高3の時の、英語の担任の女教師にたっぷり中出しをしてあげました。

彼女は今35歳、僕は29歳。
転勤先の町で偶然ばったり。
時間がなくて携帯番号だけ教えあい、翌日に電話して、先月の中旬の金曜の夜に2人で食事することになりました。
食事してわかったのは、27歳でお見合いして、出身地のこの町へUターンして結婚。
地元の私立高校へ再就職。
子供は1人できたが、嫁姑トラブルで3年前に離婚。
子供は旦那が引き取り、現在は1人暮らしということでした。
昔の教え子に会って驚いたそうでした。
もちろんこちらもですが。

先生は身長は154センチと小柄。
ただ胸が大きく、お尻もデカくて安産型。
簡単に言うと、すごくエッチな身体をしています。
田舎なので人の噂が怖くて、この3年間、付き合った男はいなかったそうです。

「君は結婚は?」

「してない」

「じゃあ時間を気にせず飲めるね」

なんて話しながら居酒屋でかなり冷酒を飲んでたけど、飲み足りなくてもう1軒行くことになりました。
2軒目でもかなり飲んで、店を出る頃は結構ふらふら。
時間は12時過ぎ。

「今日は、なんか私の愚痴ばっかり聞いてもらってごめんね」

確かにかなり愚痴は多かったけど、酔うとエッチな会話も弾むし、エッチは随分ご無沙汰みたいでした。
こちらも赴任したばかりで彼女無し。
風俗とか満足にない街だったからかなりご無沙汰でした。

「どうやって帰るの?」

「実はこんなに飲むとは思わなくて車で来ちゃったの。駐車場で少し酔いを醒まして帰るよ。1時を過ぎたら検問もないと思うから」

「危ないよ。捕まったら事件だよ。事故っても大変だし。それに車の中で女1人は危ないよ」

「一応女として見てくれてるんだ。でもどうしようかな?」

「僕が付き合うから醒めるまで一緒にいようよ」

「どこで?」

先生と腕を組み繁華街の外れの3軒くらいホテルがある場所へ歩いて行きました。
途中、腕に胸が当たって、柔らかくて、半立ちみたいな感じでした。

「ここで醒ますの」

「そう、寒いし、ゆっくりできるし、2時間もいれば充分でしょ」

「そうね、でも人に見られないかな?」

「入ればOK、ここにいた方が見られるって」

そう言って一緒にホテルへ入りました。
休憩の時間は終わっていて宿泊料金になりました。
僕が払うと・・・。

「ごめんなさいね、勿体ないことさせて、高いよね、結構」

「いいですよ、それよりお茶でも飲みます」

「ねえ、明日予定ある?」

「別にないけど」

「じゃあ泊まらない?お金が勿体ないし、朝帰ればいいから」

「そうする?何時に出ればいいの?」

「私は1人だから何時でも」

「一緒だよ(笑)」

こうして先生と宿泊することになりました。
古いホテルで設備が悪く、暖房もあまり効かず寒く・・・。

「寒いから、お風呂に入って温まろうよ」

交互にお風呂へ入りました。
先は僕でした。
脱衣所はドアもなくて丸見えです。
気にすることなくスーツを脱ぎ、着替えました。
背中に視線は感じましたが、気づかないふりでお風呂へ。

しばらくして、「スーツとシャツ、ハンガーに掛けるよ」と先生の声がしました。

お風呂から上がり、下着も付けずに浴衣(?)を着けました。
前を紐で縛る、太股までのタイプでした。
たぶん僕が下着を着けてないこと気づいていたはずです。
先生も、「お風呂入るね」と言って脱衣所の隅で背中を見せて脱ぎだしました。
僕はテレビを点けてベッドで観てました。
チラチラと先生が脱ぐのを見るとムチムチした身体が見えました。
ブラジャーとパンティーはお揃いで白でした。
脱ぎ終わり、先生はお風呂へ。

「先生の服も掛けといてあげるよ」

「いいよ・・・」

同じくハンガーへ、脱衣所にはストッキングと下着だけ。
待つ間は暇だったので、アダルトチャンネルにして、照明を暗くして、缶ビール飲みながら観てました。
脱衣所がスポットみたいに明るく、よく見えました。
先生がお風呂から出てきました、当然裸です。
オッパイ揺れていました。
身体を拭くと先生も浴衣に着替えました。
見てると下着は穿いてませんでした。
向こうもやる気です。

「ああ、気持ちよかった~。すっぴんでも笑わないでね」

「OK、それよりのど渇いたでしょ?はい、ビール」

缶ビールを渡すと先生も布団に入ってきました。

「もう、何観てるのよ?」

「AV、暇だったから」

人妻モノでした。

「この女優と私、あんまり年齢変わらないよね」

「最近流行ってるから」

「そうなんだ」

意外と興味津々って感じでした。

「わっ、なんかエッチ、凄く舐めてる。欲求不満て感じ」

(先生もだろ?)とか思いました。

「やってるときはそんなもんでしょ、みんな同じだよ」

「そうかな、でもこの人、胸おっきい、好きでしょ?」

「好きだよ、大きいのは。もうこんなになってるもん」

先生の手を取り、僕のちんちんを握らせました。
少し立った状態でした。

「こら、どこ触らすのよ!」

でも、先生は手を引きません。
感触を楽しむように触ってきます。

「少し触らせて。何年も触れてないの」

触られてると大きくなっていきます。

「大きいくなってくる、凄い」

もう遠慮はいらないと思って、そのまま後ろから抱き締め、紐を解いて乳を揉みました。
首筋にキスしながら乳首をこねだすと、「いや、感じる、弱いの」と顔を後ろに向けてキスしてきます。
キスすると舌を無茶苦茶絡ませてきて顔がベトベトです。
先生のお尻に硬くなったちんちんが当たると・・・。

「当たってる、お尻に」

股の間にそれを挟み込ませてやると、感じる部分に当たるのか、お尻を少し押し付け振りだしました。
ちんちんにまんこの汁が付くのがわかりました。
本当にかなりエッチをしてなかったんでしょう。

「久しぶりなの」

うめき声を出す先生。
顔を正面に向けて乳首を舌で転がし、片方を指で挟み親指で撫でると・・・。

「感じる、オッパイいい」

乳首と乳輪の色は濃いこげ茶、乳輪は大きくて熟女オッパイでしたが、僕もご無沙汰なので許せました。
乳首は大きくて弄り甲斐があります。
だんだんまんこへ舌が近づくと、先生が頭に抱きついてきました。
毛は濃く多くて剛毛、舐めると口に入ります。
本当にスケベな身体で、身長が低い割りにまんこのビラビラも伸びてるし、クリトリスは剥けきっています。
舌でクリを吸うと、お尻を浮かして押し付けてきました。
指を2本入れて中をグチョグチョ掻き回すと、どんどん汁を出してきました。
メス犬ですね、こうなると。

「もう頂戴、お願い」

「フェラしてからね」と命令してさせると、AV顔負けのテクニックでした。

舌で舐めあげ、片手で金玉を刺激してきます。
69になり、マンコをチュウチュウ吸うと、「もうダメ、お願い、我慢できない」とおねだりしてきました。
上に乗ろうとするのを下にして、ちんちんでクリトリスを刺激すると・・・。

「いじめないでよ、欲しいの、2年もしてないの」

「2年?だったら離婚してからしてるじゃん。誰としたの?言わないと入れないよ」

「我慢できなくてテレクラで探して」

「これからもすれば?」

「後悔して、できないから我慢してたの」

ちんちんを入り口の2センチくらいで止めて、クリトリスを撫でて焦らします。

「後悔した訳を言えよ、ほら」

「・・・言えない」

「やめようかな」

「言う、言う。テレクラで会って男の部屋に行ったら3人いて・・・」

「輪姦されたの?」

「うん、怖かった」

「でも感じたんだろ、本当は?言わないと入れないぞ」

「・・・感じてた。前も後ろも一緒にやられたけど、縛られて変なこといっぱいされて」

「ご褒美に入れてあげる」

入れると抱きついてきます。
でも、動きませんでした。

「あん、動いて、お願い」

「まだ答えてない、他にもされただろ?中出しとか」

「されました。全員に中で何回も出されて朝まで」

「妊娠したの?」

「・・・はい」

「正直に言ったご褒美に俺の精子を入れてやる」

動くとマンコから汁をビチャビチャに出しながら声をあげました。
バックで動くと尻を振ります。

「輪姦されたときも、喜んで尻を振ったのか?」

「はい、気持ち良かったです」

騎乗位にして腰を動かしました。

「あん、気持ちいいよ、いいよ」

「このスケベ教師」

「スケベなの。我慢してたの。イクイク、イキそう」

叫んで先生はイキました。
僕もイキました。
ちんちんを抜くと、中から多量の精子が流れてきました。

「先生のマンコから出る精子、しっかり見てやる」

「恥ずかしい、見ないで」

「輪姦されたときも見られただろ?」

「うん、見られました」

クリトリスを撫でながら見てると、またおねだりしてきました。

「お願い、欲しいの、何でもするから」

2回目です。
結局、朝方までその日はしました。
マンコの毛が多かったので、お風呂で剃りました。
その日に聞き出したのは、輪姦されて妊娠したこと。
アナルにも入れられて中出しされたこと。
それで怖くなって男遊びは出来ずに2年間。

今は毎週2回、僕の家に泊まり、中にたっぷり出させてもらってます。
とりあえず、飽きるまでは肉便器として使うつもりです。