父の1周忌が無事に済みましたので、懺悔の意味を込めての告白です。
人として許されないことをしたという自覚がありますが、どうしてもやめられませんでした。

俺は12歳になったばかりのとき、育ての両親に引き取られました。
実の両親が事故で亡くなったので、半年ほど施設で暮らしていたのですが、没交渉だった年の離れた母の妹である由香里さんと旦那さんが探してくれて、引き取ってくれました。

当時の由香里さんは高校を卒業してすぐに公務員(警察官)の試験を受け、同じく公務員の旦那さんと結婚をした23歳でした。
子どもができないと悩んでいたので、俺が来てくれて嬉しいと、とても優しくしてくれました。
旦那さんも、とても立派な方で、血が繋がらない俺に優しくしてくれて、笑顔の絶えない人でした。

中学になり、思春期ですから毎日のようにオナニーをしていたのですが、休日にオナニーをしているところを由香里さんに見られてしまいました。
戸惑った様子でしたが、別におかしなことではないと真っ赤な顔で諭してきたのですが、俺は動揺して泣いてしまいました。
背が高くて胸が大きな、どこか母の面影がある綺麗な由香里さんの下着を使っていたところを見られ、追い出されるという恐怖を感じたからです。
由香里さんは泣いている俺を抱き締めてくれました。

「別におかしなことじゃないから」と繰り返して言ってくれましたが、いい匂いがする由香里さんに抱き締められて、勃起が収まりません。

それを察したのか、意を決したように由香里さんは手で、俺の勃起をしごいてくれました。
仕事柄、剣道をやっている由香里さんの手は柔らかくはありませんでしたが、長く綺麗な指に擦られて、10秒もしないうちに大量の精液を吐き出してしまいました。
あまりの気持ちよさと衝撃に腰が浮き上がり、仰け反るような格好になって、猿のように大声で喚いてしまったことを覚えています。
由香里さんは恥ずかしそうに真っ赤になりながらも、にっこり笑ってくれました。

その後、2日に1度は由香里さんが手で出してくれるようになりました。
最初はオナニーを手伝うという感じだったのですが、途中から胸を触っても抵抗しなくなり、半年がすぎる頃にはフェラやクンニまでするようになっていました。

夏休みになり、旦那さんが夜勤に出かけた日でした。
珍しくお酒を飲んだ由香里さんからキスをしてきました。
興奮して押し倒してしまい、そのまま初めての挿入をしました。
焦ってなかなか入れられなかったのですが、由香里さんが優しく指で誘導してくれました。
長身の由香里さんににしがみつくようにして猿のように腰を振り、何度も何度も中に出しました。
腹筋が薄く鍛えられた由香里さんの体は、柔らかいというよりしなやかでした。
うねるように動き、ハスキーな声でうめき、そのエロさの虜になりました。

1度セックスしてしまうと、歯止めが効かなくなりました。
旦那さんがいない時は、ほとんど由香里さんとセックスをするようになりました。

ある日、旦那さんと由香里さんが嬉しそうに報告してきました。

「弟か妹ができるんだよ」と。

もしかして・・・というより、確信がありました。
俺の子どもだという確信です。

後日、由香里さんに聞くと、「ちゃんと産むから、大丈夫」と優しく笑ってくれました。
そして弟が産まれるまで、産まれてからも体を重ね続けました。
罪悪感はありましたが、由香里さんを抱くことをやめるということは考えられませんでした。

昨年、旦那さんが殉職しました。
もう1人、妹が産まれましたが、俺の子どもです。
旦那さんの葬儀の時、由香里さんは3人目の子どもを妊娠していました。
もちろん俺の子です。

今、大学生の俺は由香里さんと3人の子どもと一緒に暮らしています。
それまで暮らしていた土地から離れ、別の地域で暮らしています。
3人の娘には、俺が父親だと教えています。