俺が住んでいる明大前のマンションに母親が突然やって来た。
岐阜の田舎から4時間余りかけて来たんだが、突然だったので俺に連絡がつかず、マンションの前で随分待ったらしい。
俺のバイト先は勤務中は私用電話は禁止なので、スマホも機内モードにしたまんまだったから分からなかった。
バイトが終わってスマホをつけたら、母からのショートメールが10件近く入ってた。
慌てて連絡して駅まで迎えに行くと、改札前で母が荷物も持たずに立っていた。
ジーパンにポロシャツ、ジャケット、セカンドバッグだけで、他は何にも持っていなかった。

「どしたの?」

理由を聞いても何も言わないし、マンションまで黙ったまま。
マンションに着いてベッドに座ると、いきなり泣き出した。
隣に座って肩を抱きながら理由を聞こうとしたが、ただ泣いてるだけ。
しょうがないからしばらくそのままでいたら、突然俺に抱き付いてきて余計に泣き続けた。
どうしようもなくてそのままでいたが、母の体からいい匂いがして、俺の胸に当たる母の乳房が柔らかくて、妙に落ち着かない気分になってきた。
そして綿パンの中でペニスが勝手に硬くなってきた。

(相手は自分の母親、41歳のおばさん・・・)

そう思っても収まらなかった。
母の顔を上に向けさせて、ごく自然にキスをした。
母も抵抗もしないで俺と唇を合わせ、舌も受け入れてくれた。
2人で横になって服を脱がせる時も黙って脱がせてくれて、俺が自分の服を脱ぐ間も天井を見つめたまま静かに横になっていた。

小ぶりだけど垂れていない乳房と贅肉のない色白の下腹部。
あんまり濃くない陰毛。
155センチくらいだから8頭身とは言わないがスタイルはいい。
俺のペニスは完璧に勃起していた。
乳房に吸い付いて、あそこに指を這わせると少し体をびくっとさせたが、何も言わず、俺の頭を子供にでもするように撫でてくれた。
しばらく弄り続けると、あそこが少し濡れてきた。
俺はどうせなら母を気持ち良くさせたくなって、濡れて滑りが良くなったあそこに中指と薬指を出し入れしながら、クリトリスを親指で弄り始めた。

「はっはっ」って、母の息がだんだん荒くなってきて、お尻が緩やかに揺れ始めた頃には、俺はもう母の中に入れたくて我慢できなくなっていた。

「母さんの中に入ってもいい?」

乱暴にはしたくないんで母にそう聞くと、顔を赤くした母が唇を噛み締めながら頷いてくれた。
自分の方から立ち膝になって股を開いてくれた母の膝を両脇に抱えるようにして、母の濡れた膣口にゆっくりペニスの先を宛てがい、挿入した。
声こそ上げないけど、頭を仰け反らせて体を震わせながら俺のペニスを根元まで迎え入れてくれた。
我慢出来たのはここまでだった。
実は俺、まだセックスは初心者マークで、経験したのも大学に入ってからが初めてで、母でやっと2人目。
やった回数もこの半年で30回行くか行かないか。
母の熱い膣で絞り上げられたら勝手に腰が動き始め、10分と持たないで射精しそうになった。

「母さん、ごめん、出ちゃう!」

抜こうとしたら母がはきっりした声を出した。

「みっちゃん!出して!お母さんの中に出して!お願い!」

目を大きく見開いて、切なそうに俺を見つめながら言った。
俺の腰に両足を絡めて、俺の背中に手を回して抱きついてきた。

「ああ、母さん!」

それしか言えなくて、俺はそのまま母の中に出してしまった。

気持ち良くて、ぐったりして母の側に横たわると、母が背中を撫でてくれながら独り言のように喋り始めた。
どうやら父が浮気してるようで、土日になると相手の女のアパートに入り浸りになっているらしい。
毎週のことなんで、確かめたくなって金曜日の夜、父が会社から退社する時間に後をつけて行ったら、家とは反対方向の電車に乗り、次の駅の駅前のカフェで女と待ち合わせして、そのまま女のアパートに入ってったらしい。
怒鳴り込むほどの勇気もなくて、どうしようかって思いながらアパートの近くの路上に立ちすくんでいたら携帯に父から連絡が入り、『仕事が忙しくて日曜まで帰れない』と。
誰にも相談できず、夜も眠れず、土曜日の昼間に発作的に岐阜を出て東京まで来てしまったと言った。

「ごめんね」

そう言いながら母は俺にキスしてきて、ペニスに手を伸ばしてきた。
母の指使いとディープキスで俺の頭も麻痺して、ペニスがムクムクと復活してしまった。

「横になってて」

俺が体を起こして母を抱こうとすると、母の方が体を起こして俺の勃起したペニスを握り、俺の上に跨がるようにして自分の膣口に宛てがい、腰を落としてきた。
ずぶずぶってペニスが咥え込まれ、母がゆっくりと腰を動かし始めた。

「あたし、こんな格好は初めて、初めてなんだからね」

息を荒くしながら母が腰を動かし続けた。
俺だって初めてだった。
AVで観たことがあるくらい。
今まで正常位とバックからしかしたことがなかった。
母が腰を動かす度に2人が繋がってるところからびちょびちょと音がして、余計に俺は興奮して、俺の方からも腰を突き上げると母が喘ぎ始めた。

「ああ、みっちゃん!お母さん・・・もう、もうだめ」

母が身悶えて俺の体に突っ伏して動かなくなった。
俺は上半身を起こして母の体を膝の上に抱きかかえ、母の体を上下に揺すりながら激しく動いた。

「みっちゃん!もうイッちゃう!お母さん、イッちゃう!」

乳房に吸い付きながら母の体をおもちゃのように動かし続けると、母が体を何度も突っ張りながら絶頂を迎え、膣が俺のペニスを絞り上げ、俺の精液を受け入れた。

それから今日まで2週間、母はまだ俺のマンションにいる。
父から何度も母の携帯に連絡が入ったが、母が浮気のことを口にするとかかってこなくなり、俺の方に「落ち着くまでしばらく面倒を見てくれ」と父から連絡が入った。
俺の方は今のところ大歓迎。
体の相性のいい熟女なセフレが自分の部屋にいるわけだから、当分は居てもらってもいいと思ってる。