親父の一番下の弟は交通事故で3年前に死んでしまった。
その奥さん、つまり俺の叔母さんは、30代半ばで小学生の2人の子供を抱えて大変なようだった。
でも叔父の生命保険と賠償金で、宅地として借りていた土地を買い、小学校の給食調理員に採用してもらったりで、経済的には不自由はしていないようだった。

去年の夏のある夜、地元のスナックに学校の仲間と飲みに行くと、その叔母さんが職場のおばさんたちと飲みに来ていた。
俺も酔っていて、そのおばさんたちと合流してしまった。
おばさんの1人が踊ろうと言うので付き合ったら、次々に3人くらいのおばさんと踊ることになってしまった。

最後の方で叔母さんとも踊ることになったが、親戚だということでなんだか変に緊張してしまったせいか、あそこが硬くなってしまった。
俺も酔っていたせいもあって特に隠さなかったし、叔母さんも薄い生地のスカートを穿いていたので、すぐに勘付いたようだった。
しかし叔母さんは嫌がる風でもなく、かえってお腹を俺の硬くなった所に押し付けるようにした。
俺は調子に乗って、みんなに見えない角度で服の上から乳房を触ったりお尻を撫でたりしたが、叔母さんは知らんふりしていたのでいっそう興奮してしまった。

その場はそれでお開きとなったが、未亡人の叔母さんの乳房やお尻を触った感じが忘れられず、翌日の夕方、思い切って電話した。
小学生の子供がいるので食事には誘えないと思い、7時30分頃、叔母さんの家の近くの人通りの少ない道に車を停めて待っていると約束をした。
叔母さんは5分遅れで来た。
すぐにでもホテルに連れ込みたい気持ちだったが、いきなりではいくらなんでも嫌われると思い、山の中腹にある公園のそばの、町の夜景がよく見える農道に車を停めた。
しかし、叔母さんになんて話しかけていいか分からない。
焦れば焦るほど言葉に詰まってしまった。

すると叔母さんが、「話があるって何かしら?」と言ってくれたので、やっときっかけが掴めた。

「笑わないで聞いて欲しいんだけど、俺さ、叔母さんのことが前から好きだったんだ。だから、これからもこうやって2人で逢って欲しいんだ」

叔母さんは、「相手を間違えているんじゃないの」と口では冷たく言ったが、満更でもないようだった。

俺は思い切って叔母さんの肩を抱き寄せ、キスをした。
舌を差し込むと叔母さんも舌を絡めてきた。
もう嫌がるところまでやってしまえと、胸を弄り、耳や首にキスをした。
ブラウスのボタンを外してブラジャーの中に手を突っ込んだが、叔母さんはされるがままだった。
胸は普通の大きさで、乳首は硬くなっていて、乳房を手のひらで包むと乳首の触れる部分が、なんとなくくすぐったかった。

こうなったら最後までと思い、シートを倒してスカートの中に手を入れてももを撫で回した。
スカートは茶色っぽい柄の入った黒で、透ける黒色のストッキングを穿いていたが、パンティストッキングではなく、太もも上の股から5センチくらいのところで終わっているタイプだった。
ガードルとストッキングの間の剥き出しの白いももがやけに色っぽく、そそられてしまった。
白いガードルを穿いていて、仰向けに寝ているのでお腹のところは凹んでいるが、その下の恥骨のところはなんとも言えない柔らかな膨らみがあった。
ブラウスのボタンを外し、ブラジャーを取って、最後にガードルを脱がそうとしたら、「そこだけはいけない」と強く拒否された。
スカートは捲られ、ブラジャーもはずされているのに、それはないだろう。
ただのポーズに過ぎないと女性経験の少ない俺でも感じた。

それならもっと興奮させてしまえと乳房を揉みしだき、乳首を舌で転がし、ウエストや太ももを4本の指先でソフトに刺激した。
昨日の晩、布団の中で想像したようなやり方で、叔母さんの乳房から膝までの体を撫で回した。
叔母さんは声を漏らすでもなく、まだ感じていないのかと思ったが、ふと足に目をやると、両足を突っ張って全身で感じているのが分かった。

もういいだろうと思った俺は、ガードルとパンティを一緒に脱がしにかかった。
少し力が入ってしまって、「乱暴にしないで」と叔母さん言われてしまったが、腰を上げて脱ぐのを手伝ってくれた。
車の中に潮の匂いが充満した。

ガードルとパンティを左足だけ抜き、右足は車の中なので膝のところまで下げただけにした。
ストッキングは、そのままにした。
膝を広げて叔母さんの股ぐらを覗き込みたい衝動に駆られたれたが、叔母さんの興奮が冷めてしまうのではないかと思って、急いで乳首を吸った。
手を太ももの内側に差し入れると、叔母さんは少し足を開いた。
手首に叔母さんの草むらを感じた。
乳首を吸いながら、草むらを右手でそっと包んだ。
叔母さんのそこは恥骨がこんもりと膨らみ、あまり脂肪がついていなかった。
中指がちょうど割れ目のところになり、中指の腹にクリトリスが当たった。
叔母さんはそのとき初めて声を漏らした。

そのまま擦ったら痛がるのではないかと思い、指を奥に滑らせて割れ目に差し込んだ。
そこは熱く、ぐちょぐちょに濡れていた。
その愛液をたっぷりと中指と人差し指につけて、割れ目から突き出ているクリトリスをこねくりまわした。
叔母さんは息を止めて、「あーっ、あっ」と低音の声を漏らした。
中指と人差し指を蜜壷に入れても感じているようだったが、再びクリトリスに指を戻すと、「そこ、そこ、そこがいいーっ」とクリトリスへの愛撫を求め、「ああーっ、あっ、あっ」とあられもない声を出し続けた。
叔母さんはクリトリスが敏感で、そこを弄り回すだけでイッてしまった。

俺の方は、指で弄ぶだけではもちろん満足できないので、助手席の方に移り、叔母さんの足を広げ、ペニスを挿入した。
叔母さんは妊娠を心配して、「付けてるの?」と聞いてきたが、俺はもちろん準備してきた。
挿入してみると若い女性よりはゆるく感じたが、俺には十分だった。
車の中なので色々な体位を試すことはできないが、精一杯ピストン運動をしたり、のの字を書いて叔母さんをよがらせ、俺も果てた。

しかしクリトリスを愛撫した方が強烈な快感を速攻で与えられるような気がした。
俺は叔母さんの足の間にしゃがみ込んで、左手の人差し指と中指で割れ目を広げ、右手の人差し指と中指でクリトリスをなぶった。
クリトリスは皮を被ってなく、赤い色をしていてかなり大きめで、いつも割れ目から顔を覗かせているのではないかと思われるほどだった。
湧き出てくる愛液を繰り返し指に浸けながら、尖ったクリトリスを円を描くようにソフトにこねくりまわした。
叔母さんはさらに大きい声で寄せては退く波のように、「あっ、あっ、あっ」と叫び、快感に悶えた。
その姿を見ながら、今度は中指の1本だけをクリトリスの上に置き、他の部分には触れないようにして、その指を震わせるとなおも悶え続けた。
指1本で大人の女性を悶えさせることができることに興奮を覚えた。

俺はクリトリスに口をつけ、吸いながら舌で転がし、人差し指と中指をヌレヌレのヴァギナに突っ込んで、Gスポットと思われる辺りを指の腹で擦った。
まるでヴァギナが生きているかのように指に絡まり、まとわり、締めつけてきた。
叔母さんは狂喜し、足を突っ張らせてあられもない声を発してイッてしまった。
俺は自信がつき、続けて何回もイカせた。
最後にもう一度ゴムを付け、ペニスを差し込んで射精した。
ペニスを挿入している時間はそれほど長くはなかったが、叔母さんは満足げに終わった後もしばらくはあられもない姿で横たわっていた。

「また、逢ってくれますよね?」

念のために聞くと、「あなたがどれくらい本気か分からないけど、付き合ってみようかな」と恥ずかしそうに言ってくれた。

叔父さんが亡くなって以来、男と付き合ったことはないとのことだった。
きっと自分でクリトリスを慰めてきたのだと思う。

叔母さんに限らず、経験の少ない若い女性にはない強烈な悶えが、子供を産んだことのある熟女にはあるような気がする。
それが、俺が熟女を好きな理由だ。