子供の頃から客室乗務員になるのが夢で、そのために頑張ってきました。
大学4年の就職活動までに語学関係の資格を取得したり、教養系の資格を取得したり、私なりに頑張ってきたつもりです。
身長は164センチ、ファミレスでアルバイトしてる時にお客さんから連絡先を渡されることが多くて、容姿も良いほうだと思います。
ただ英語、特にスピーキングが苦手で、自分なりに努力はしたんですが、そこだけは自信がありませんでした。
客室乗務員の志望者は、長期留学とか帰国子女とかも多くて狭き門です。
なので、子供の頃からの夢でしたけど、厳しいかなと思っていました。
ただ努力の甲斐あって、ある航空会社の最終面接まで残りました。
でも、そこまで残ってる子はみんな、外見も良くて、学歴とか資格とかも私以上です。
私にはスピーキングが苦手という欠点があるので焦ってました。

そんな時、その航空会社の4次試験の面接官だった人から電話がかかってきました。

「ここだけの話だけど、1人くらいなら合格にねじ込めるよ、◯◯ホテルで会えないかな?」

そんな内容の電話です。
その時点でいくつかの航空会社には落ちてて、そこと、あと2社しか残ってなくて、その時の私はどうしても合格したくて・・・。
でも身体の関係は断るつもりでいました。

どうしても合格したかったから、呼び出されたホテルにスーツで行きました。
ホテルはシンプルなビジネスホテルでした。
ロビーで待ち合わせして、私が来たのを見て、「よく来てくれたね」と笑顔でした。
だけど私の身体をじろじろ観察するみたいに出迎えて、ロビーの隅にあったソファ座らせました。

「今までの面接の成績だと、キミはほぼ落選上にいるんだよ」

部外者に見せてはいけない書類だと思います、面接の合格ラインと評価が載っていて、私は不合格者の3人目のラインでした。
ショックでした。
でもショックを受ける暇もなく、その人は書類を説明するふりをして私に密着して、膝とか太ももとかを触ってきます。
気持ち悪いと思いました。
ですが、言う通りにしたら子供の頃からの夢が叶うかもしれない。
そう考えると動けなくて。
そんな私の心理を読んだかのように、その人は言いました。

「ここで帰ってもいいよ。だけど、受かりたいなら、そのための方法をホテルの部屋でゆっくり説明するよ」

気付いたら、その人と一緒に私はホテルの部屋にいました。
まるで自分が出来の悪いドラマの登場人物になったみたいでした。
部屋に入ると、私はベッドに座らされて太ももを撫でられていました。
ストッキング越しに気持ち悪い指の感触がします。

「若い女の子の太ももはいいねぇ、直接触れたいからストッキングを脱がせてもいいかい?」

ここまで来て嫌とは言えなくて、されるがままでした。
上はスーツ姿のまま、下はストッキングとスカートも脱がされて、下着だけになりました。
ニヤニヤとしながら、べたべたと私の足が好き勝手に触られて、本当に気持ち悪くて・・・。
だけど必死に笑顔を保ちました。
下着越しにアソコを触られました。

「柔らかいねぇ、だけど、今時これだけ可愛い子なら、経験も豊富なのかな?」

「・・・そんなことありません」

経験は・・・大学2年生の時に付き合ってた彼氏、1人だけでした。
だから、こういうことに慣れてるわけじゃなくて、でも選択肢がなくて。

「じゃあ確かめさせてもらおうかな」

上はスーツ姿のまま、下は何も穿いてない状態で男の人の前で大胆に足を開かされて、舐められました。
股の間から見えるニヤニヤした中年男性の顔が気持ち悪くて・・・。
その人は私の反応を窺いながらアソコを舐めてきました。
本当に気持ち悪くて吐きそうで、我慢できずに目を閉じました。

(早く終わって)

そう思いながら。
だけど、そんな私を見て勘違いしたのか・・・。

「恥ずかしがってるの?可愛いねぇ」

耳元でそう囁かれてベッドに押し倒されて・・・キスされました。
タバコ臭い舌が口の中にが入ってきて、口の中を弄られます。
必死になって嫌悪感を顔に出さないように我慢しました。
密着されて、鼻息が顔にかかって気持ち悪くて、胸も揉まれて。
相手は我慢できなくなったのか、私にキスしながら、たぶんカチャカチャ鳴っていたのでズボンを脱いだんだと思います。
そして・・・私の中にが入ってきました。

前の彼のことは本当に好きで、その人とするときは幸せな気分になりました。
でも今は、気持ち悪くて吐きそうでした。
見たくなくて必死になって目を閉じてました。
ただ、モノみたいに自分の身体が扱われるのを他人事みたいに考えながら、必死に我慢しました。

しばらく動かれた後、私があまりにも無反応だから面白くなかったんだと思います。
途中で強引に身体をひっくり返されて、後ろからの体勢にされました。
それでも、私はひたすら我慢しました。
お尻に叩きつけるパンパンみたいな音が部屋に響いて、泣きたくなりました。
だけど、その人はそれだけじゃ許してくれなくて・・・。

「マンコの中、すごくキツキツだねぇ、本当にほとんど経験がないみたいだね」

「それにしても、いやらしいデカ尻だね。アナルもヒクついているよ」

「大人の男とのセックスはどう?」

「キミのご両親は何歳くらい?娘が自分と同じくらいの男にセックスされてるって知ったら、ご両親はどう思うのかな?」

ひとつひとつの言葉に答えさせられて、ひどいことを言わされながら恥ずかしい体勢でセックスされました。
最後はお尻に出されて、やっと終わりました。
引き抜かれた後、ティッシュでも使うみたいにお尻に擦り付けて、気持ち悪いものを吐き出していました。
必死に吐き気を我慢している自分がいました。

幸いなことに、それは一度で終わってくれて、後を引くことはありませんでした。
約束通り、ちゃんと採用通知も来ました。
でも結局、私はその会社には行きませんでした。
そういうことをした自分に自己嫌悪と後悔を覚えて・・・。

今は、そこまで大きくない会社の受付をしています。
自分の夢とは全く関係がない業種です。