昔の話ですが、妹が小6から高1までほぼ毎日、夜這いをしてました。
そっとキスから始まり、次第にスポブラをずらして乳首を触ったり舐めたり。
股を開かせて、パンツの横からマンコに指を入れたりしていました。
小6で中指が根元まで入れられました。

妹は爆睡タイプで全然起きなかったんです。
でも眠りが浅い時は、パジャマのボタンを外す途中やズボンのゴムに指を掛けたくらい、または布団を捲っただけでも寝息のリズムが変わるんです。
そんな日は諦めて、脱衣場で妹の脱ぎたてパンティを舐めたり亀頭に塗り付けたりしながらシコシコ。
その頃から妹のパンティとブルマを穿いて寝て、朝返すようになりました。
穿いて寝ると、よく夢精をしました。

初めて挿入したのは妹が中2の夏。
部活の遠征の疲れからか、乳首を吸ってもびくともせず、簡単にパンツを下ろせました。
足を開かせてマンコを舐め回し、指も入れた後、震えながら勃起チンポをねじ込みました。
しかし童貞の限界で、亀頭だけハマったところでドクドク発射してしまいました。

それからはチャンスを窺ってはハメ行為にチャレンジしました。
中2の秋頃から、デジカメで妹の寝姿や局部のアップ、胸の成長していく様などを撮り続けるようになりました。
また夜這いプレイ中のビデオも撮り溜めました。
これは今では私の大切な財産で、どんなDVDよりエロいと思います。

妹が中3の時(ブラは『C80』まで成長)に、やっと腰が動かせるようになりました。
でもいつも即出ちゃうので、自然に“抜かずの2発”を覚えました。
怖いもの知らずというか、いつも生でした。
でも、死ぬほど気持ちよかった・・・。

ある夜、妹にキスをしながら胸を揉み、ゆっくり腰動かし、まずは1発目を発射。
そのまま抜かずに恍惚感に浸っていると、妹の鼻をすする音、さらに目尻から涙が溢れてきたんです。
・・・バレてました。

それからはしばらく自粛したけど、パンティオナニーでは物足りず、またやるようになってしまいました。
妹は最後まで「やめて」とは言わず、眉間にしわを寄せて声を押し殺し、一生懸命に寝たフリをしていました。

高校に入ると妹は、紐パン&フロントホックブラで寝るようになりました。
俺はそれを『エッチOK』のサインを捉え、凄く喜んだものです。
そうなるとヤリ放題で、一晩で5発抜いたこともあります。
俺も若かった・・・。
でも妹とは一度も夜這いについて話したことはなく、無言の行為が毎晩続いていました。

結末は挿入中に地震がきて親が目覚めて、バレてしまいました。
その時も妹は最後まで寝たフリをしていました。
運の悪いことに、間もなく妹の妊娠が発覚して、私は勘当されました。
警察に突き出されなかっただけでも親には感謝です。