相手は38歳の人妻。
旦那と子供1人。
特に家庭に不満があるわけではないが、ちょっと冒険したくなったいけない奥さん。
19歳の初体験後は、結婚前に旦那以外に4人の男を経験しているが、結婚後、実際に旦那以外の男と肌を合わせるのはこのオレが最初。
いわゆる貞淑な奥様だったわけだ。
そんな奥様だから、いかにもガツガツした感じのチープなラブホテルではなく、ちゃんとした普通のホテルのデイユースを初めての浮気の場として準備して差しあげた。

部屋に入っても鍵はかけない。

「やめようと思ったら帰ってもいいんだよ」

そんな言葉をかけて無理強いはしないことを伝える。
もっともそれは言葉だけのことで、本当に帰ろうとしたら押し倒してでも強引にハメるつもりだったが・・・。
2人きりになっても、いきなり「シャワーを浴びよう」などとは言わない。
まずは雰囲気作りだ。
大きなダブルベッドに並んで腰掛けて、肩をそっと抱き寄せる。
彼女からもたれかかってくるのをしっかり待って、ディープなキスをしながら倒れ込むのだ。
案の定、大きく息をしながら抱きついてきた。
清楚なブラウスの上から乳房にタッチすると、見た目よりも大きな、しっかりと張りのあるバスト。
スカートを捲り上げようとすると、ちょっと抵抗する仕草を見せるものの、しっかり脚を開いてくる。
股間に手を当てるとビクっとして閉じようとしたが、生脚でストッキング無しだからショーツの上からでもわかるくらい湿っていた。

ショーツの脇から指を入れて、ストレートにクリトリスを攻撃。
口をキスで塞がれたままの彼女は声にならない喘ぎ声をあげ、身をビンと反らせた。
もうこちらのペースだ。
オレも下半身から衣類を脱ぎながら、多少乱暴に彼女の着ているものを脱がしにかかった。
全裸にされた彼女は、脚を交差させて腕を胸の前で組んでいる。
その腕を広げて押さえつけ、乳房の周囲から乳首へと舌を這わせた。
緊張が緩んだところで股間へ指を運ぶ。
すでに愛液が溢れ始めているスリットの上部には、しっかり勃起したクリトリス。

ぐり、ぐりっと二度ほど強めに触れると、「うわっ、ああっ・・・」と大きく悶えた。

スリットの中は尋常でない濡れ方だ。
これならすぐに入れたほうがいい。
彼女の口をキスで塞ぎ、脚を開かせながら覆いかぶさる体勢に。
口の中では舌をねっとりと絡ませながら、右手はヴァギナの挿入口を探してペニスを宛てがい、ぬるっと一気に硬くなったペニスを奥まで押し込んだ。

「むぐ・・・うう・・・」

キスで口を塞がれたままの彼女は声を発することもできない。
ペニスの先をグリグリと子宮に擦りつけたが、これがなかなかだ。
そのまま続けたらすぐに射精してしまいそうな気持ちよさ。
だがそれでは勿体ない。
しっかり楽しまなければ。

息が苦しくなって、キスをやめようとする彼女だが、オレのハードなセックスを印象付けるためにもまだやめない。
そのまま舌を絡ませたまま今度は大きくピストン。
次第に激しく動かし、彼女が大きく仰け反りだしたところでキスを解除した。

「ああっ!あ、あ、あ、あ、あ・・・!!!」

すでに絶頂を迎えそうな勢いで彼女は感じている。
オレはピストンをやめてペニスを抜いた。

「はぁ・・・」

大きなため息をつく彼女の脚を大きく開かせ、クリトリスをそっと指先で愛撫した。
陰部を舐めるのは本当はあまり好きな行為ではないのだが、半開きになりつつあるヴァギナを指で開き、舌を思い切り伸ばして入るところまで挿入して、ベロンとクリトリスを舐め上げた。

「すごい濡れ方だね、きれいなクリトリスだ」

わざとジュルっとすすり上げるような音を立てて羞恥心を煽る。

「いやらしいね、本当にエッチだよ」

「そんな・・・恥ずかしい・・・」

そう言う彼女の脚を片方だけ高く上げ、今度は斜めにペニスを挿入した。
横から挿入された格好になった彼女は、その異様な挿入感に仰け反った。

「丸見えだよ、すごいよ。見たい?」

いやらしい言葉で彼女を攻める。
イヤイヤをする彼女。
再び正常位に。
しっかり抱き寄せながら激しくピストン。
もうこのままイッてしまおう。
粘っこい愛液がべちゃべちゃと音を立てて太ももまで濡れている。

「いい、感じすぎちゃう、気が狂いそう」

「失神しちゃう?」

「うん・・・いい、いい・・・ああっ!」

「だめだよ、最後までイこうよ」

「ああ・・・ひっ・・・」

本当に気を失いかけているのか、彼女は声を発しなくなった。
しかしヴァギナは締めつけてくる。
本当に子持ちの人妻なのか?

「イクよ、イクよ、一緒にイクよ」

朦朧とした意識の中、その言葉に彼女は「うんうん」と頷いた。
ピストンの奥でペニスの先と子宮がコツコツと擦れる。

「あっ、あっ・・・」

最後は思い切り突き上げて射精。

「あっ・・・」

同じタイミングで声を発する彼女。
きゅっとヴァギアが締まり、おそらくは射精のタイミングで子宮口が開いてすべてを吸い込んだのだろう。
ほとんど失神に近い状態でイッてしまった彼女は、だらしない開脚状態でぱっくり開いたヴァギナを晒していたが、精液が流れ出てこない。
もしも危険日だったら見事にヒットだろう。

「大丈夫?」

抱き起こすとしがみついてきた。

「シャワーを浴びようか?」

頷く彼女を支えながらベッドから立たせたとき、彼女の股間からダラダラっと大量の精液が腿を伝って流れ落ちた。

「ひゃっ!」

一瞬、彼女は何が起こったのか判らなかったようだ。

「え・・・?え・・・?これ・・・出したの?」

頷くと彼女はその場に立ち竦んだ。

「もう・・・ばか・・・」

「ヤバかった?」

彼女は「ううん」とかぶりを振り、小さく言った。

「大丈夫・・・のはず・・・でも・・・」

「旦那以外の精液で中までしっかり汚されてこそ、本当に感じたことになるんだよ」

訳のわからない理屈を言ってみた。
このあと彼女とは2度、濃厚に愛し合い、2度膣内に射精した。

これに彼女も味を占めたのか、月に一度、安全なときにメールが届く。
そして当たり前のように濃厚な生セックスを楽しむのだ。