昨日の晩に、彼女の友達に呼び出された。
コイツも彼氏も、俺も彼女も同じ大学だった。
彼女と高校時代からのツレで、付き合いだしてからその彼氏ともしゃべるようになった仲。
なんかゴチャゴチャしてるかな。
ちょっとまとめてみるね。

彼女:麻美。
彼女の友達:由紀恵。
由紀恵の彼氏:正信。

俺を含めて全員、同じ大学の出身。
現在はそれぞれ就職して社会人。
彼女とは大学1年の夏休みの後くらいから付き合いだした。
きっかけは彼女と同じサークルにいた俺のツレ。
サークルの飲みに誘われて彼女と出会い、そこから一気に攻め込んで交際開始。
彼女と由紀恵は高校時代からのツレ。
だから彼女と付き合いだすと、おのずと由紀恵とも絡むわけで。
んで、由紀恵も大学内で彼氏を見つけたんで、4人で飲みに行ったりする仲に。
正信とは学部も違うし、人としての系統が違うから、あんまり深入りはしなかった。
一応、会えば世間話をしたりする程度の仲って感じ。

そんなわけで、由紀恵に昨晩、呼び出されたんですわ。
普段はいきなりダイレクトに電話とかしてこないから、(どうした?)って思いましたよ。
でも理由を言わないから、仕方なしに会うはめに。
由紀恵は俺と同じ沿線で、しかも栄えてる地域に住んでたから、俺がそっちへ向かった。
駅前で待ち合わせして大衆居酒屋へ。

「今日はアタシがゴチるから」と、珍しいことを言う由紀恵。

「つーか何だよ?」

「いいからいいから」

「良くねーし、麻美は知ってんの?」

「うん、知ってるよ」

「マジで何なの?」

「とりあえず飲んでから話す。最近、仕事どう?」

なんて意味のない世間話をさせられ、ビールを2杯飲み干した。
別に飲みたくないから、そこから焼酎にスイッチ。

「もういいからさ、早く話してくれよ」

「じゃ、話すね。でも怒らないって約束して」

「はぁ?約束?なんで?」

「いいから約束して」

「話も聞いてないのに約束なんて出来るかよ」

「いいから!じゃないと話せないの」

(ふざけんなよ・・・)

不毛な言い合いが続いたので、結局、俺が最後は折れた。

「で、何なの?」

「麻美のことなんだけど」

「あぁ、何?」

「あのさ、麻美、この前アタシ達とスノボ行ったじゃん?」

「あ~、行ったらしいね」

「その時さ、夜3人で飲んでて、アタシ酔っ払っちゃってね」

「はぁ・・・」

「疲れてたし、途中で寝ちゃったの」

「へぇ・・・」

「でね、麻美もマサも酔っ払ってて・・・」

「で?なに?」

このくらいからやっと話の先が読めてきたので、心の中はザワザワしっぱなし。

「俺君と麻美って喧嘩してたじゃん?」

「あぁ、してたねぇ・・・」

「それでだと思うんだけど、マサに相談してたみたいなのね」

「ふぅ~ん」

「で、なんかお酒も入ってて、なんか変なノリになったみたいで」

「もしかして、2人がヤッたって話?」

「えっ?知ってるの?」

「知らねーけど察しがつくわ。でもマジかよ、それ?」

「怒らないでよ。麻美もほとんど覚えてないみたいだし」

ザワザワしまくりだったのが、一気に萎えまくり。
どうりで最近、よそよそしい態度だったわけだ。
俺への罪悪感だったのか、喧嘩の仲直りも彼女の方から謝ってきてたし。

(ふざけんなよ・・・)

もう頭を抱えるしかなかったんだよね。
由紀恵は麻美を庇うような話をベラベラ喋りまくりだった。
その声は俺の頭を素通りしていて、半分以上は記憶にない。
正直、かなりショックだったし。

「つか、何なの?お前の彼氏?ありえねーじゃん」

「超ゴメン・・・」

「まずはマサが謝るのが筋じゃねーの?」

「違うの違うの」

「何が?」

どうやら正信は、セックスしちゃったことがバレてないと思ってるらしい。
耐え切れなくなった麻美が由紀恵に相談しただけで、正信は麻美本人しか真相を知らないと思ってるというわけ。

「そんな話あるかよ!」

思わず声を荒げちゃった俺に由紀恵が謝りまくる。

「麻美を呼んで話を聞く!」と俺が言うと、「それはまだ待って」と由紀恵。

「埒が明かねーから!」

興奮しだした俺を、由紀恵はなだめようと必死だったと思う。
さすがにやりきれなくなった俺は、「もう帰るから」と金を置いて店を出た。
信号で待っていると後ろから由紀恵が追ってきて、「話を聞いて、怒らないで」と言う。

「落ち着いてから一緒に麻美を呼ぼう」って。

「んなもん知るか!」

喧嘩してるっぽい状況のまま電車にまでついて来る由紀恵。

「もう帰れって」

「ダメ、麻美に連絡するでしょ?」

「そりゃするよ」

「だったらダメ」

そんな言い合いをしながらウチまでついて来やがった。

「ね?落ち着こうよ、ね?」

「もううるせーよ、帰ってくれない?」

「落ち着いてから麻美に電話しようよ」

「帰ってくれたら俺が1人でするからいいってば」

部屋にまで上がり込んできた由紀恵。

(なんなの、コイツ・・・)

本気で呆れながら、妙な雰囲気の中、コタツを囲んでた。
由紀恵は、麻美が死ぬほど後悔してて別れたくないって言ってるという話をしてくる。
自分の彼氏がしちゃった行為を、アタシが埋めるから許してと。
一番悪いのはマサで、気が済むならアタシがマサと別れるからとまで。

「そんなもん関係ねーし!」と突っぱねたが、由紀恵は必死だった。

次第に疲れてきて俺が黙っていると、由紀恵もしばしの無言。

「もうお前ら2人のことはどうでもいいから帰ってくれる?」

俺は呆れ気味にそう言うと、いきなり由紀恵がコタツから這い出てきた。
そしてサササッと後ろに下がったかと思ったら、完璧なポーズの土下座を披露。

「お願い!麻美を許してあげて!」

「お前は関係ねーだろ、もうやめろよ」

「彼氏がしたことだから!お願い!許してあげて!」

「やめろって」

「お願いします!アタシに出来ることはなんでもするから!」

「はぁ・・・」

「なんでもするから麻美を許してあげて!お願いします!」

もうね、この必死な土下座は人生で最後だと思うw
なんでそこまでするのか、友達を思うがあまりの行為なのか、よく分からなかった。
とにかく「お願い!なんでもする!」を連呼する由紀恵。
いい加減ウザくなってきたんで、諦めてもらおうと思って言ってみた。

「じゃあそこで全裸になってオナニーしてみろよ」

顔をあげた由紀恵は、「えっ?!」と困った表情で固まってた。

「なんでもするんだろ?だったらしてみろよ。したら水に流すから。できないなら帰ってくれよ」

「分かったから!する!するから・・・でも・・・誰にも言わないで・・・」

「えっ・・・?マジでするの?」

「だって、したら麻美のこと許してくれるんでしょ?エッチもなかったことにしてくれるんでしょ?」

「いや、まぁ、そりゃ、ね。ってマジでするの?マジで?」

そう来るとは思ってなかった俺は、逆に焦りだした。
由紀恵は俯きながらパーカーのジッパーを下ろし始める。
白いピタT姿になると、以前から見て知っている巨乳が盛り上がりまくり。
由紀恵は身長が155センチくらいでちっちゃくて細い。
華奢なロリ系なんだが、胸は目を見張るほどデカい。
彼女が言うにはかなりの美乳で、Gカップの巨乳はブリンブリンでお椀形らしい。
いきなり立ち上がると、ショートパンツを脱ぎだす由紀恵。

「ちょっ、マジでやるのか?普通しねーぞ?」

「いいから!アタシが責任取るから!」

ショートパンツを脱ぐと、薄い黄色の小さなパンツがお目見えした。
ちらっと横を向いた時に見えたが、普通にTバックみたい。
Tシャツを脱ぐと、今度は猛烈な巨乳が露わになった。
もうちょっとで乳輪がはみ出るんじゃね?と思うような、今にもこぼれ落ちそうな感じ。
酒も入ってた俺は、ヤバいっていう感情よりも欲情の方が勝ってたと思う。
目の前に噂の美巨乳が・・・って思ってたら、由紀恵はブラも取らずにストンと座りやがった。
ゴクリと生唾を飲み込み、お互いに無言。

そんな気まずさを打開したのは由紀恵だった。
下を向いたまま女の子座りの体勢で、パンツの上からゴソゴソと触りだした。
小さな女の子が項垂れているみたい。
でも、しっかりアソコをゴソゴソと触っている。
俺はただただ無言のまま、たぶん唖然とした表情でそれを見てた。
どのくらい経ったのかな、あっという間だったから数分だったと思う。

「もういい?」

いきなり上目遣いで由紀恵が言ってきた。
焦った俺は・・・。

「あ・・・でもイッてねーじゃん」

「だって・・・最後までは無理だよ・・・」

「なんでだよ」

「ないんだもん」

「なにが?」

「自分でイッたことないの・・・」

こんな会話をしてたんだが、会話しながら直感した。
表情といい喋り方といい、由紀恵はどうやらMっ子らしいと。
そう思った瞬間、なぜか彼女のことが頭をよぎった。
アイツもドMで、無理やりヤラれたり、強引にされるのが大好きなんだ。
だから正信にヤラれた時も、きっと途中から感じまくってたんじゃないか。
友達の彼氏に、しかもその友達が横で寝てる状況。
ドMの彼女が興奮しないわけがない。
そんな妄想が膨らみまくると、由紀恵をメチャメチャにしてやりたくなった。

「じゃあこれ使えよ、麻美はいつも1人で使ってるぜ」

そう言って俺はベッド脇に置いてあった電マを渡した。
電マを見て、どんなモノなのか察知したらしい。

「でも、あぁ、これって、どうしよう・・・」

モジモジしまくる由紀恵。

「ヤラないの?どうする?帰る?」

「やるから・・・」

もう完全にSとMのやり取りになっていた。
電マを持ったままモジモジしてる由紀恵を見て、焦れったくなった。

「貸してみ!こう使うんだよ」

俺は強引に電マを奪い取り、スイッチを入れて股の中に押し込んだ。

「ちょっ!待ってよ!イヤっ!待って!」

初っ端からMAXにしておいたからビックリしたんだと思う。
だからレベルを中にしてやると、シュンとしちゃってまた俯き始めた。
そこからはもう俺の言いなり。
ベッドに寄りかからせて足をM字にさせ、目の前でオナニーする由紀恵。
凄い葛藤が目に見えて分かってゾクゾクした。

『こんな事してちゃダメだ。でも気持ちがいい、ダメ、でも続けたい・・・』って感じのね。

俺が煙草に火をつけて冷静に見ていると、時々チラチラと上目遣いで見てくる。
これがまたMっぽくていやらしかった。
煙草を吸い終わってからスイッチをMAXにすると、堰を切ったように吐息が漏れまくり。
電マの先を掴んでアソコに当たるよう持っていくと、太ももをプルプルさせる始末。
ついには、「もうダメかも」とイキそう宣言。
というわけで得意のお預け。
電マをアソコから離すと、『何するの?』とキョトンとした顔で見てきた。
そこでまた当てると、「ンヒヒッッーっ!」と完全に喘ぎだす。
何度かお預けをしてやったら、由紀恵は完璧に落ちた。

「パンツがビチャビチャじゃねーかよ」

「はぁんっ・・・ごめんなさい・・・」

「気持ちいいのか?」

「はい・・・」

「『はい』じゃねーだろ?」

「気持ちいいですっ」

「どこが?」

「だめ、言えない」

「じゃ、やめるか?」

「いやっ、だめっ・・・でも・・・」

「早く言えよ!」

「あぁぁっ!オマンコですっ」

文字にすると恥ずかし過ぎる会話だったけど、実際の会話はスゲー興奮した。
正信に反応しまくったであろう彼女以上に、由紀恵を感じさせたかったんだよね。
ドスケベ状態になってても、(まだだ、まだまだ!)って思ってた。
おねだりさせまくってた頃には、由紀恵はブラをズラして乳首をコリコリしてた。
鼻の穴を膨らませちゃって、ヒーヒー鳴きまくる。
だから思わず我慢の限界になっちゃって、俺は勃起したチンコを由紀恵の顔の前へ出した。

「イキたいんだろ?だったらしゃぶれよ」

抵抗するかと思いきや、由紀恵は即、亀頭にしゃぶりついてきた。
頭を掴んで軽くイラマチオしながら電マで焦らしまくる。
チンコを口に入れながら喘ぎまくる由紀恵の姿を見て、今までにない興奮を覚えた。
だからそのまま押し倒してパンツをズラし、生のままビチョビチョのマンコに突き刺した。
抵抗もなく、むしろ『入れて下さい』とばかりに由紀恵は足を自ら広げてきた。
そこからは由紀恵の反応なんてお構いなしに、好き勝手に腰を振った。
なのに由紀恵は俺にしがみついてきて、信じられないくらい大声で喘ぎまくってた。
最後の方は俺まで夢中になっちゃって、キスしまくりの腰振りまくり。

お決まりの、「彼氏とどっちが気持ちいい?」の質問に由紀恵は、「彼氏より気持ちいい」と即答。

しかも「オチンチン」とか「オマンコ」とか言いまくり。

中出しはするつもりはなかったけど、「このまま中に出すぞ」って言ってみた。
そしたら、「うん!出して!いっぱい出して!」とか言うからビックリ。
さすがにそれはヤバいと思ったから、「口に出すから飲め!」って命令した。

「うん!うん!飲む!飲む!」

由紀恵は早口で言った。
正常位からチンコを抜いた瞬間、由紀恵はバッと起き上がってきてチンコにしゃぶりついてきた。
そのまま激しいバキュームフェラで口内射精。
射精したら一気に冷静になっちゃったんだけど、隣でハァハァ言ってる巨乳に俺は負けた。
汗だくだったから一緒にシャワーを浴びて、そのまましゃぶらせて、また生ハメ。
命令したらタオルで体も拭いてくれるし、アナルまで舐める。
彼女を寝取られた悔しさもあったんだろうけど、結局朝までやって3回もセックスしちゃいました。
しかも3回とも精子を飲ませた。

<続く>