待ち合わせの駅で落ち合い、2駅目で大勢の人が降り、彼女の綾子と席に座った。
窓側に綾子。
9月上旬の残暑の季節だ。
汗ばんだ肌を寄せ合い、指を絡めて座った。

綾子は42歳の人妻。
158センチ。
20歳の息子が1人いる。
早生まれの俺と同い年だ。

綾子は俺の会社の営業所のパートさん。
正式に付き合って3ヶ月。
口説くのに半年かかった。

綾子の耳にはピアス、胸元には一粒ネックレス。
クリアマニュキアとリップ。
全て俺のプレゼントだ。
左手薬指には、安物だけどペアリング。
白いサンダルも先々週買った。

指先で綾子の膝頭を撫でる。
透明なストッキング越しに丸い膝を撫で回す。
綾子が小さく首を振る。

「だめよ・・・」

そう言って、そっと俺の手の上に手を重ねる。
綾子の香りがそそる。
なんて可愛いんだろう。
左頬だけにできるエクボがお気に入りだ。

駅を降り、手を繋いでモールまでの高架通路を歩く。
風が吹く。
綾子の髪がなびき、膝上のセミフレアスカートがひらめく。
そっと腿を押さえる仕草。

「今日は何色?」

下着のことだ。

「ひ・み・つ」

綾子は微笑む。

「教えてよ」

「いや・・・」

2人で笑った。

「ねえ、今日買ってくれるものって、何?」

「秘密」

また笑った。

「モールに入る前に教えてあげるよ」

モールのエントランス前で、歩きながら綾子の耳元に囁いた。

「ブラとパンティ」

「え、ホントに?」

綾子は目を丸くして少し赤くなった。

「行くよ」

綾子の手を引き、強く握り締めてモールに入った。
エスカレーターで2階へ上がった。
売り場を歩いて行くとランジェリーショップがあった。

「ホントに?恥ずかしいな・・・」

綾子は手で口元を隠した。
綾子の手を引き店に入った。
若い女性店員が、「いらっしゃいませ」と会釈した。

「だから聞いただろ、今日は何色かって」

「うん・・・はあ?」

俺好みのセットを提案した。
淡いピンクの花模様アクセント付き。

「これ、きっと似合うよ」

「うん、ありがとう」

奥の試着室で綾子はブラのサイズを確かめた。
出てきると顔が赤くなっていた。

「プレゼントで」と支払いを済ませ、店を出た。

綾子は俯いていた。

「初めて・・・ありがとう・・・」

ぶらっとモール内を歩き、イタリアンの昼食をとった。
フードコートでコーヒーを飲んだ。

「煙草、吸いたい」

綾子が言った。
綾子に煙草を勧めたのも俺。
きっと似合うはずだから、と。
今はメンソールだが、美味しく吸えていると言う。
屋上駐車場隅にある喫煙コーナーに行った。
暑い日差しの屋根の下、2人で煙草を吸った。

「ありがとうね」

ピンクの袋を見せて綾子が言ってくれた。
2人きりになった。
そっと綾子を抱き寄せてキスをした。
綾子は、はにかんだ。
屋上から町並を見た。
綾子の背後から体をすり合わせた。
汗ばんだ肌が感じられた。
スカートの上から張りのあるお尻を撫でた。

「あ、だめよ・・・」

「誰もいないよ」

「もう・・・」

パンティラインに沿って下腹部を撫でた。
少し綾子は腰を引いた。
それを押さえつける。

「何色か確認しなきゃね」

「意地悪ね・・・」

「穿かせてあげようか?」

「え?何?」

「さっき買ったパンティ」

「無理よ・・・こんな所じゃ・・・」

「じゃあ、どこか探そうか?」

「え?どこで?」

綾子の手を取り、モールに入った。
エスカレーターで降りた。
フロアーを歩き、雑貨屋なんかを見て回った。
そしてエレベーターの横の奥の通路に回った。

「あそこに行こうか」

俺が目配せした。
自販機の向かいには長椅子。
老夫婦が話していた。

「無理よ・・・」

俺は首を振った。

「その奥だよ・・・」

「え?・・・トイレ・・・?」

「そう、トイレに行こう」

「ホントに?」

「ほら、行くよ」

綾子の手を引き、老夫婦の前を通り過ぎた。
トイレのアーチをくぐり、左に入った。
女子トイレの突き当たりの手前に多目的トイレがあった。
スライド扉を開け、綾子を引いて中に入った。
鍵を閉め、向かい合った。

「え?・・・ここで?」

「しーーー」

声を出さないようにした。
鞄を置き、綾子と抱き合った。
長いキス。
扉の向こうで女性の足音がした。

「大丈夫・・・?」

「入ってこれないから」

綾子を向こう向かせて背後から囁いた。

「脱がせるよ」

「恥ずかしい・・・」

サンダルのストラップを外し、スカートの中に手を入れ、ストッキングに指を掛けた。
ゆっくりと丁寧にストッキングを脱がせた。
少し汗ばんでいた。
袋から買ったばかりのパンティを取り出した。
パンティを脱がせようとして意地悪をした。
パンティの中に手を入れた。
綾子のあそこは濡れていた。

「あ・・・だめ・・・」

「声、出しちゃだめだよ」

指がクリを捉えた。

「あ、あ、ああ・・・」

綾子は足を震わせた。
指を進ませて、中指をあそこに挿入した。

「あっ・・・あああ・・・」

付け根まで挿入した。
綾子の体温が感じられた。

「もう・・・だ・め・・・」

綾子のパンティを、そっと脱がせた。
向かい合わせに立ち、綾子を抱き寄せた。

「意地悪・・・」

「こんなになってきた」

綾子の手を取り、息子を触らせた。

「もう・・・」

「フェラして」

頷いて、綾子はしゃがんだ。
デニムから息子を取り出した。
綾子は優しく口に含んでくれた。
扉の向こうで若い女性の話し声が聞こえた。
綾子の柔らかい唇の中で息子は巨大化した。
綾子を立ち上がらせ、耳元で囁いた。

「入れるよ・・・」

「え?・・・こんな所で・・・」

綾子を壁に向かせた。
用意していたスキンを被せ、スカートを捲った。
そして背後から、ゆっくりと・・・。

「あああ・・・あっ・・・」

「声出しちゃだめだって」

綾子の背後から突いた。

「う、うう・・・あっ・・・」

手摺りに手を突き、綾子は必死に我慢していた。
そして・・・。

「あっ・・・」

大量の精子をスキン越しに綾子の体内に放った。
綾子は汗をかいていた。
スキンを取り、ペーパーに包んでゴミ箱に。
そして新しいパンティを穿かせてあげた。
綾子の息が荒かった。
ストッキングだけは自分で穿いてもらった。
髪を整え、服も整えた。

「大丈夫?」

「もう・・・意地悪」

またキスをした。
外の気配がないことを確認して鍵を開けた。
綾子と手を繋ぎ、扉を開けた。
そして個室から出た。
トイレから出ると誰もいなかった。
通路を歩き、エスカレーターで降りた。
俺の耳元で綾子が囁いた。

「こんなにドキドキしたの・・・初めて・・・」

2人で微笑んだ。