彼女と付き合った時、彼女は中学3年生だった。
俺は年上でしたが、まだ10代。
初めて会ったのはメールを始めてから1ヶ月後くらい。
しかし初めて会った日からえらいことになっていたとは知る由もなかった。

俺と彼女は同じ県に住んでいるものの、離れているため遠距離だった。
彼女は家のことで色々あり、俺と会う日はプチ家出も兼ねていた。
俺はまだ免許もなかったので、お互い電車に乗ってデカい街の駅で待ち合わせってことになったんだが、約束の時間には来なかった。
約束の時間は夕方5時くらい。
そして彼女が来たのは夜の9時。
普通ならブチギレだが、初めて彼女を見た瞬間、どうでもよくなった。

誰がどう見ても美人だったから。

顔はほぼ外人。
ハーフで、例えるなら綾瀬はるかとモデルのメアリージュンを合わせた感じ。
メールしてる時に、中学の文化祭でミスコンだったとか、出かけるたびにナンパされるとか、わざわざ他県から告白だけしに来るやつがいたとか、嘘くさい自慢話を聞いてたんだが、生で見て納得した。
まぁスペックはそんな感じ。

結局、終電もなくなったため、兄貴に電話して迎えに来てもらった。
(当時、俺は兄貴夫婦のアパートに居候してた)
で、ハッキリ言うと、帰ってすぐにエッチしたわけだが、処女だと言ってたのにチンコは普通に入った。
少し疑問だったんだが、まぁそんなには気にならなかった。
で、色々話すうちに、なんで待ち合わせに遅れたのか聞いてみたら、ただ単に遊んでて遅れたみたい。
しかしこの時、彼女は嘘をついていた。
これはまた後で話す。

まぁそんな感じで約1週間、兄貴の家に俺と彼女はいた。
そして1週間後、俺は兄貴に呼ばれて、彼女をどうするのか話し合いをした。
俺もあの頃は若いしバカだったんで、ただ単にずっと一緒にいたかったくらいにしか考えてなかったが、家出してるとはいえ、やはり未成年をかくまってることに兄貴は危機感を持ってたらしく、彼女は家に帰した方がいいと言われた。
部屋に戻り、彼女にそれを伝えると、「家には帰らないけど、友達の家なら泊まれるからそこに行く」と言われ、次の日、俺が仕事に行ってる最中に彼女は出ていった。

その日からまたメールと電話だけになった。
連絡こそとれるものの、かなり心配だった。

本当に友達の家にいるんだろうか?
誰か男とかいるんじゃないだろうか?

そんな不安ばかりよぎってしょうがなかった。
そして、その不安は的中した。
彼女はどうやらもう1人の家出してる友達と2人で他県に行っていた。
そのもう1人の子の知り合いが車を持っていて、それに乗って行ったらしい。
しかし他県に行ってからというものの、もう1人の子はその知り合いとどっかに行ってしまって帰ってこなかった。
他県のデカい街の駅で彼女は1人になってしまった。
彼女もさすがに1人で夜を過ごすのは怖かったため、出会い系で泊めてくれるところを探した。
俺のことを思うと嫌だったらしいが、とにかく追い込まれていたのでやってしまったらしい。

相手はすぐに見つかり、40歳くらいのおっさんが駅に迎えに来たそうだ。
その日はおっさんの家で過ごし、夜は俺と電話した。
俺もホントに今思うとバカだったんだが、彼女は「泊めるだけでなんにもしないから」とおっさんに言われたのを信じていた。
俺は何も知らなかった。
彼女はその日こそやられはしなかったものの、寝てる時におっさんが横に来て、ずっとクリを弄られたり胸を触られたりしてたそうだ。
そして次の日は足早にそいつの家を出て、また駅に行った。
しかしその日も友達とは連絡もとれなかった。
仕方なく、彼女はまた出会い系を利用し相手を探した。

またすぐに見つかり、今度はデブで中途半端なB系みたいなヤツが来た。
で、そいつの家に泊まることになったのだが、その時に援交を持ちかけられたらしく、彼女も金があれば電車に乗って地元に戻れると考えて、嫌々ながら了承してしまった。
こいつがなかなかの変態で、やたら長いエッチをした。
嫌々少しだけフェラをして、後はずっとバックでパンパンと長い時間突かれていたらしい。
終わりはゴム中出し。
そいつとはその1回で終わり、次の日、約束通りATMに金を取りに行ったのだが、なんかで引き落とされていたらしく、結局何も貰えず、彼女もキレてそいつとは別れた。

さらに彼女の不運は続く。
彼女はまた相手を探した。
今度は50歳くらいの痩せたおっさんが迎えに来た。
こいつはやたらと彼女を「可愛い可愛い」と褒めてきたらしい。
家に帰り、おっさんはヤル気マンマン。
彼女も騙されてばっかで、またそこで明日金を渡すという約束で、エッチを始めてしまった。
俺への罪悪感もあったらしく、せめて感じる顔は見せまいとバックでお願いしてエッチしたらしい。
しかし突いてる途中で1回おっさんの動きが止まり、またしばらくして突き始めた。
その後おっさんはイッたんだが、彼女がお尻に違和感を感じて見てみると、アナルやその付近に思いっきり精子をかけられていた。
そのおっさん、1回止まった時にゴムを勝手に外していたのだ。
しかもよく見ると、少し中出しもされてたらしい。
これには彼女もキレたが、おっさんは悪びれた様子もなかった。
そうして一晩泊まり、次の日に駅まで送ってもらおうとしたが、次の日もおっさんは頼んできた。
彼女もさすがに嫌がったが、「金額を増やす」と言われ、またエッチ。
またバックで入れられて、今度はゴムも付けて普通にイッて終わり。
その後は駅まで送ってもらい、ようやく金をもらって別れた。
・・・の予定だったが、駅に送ってもらった途端、無理やり降ろされ、そのまま逃げられ、結局またしても金をもらえずに終わってしまった。

またどうしようもなくなったので、また相手を探す。
またすぐ見つかり、今度は若い男が迎えに来た。
そいつはミニバンで迎えに来て、家じゃなくて車でしたいと頼んできた。
彼女も、もう金さえもらえればどうでも良くなってて、先に金をもらい、そのままカーセックス。
その後、男と別れて、ラブホに1人で泊まって夜を過ごした。

そして次の日、やっともう1人の友達と連絡がついて、その日は2人で遊んだ。
だが、そこでまた彼女はバカをやってしまった。
遊ぶ金以外を駅のロッカーに預けて出かけたんだが、夜戻ると駅は閉まってたらしく、金を取りに行けなくなってしまった。
しかも友達はまたどっかに行ってしまったので、しょうがなくまた相手を探して、今度は出張中のサラリーマンとラブホに泊まったみたい。
で、風呂で立ちバックして一晩を過ごした。

こうして彼女は、わずか数日のうちに経験人数が4人も増えてしまった。
次の日は電車に乗って、結局また兄貴の家に来てもらったんだが、電車に乗る前に高校生にナンパされて、おっさんばっかり相手してた彼女は、年が近いというだけで嬉しくなってしまい、少しデートしたと言っていた。
マックを奢ってもらったので、駐車場で手コキをしてやったらしい。
色んなおっさんとやってたのもショックだが、これもなかなかショックだった。
あの小さい手で他の男のアレをしごいてたなんて・・・。

その後、兄貴の家でしばらく過ごして実家に戻った。
この話は、彼女が戻ってきてエッチしてるときに、彼女が泣きながらカミングアウトしてきた。
彼女は、「好きな人とできるってこんなに気持ちいいんだ」とか言ってたけど、俺はかなりショックだった。
しかも、前より明らかに締まりが悪くなってたし。

これを聞いたのは付き合ってしばらくしてからだったので、そのときはかなり冷たくした覚えがある。
まぁこんな感じ。