私は22歳の女子大生です。
中1の弟がいます。

ある日の休日、部屋でのんびりお昼寝をしているとリビングが騒がしくなり目が覚めました。
複数の男の子の声。
弟の友達が遊びに来ているのかなと思いました。
おもてなしするのも面倒なので放っておいたら、やがて2階にある弟の部屋に移動しました。
声や気配からして、おそらく3、4人くらい。

それからしばらく遊んでいた様子ですが、何やら様子がおかしい。
私の部屋と弟の部屋は隣で、わりと音も声も響きます。
ゲームでもしているのでしょうが、弟をからかう声がやたらと多いのです。
弟はとても気の弱い子なのであまり反抗しない様子。
いわゆるやんちゃっ子達に、弟が好きなように言いくるめられている感じもあります。
やがて男の子達の声がひそひそ声になり、なんと私の部屋に無断で入ってきました!

「お前の姉ちゃん、おっぱい大きいの?」
「寝てるの?」
「彼氏いんの?」
「タンスどこだ?あ、パンツ見っけ!」

私は懸命に寝たふりを続けました。
クローゼットを勝手に開ける音、携帯かスマフォのシャッター音も響きます。
中学生にとって大人の私の部屋は未知の領域だったのでしょう、ヒソヒソ声ですが興奮している様子が伝わりました。

やがて1人が私が寝ているベッドに近づき、胸を触ってきました。

「やめてよ・・・」と弟の泣きそうな声がしました。

「うるせえよ、黙れよ」と、興奮気味の男の子。

とても友達同士の会話とは思えません。
弟はいじめられているのではないかと思えてきました。
やがて男の子は私が起きないと思ったようで大胆に胸を揉み、スカートを捲って中を覗き込みます。
他の数人も集まってきて胸を揉まれました。

「起きないよな?起きたらお前がどうにかしろ」

そんな声の後に足を開かされ、ショーツの上から男の子の指が割れ目を往復し始めました。
無言になった男の子達はハアハア興奮しながら私の胸やアソコを愛撫し、大胆にもショーツを脱がせ、ブラの奥へ手を伸ばして直に胸を揉んできました。
私はMなので、やばいと思いつつも興奮していました。

「姉ちゃんの乳首、尖ってんぞ」

「おまんこが濡れてきたぞ」

興奮した彼らの声に私も興奮していました。
弟はずっと黙ったままです。
男の子達は陰毛をかき分けてクリを見つけ出すと、それを不器用に転がしました。
何度か腰がびくっと震えます。

「お前の姉ちゃん、すげえな、寝てるのに感じてるぞ」

もう男の子は弟をいじめることより私の体に夢中といった様子でした。
乳首を吸われ、あちこち体の匂いを嗅がれました。
やがてベルトを外す音とジッパーを下ろす音がしました。

「やばい、勃った」
「お前の姉ちゃん、エロいよ」
「ヤりたいよ・・・」

そんな声が聞こえてきます。
私のアソコもグチャグチャに濡れて準備は万端でした。
やがて1人が私の足を抱え上げて、おちんちんを挿入してきました。
中1ですから大した大きさではありません。
しかし・・・弟の友達、しかも数人に囲まれて見られながら犯されていることに私は完全に興奮していました。
不器用に男の子が腰を振ります。
ベッドがギシギシと軋みます。

「やばい、熱い、ぐちょぐちょだ、気持ちいい、やばい、やばいよ、もう出・・・!!」

数十秒腰を振った男の子は呆気なく果ててしまい、中に出されました。
たぶん童貞だったのでしょう。
中1ですから全員おそらく童貞。
私は童貞の男の子に中出しされたんです。
すごく興奮していました。

次の男の子が慌ただしく交代して、精液まみれのアソコにおちんちんを挿入しました。
愛液と精液が混ざるぐちゃぐちゃとしたいやらしい音が響きます。
その男の子もすぐに果てて中に射精しました。
また次の男の子が挿入します。
へこへこと腰を振り、「ううう・・・」と呻いた直後に中に出していきます。
それを何度も何度も繰り返しました。
1人あたり2、3回は同じことを繰り返したのでしょう。
男の子は私の手を掴んで手扱きさせたり、口の中にヌルヌルのおちんちんを突っ込んできました。
寝ぼけたフリをしてフェラチオをしてあげると男の子のおちんちんはすぐに硬くなり、また私のアソコを求めます。

やがて1人の男の子が弟の異変に気づきました。

「おい、こいつ見てみろよ、勃起してるぜ。姉ちゃんとセックスしたいんだろ?やれよ。やらなきゃ学校でこの事をバラすぞ。お前の姉ちゃんは肉便器だって言いふらされたいのか?」

弟は鼻を啜りながらベッドに上がってきました。
にゅると彼らより一回り大きな弟のおちんちんが入ってきました。
不思議なほど弟のモノを受け入れることに抵抗はなく、むしろ誰よりも弟のおちんちんは大きくて素敵でした。
それを伝えてあげようと思い、下半身に力を込め、おちんちんを締めて包んであげました。
すると弟も数秒で果てて私の中に射精しました。

男の子達は弟も交えて1、2時間ほど交代でこの行為を楽しみ、「また来るからな」と笑いながら告げてやっと帰りました。
弟が泣きながら私のおまんこの処理をしています。
たまらなくなった私は起きて、実はずっと前から目が覚めていて彼らがしたことを分かっていたこと、弟は悪くないと優しく言ってあげて、今度は私のリードで弟とセックスをしました。
弟は上手に腰を使い、クリを愛撫して私をイカせてくれました。

「一番上手だったよ」と褒めてあげると、弟は照れながらも少し自信を取り戻したようでした。

それ以来、弟とずっとセックスをしています。