中学生の時、ピアノ教室に通っていて、ピアノの先生とした初体験。
このときのエッチが今まで経験した中で一番エロかった。

ピアノの先生は当時三十路だっと思う。
髪はロング、綺麗な人だった。
たぶん170センチくらいのモデル体型で、美熟女というのか、セレブマダムって言葉がぴったりの上品な先生だった。

このピアノの先生とは俺が小学3年生の時からの付き合いだ。
俺には姉がいて、同じピアノの先生(便宜上、由香先生ってことにする)に習っていたんだけど、姉が由香先生に俺の話をしたらしい。
俺が中学校で同級生の女の子を庇って、同級生の不良と大喧嘩した時の話だ。
レッスンの日、教室というよりただのピアノが置いてある部屋だが、そこに入ると由香先生がとびきりの笑顔で「こんばんわ」と挨拶してくれた後、俺が同級生の女の子を庇って不良と喧嘩した時の話をしだした。

「お姉さんから聞いたけど、女の子を庇って喧嘩したんだって?」

「うん。てか情報が筒抜けだ(笑)」

「凄いね。先生が中学生だった時にヒデちゃんが同じクラスだったら良かったのに」

「由香先生が同級生?クラスのアイドルになりそう」

「そんなことないよ。ヒデちゃんなら大安売りなんだけどなぁ。私もヒデちゃんに庇ってもらえたらな」

由香先生はそこで言葉を止めて、俺からすっと目線を外した。
どうしたのだろうと由香先生の方を見ると、由香先生がふとこちらを向いて俺の目を見つめた。
由香先生は凄く綺麗で、同級生の女の子には絶対真似できないアダルトな大人の女って感じ。
そんな由香先生に見つめられて心臓はバクバク。
密かに由香先生に憧れていることがバレそうなくらい動揺した。
由香先生は俺を見つめながら少し身体を乗り出して言った。

「もしヒデちゃんに庇ってもらえたら、『結婚して』って言うんだけどな」

言い終えた後に、首を少し傾げて目をウルウルさせながら俺を見つめてくる。

(夢だ!これは夢だ!)

俺は動揺しまくりながらとにかく何か話そうとしたけど上手い言葉が見つからない。
由香先生はそんな俺を見つめながら辛抱強く待ってくれた。
俺は頭をフル回転させて考えたけど、いい答えが見つからず、勢いに任せてとにかくしゃべった。

「えっと、その・・・ゆ、由香先生なら結婚したい!」

俺は思いきって告白した。
由香先生はとびきりの笑顔で微笑んでくれて・・・。

「今の本当?本当に結婚してくれるの?」

俺は勇気を振り絞って、「・・・うん」と答えた。

「フフ、じゃあ今日から私とヒデちゃんは夫婦だね」

「・・・」

「浮気しちゃダメよ」

由香先生はもっと俺の方に乗り出して鼻が触れそうなくらい顔を近づけて、俺の手に手を重ねてきた。
健康な中学生がこれで勃起しない方がおかしい!
俺は勃起してしまった。
だけど何もかも初めての経験でどうしていいかわからない。

これはキスしていいのか?
セックスしてもいいのか?
そんなことして由香先生に嫌われたらどうしよう・・・。

俺がパニックに陥っていると由香先生が、「キス出来る?」と言ったので、俺は由香先生に聞き返した。

「本当にいいの?由香先生に嫌われたくない」

「大丈夫だよ。私は貴方のものなんだから、ヒデちゃんは私を好きにしていいんだよ。その・・・エッチなことでも何してもいいよ」

俺は勇気を振り絞って由香先生の唇に軽くキスすると由香先生は俺を抱き寄せて舌を入れてきた。
口の中を由香先生の舌が舐め回してくれて凄く気持ちいい。
しばらくされるがままになっていたが、AVではこういう時どうしていたかを思い出した。
俺は少ない知識を総動員して先生の舌を舐め回したら先生が俺の首に手を回してきた。
俺はもう理性がぶっ飛んで由香先生を抱き寄せた。

由香先生は、「んっ」と声をあげたけど、逆らわずに抱き寄せられてくれて、俺の膝の上に乗った。
ちょうど由香先生の足が俺の身体を跨ぐような体勢で完全に密着している。
しばらくお互いの唇を貪った後、お互いの唇を離した。
由香先生のスカートが全部捲れ上がってて、俺の勃起したチンコがズボンと由香先生のパンツ越しに由香先生の恥骨辺りに当たっているのに気付いた。
俺は恥ずかしくて腰を引こうとした。

由香先生はびっくりして、「どうしたの?ゴメン。痛かった?」と聞いてきた。

「その・・・当たっててごめんなさい!」

モゾモゾしながら俺は答えた。
由香先生はそれで理解してくれたようで・・・。

「大丈夫だよ。男の子なら普通だよ。気にしないで、そのままでいいんだよ。むしろ私で感じてくれて嬉しいよ」

そう言ってくれた。
俺はその言葉で由香先生は本当に何でも受け入れてくれることを理解して、腰を引くのをやめた。
逆に由香先生を抱き締めた。

「由香先生、大好き!好き過ぎてどうしたらいいか分かんない!」

俺はくっそ恥ずかしい台詞を叫んだ。
下半身がムズムズしてチンコを由香先生に押し付けながら。

「先生もヒデちゃんが好き過ぎてどうしたらいいか分かんない。もう食べちゃいたい!」

由香先生はそう言って俺を抱き寄せると耳元で、「ヒデちゃんが私でいいなら、最後までしちゃおうか?」と囁いた。

俺は完全にスイッチが入っていて、もう恥ずかしさなんて忘れてしまっていた。
それなので素直にお願いすることはできたが、「お願いします」と間抜けな答えをしてしまった。
由香先生は笑いながら、「こちらこそお願いします」って答えてくれた。

「あっ、でも、次の生徒さんが」

「大丈夫。今日はヒデちゃんが最後だから」

「あと・・・コンドーム持ってない」

「今日は大丈夫な日だから付けなくていいよ。ね?しちゃお?」

「うん!」

俺は先生の胸を揉み始めた。
服の下から手を突っ込んでブラの上から。
今思えば力任せで由香先生は痛かったかもしれないけど、少なくとも感じてるふりをしてくれた。
俺は初めて女の人を感じさせてると思って調子に乗って胸ばかり揉んでたらブラのホックが外れてしまった。
前で開くやつだった。
そのまま服をたくし上げると由香先生の乳首をペロペロ舐めた。
知識がないのでテクニックも何もなしで、ただ乳首を舐めた。
俺が椅子に座っている膝の上に、俺の身体を跨ぐようにして由香先生は座っていた。
由香先生は俺の頭を抱えて自分のおっぱいにぎゅうぎゅう押し付けてきた。

(い、息ができねぇ!おっぱい窒息だ!)

俺が「んんっ!」と呻くと、由香先生は俺の頭を開放してくれて俺の膝から下りた。

「今度は私がヒデちゃんを気持ちよくしていい?」

「何するの?」

「お口でしてあげる。ほら、立って」

由香先生は俺を立たせると膝を床につけて俺のベルトを外し始めた。
この光景はエロい!
ズボンとトランクスを一緒に引き下げると、由香先生先生は俺のチンコをパクっと咥えた。

「先生、汚いよ」

ウブで童貞な俺が逃げようとすると、由香先生は俺の腰に抱きついて逃がさない。
由香先生は俺のチンコを咥えたまましゃべったので何を言っているか判らなかった。

「何?」

「ヒデちゃんのなら汚くないよ。それにさっきはヒデちゃんに気持ちよくさせられて先生だって恥ずかしかったんだから、ヒデちゃんだけ逃げるのは不公平だよ?」

俺は凄く納得して逃げるのをやめて、由香先生にまた咥えてもらった。
由香先生の口の中は凄く温かい。
自分でやるときには絶対感じない温かさで初めて感じる快感だ。
由香先生はチンコをペロペロ舐めてくれた。
ヌメヌメして気持ちいい。
先生はチンコから袋の方に移動してペロペロ舐めながらチンコを手コキでしごき始めた。
亀頭と皮の境目を手でグリグリされたとき、経験したことのない快感が突き抜けた。
これは本当に気持ちいい。
気持ちよすぎて、「あっ!」と声をあげて腰が引けてしまった。

「どうしたの!?」

由香先生はびっくりして俺に聞いてきた。

「その・・・気持ちよすぎて」

俺が釈明すると由香先生は喜んで、今度は先っちょをチロチロしながら、また亀頭と皮の境目を手でグリグリし始めた。
自分でやるときの何倍どころか何十倍も気持ちよくて、また声をあげて腰が引けてしまった。
今度は腰を引いても由香先生はチンコを咥えながら追ってきたので強すぎる快感から逃れられなくて、腰を引きすぎて後ろに倒れてしまった。

「大丈夫!?」

由香先生は申し訳なさそうな顔で俺に飛びついてきた。
由香先生はまさか俺が倒れるなんて思ってなかったようだ。
でもそれくらい気持ちよかった。

「ごめんなさい。本当に気持ちよくて立ってられない」

「私が悪かったのよ。本当にごめんなさい。もうやらないから」

由香先生が半分泣きながら言ってきた。
なんだかこっちが悪いことをしたみたいな気分になってくる。
俺は先生に何も悪くないことを伝えたくて、そしてまたあの快感を味わいたくて、なるべく明るく冗談めかして言った。

「それじゃあ、お詫びにさっきのもう1回やって下さい。今度は倒れないように横になるから」

由香先生は笑ってくれて、「じゃあソファーに横になって」と言って俺の手を引っ張りソファーまで誘導してくれた。
俺はソファーに横になると、由香先生はまたフェラチオを始めた。
亀頭と皮の境目と先っちょに異常なほど弱くて、また腰が引ける、というか腰が勝手に動いてしまう。
今思えば不思議だし、そうはならないけど、この時は女の子みたいに声を出しながら腰が勝手に動いてしまった。
由香先生は、それをかなり頑張って押さえつけてた。
そしてフェラを続けてくれる。
俺の腰はロデオ並にガクンガクン動いていた。
客観的に見たら気持ち悪い動きだったかもw
由香先生は長い髪を振り乱しながら必死に俺のチンコをしゃぶっているという、なかなか面白い光景だったと思う。
しばらくすると、と言ってもフェラが始まって5分も経ってなかったと思うけど、射精感が込み上げてきた。

「先生ダメだよ。イキそうっ!ダメだよダメだって!」

俺は自分でもなんて言ってるかわからないことを喚きながら先生の動きが止まった。
寸止めをくらって惜しいような、安心したようなw
由香先生は、「ゴメン!やり過ぎちゃた」と言って俺を起こしてくれた。
そしてキスすると・・・。

「これじゃ風俗と変わらないよね。ヒデちゃんも中で気持ちよくなりたかったよね。ゴメンね」

なぜか謝ってきた。
確かに初体験なのに挿入せずに終わるのは悲しい。
それを由香先生は汲み取ってくれたのかも。
凄く男心を理解してらっしゃるw

「ヒデちゃん、もうすぐにイキそう?」

「ごめんなさい。すぐイキそう」

「いいのよ。出来れば入れて欲しいなって思うんだけど、ヒデちゃんはお口の方がいい?」

「入れたいけど、すぐ終わっちゃいそう」

「すぐ終わってもいいからヒデちゃんと一つになりたい」

これで理性がぶっ飛んだ。
俺は由香先生をソファーに押し倒してパンツを脱がせようとした。
最初は上手くいかなかったけど由香先生が腰を浮かせてくれて脱がせれた。
脱がせたパンツを投げ捨てて正常位で挿入しようとしたけど、位置がわからなくて上手く入らない。

「ちょっと待ってね。もう少し下。うん、そこ」

由香先生は俺のチンコを手で誘導してくれた。
俺が腰を落として挿入すると由香先生は、「あぁ!!」とやり過ぎなくらい声を出した。
まぁ、この喘ぎ声は由香先生の気遣いだろう。
短い時間でも満足したという。
俺は由香先生を抱き締めると先生も俺の背中に手を回してきた。
そのまま俺はピストンを続けると30秒も経たないうちに射精感が込み上げてきた。

「先生、イキそう!」

挿入はフェラほどの刺激はないけど、ネチョネチして気持ちいい。
何より満足感が違う。

「あぁっ!いいよ!ヒデちゃん、愛してる!愛してる愛してる~」

由香先生は「愛してる」を連発して俺にしがみついてきた。
マンコがぎゅうっと締め付けて、俺はもう限界だった。
初めて女の人の中で射精した。
今だかつて経験したことのない快感だった。

「由香先生、その、凄くよかったです」

俺は放心状態から回復してからそう言った。

「凄く感じてくれてたよね♪嬉しかったよ」

チンコを抜いて立とうとすると由香先生は俺のチンコをパクっと咥えてきた。

「綺麗にしてあげるね」

そう言うとチュパチュパ吸いながら精子を舐めとってお掃除フェラ。
でも、イッたばかりで敏感なチンコなのでまた腰が引けてロデオみたいに動いてしまうw

「ヒデちゃん、危ない!」

由香先生はそう言うと一旦チンコから口を外して俺をソファーに寝かせた。

「これでよし。好きなだけ悶えなさい(笑)1回イッた敏感なチンコを無理やり刺激し続けると男でも潮を吹くって聞いたことあるな・・・」

独り言っぽく言ったのが運のつきだった。

「ヒデちゃん、やってみよっか♪」

「えっ!?」

「お願い」

「いいんですか?」

「ヒデちゃんが私なしじゃ生きていけない身体にしないとね(笑)」

由香先生はそう言うと俺のチンコにしゃぶりついた。
亀頭と皮の境目を手でグリグリしながら先っちょをチロチロ舐めるのと、チュパーと吸い込みながら口の上の方に亀頭を擦り付ける刺激の強いフェラをしてくれる。最初はこそばゆくて暴れまくってたけど、だんだんとチンコの感覚がなくなってきた。
チンコが気持ちいいのはわかるけど、自分のものじゃないみたいな感覚。
痺れるのと気持ちいいのは根本的に違うけど、足が痺れた時に足を触っても自分の足じゃないような感覚、あれが一番近いかも。
感覚がなくなってくると高速手コキが一番刺激がある。
由香先生は俺の反応をよく見ていて、「どれが気持ちいい?」と確認してくれたので、一番刺激が強い高速手コキに切り替えてくれた。
しばらくすると身体の芯の方から何かが沸き上がってくるのを感じて、ものすごい快感が突き抜けて全身が痙攣した。
力が入った瞬間に潮を吹いて、また力が入った瞬間に潮を吹くの繰り返し。

(これが・・・男の潮吹きか・・・)

俺があまりにも苦しそうに痙攣するから由香先生が心配して、俺の痙攣する身体を押さえつけながら、「大丈夫!?大丈夫!?」と狼狽。
男の潮吹きは気持ちよすぎて大丈夫じゃありませんw
落ち着いてからやっと、「先生、はぁはぁ、大丈夫だから。はぁはぁ、気持ちよすぎてワケわかんなくなっただけだから」と言うと、「本当に?どこか悪いのかと思って心配しちゃったよ。でも良かった。何もなくて」と先生は言った。

「ほら、そろそろ帰らないと親御さんが心配するよ」

由香先生の一声で俺の初体験は終わった。
2人で部屋を掃除して、携帯番号とメアドを交換して、次からレッスンの時はしっかりピアノの練習もすること、由香先生の家の合鍵を渡してくれることを約束した。