをはめてマンコを掻き回す。
俺は短時間で3回も出した。

「マー君、凄いよ、若いから・・・今日はこの辺でやめようね・・・」

その後、俺は人妻クラブを脱退した。
隣のおばさんも脱退した。
そう、俺と密かに通じてやりまくっているのだから・・・。