昔の話です。
チャットルームに援助交際を希望している女性が待機していた。
幸運にも入室することが出来た。
女子大生だと言っていた。
私とは親と子くらいの年齢差があった。
彼女から年齢は関係ないという嬉しい返事が返ってきた。
2ということで交渉は成立。


夜の10時に待ち合わせ。
時間通りに彼女が現れた。

(えっ、マジかよ・・・)

女子高生か女子大生かわからない。
想像以上に清楚な感じで、援助交際をするような女の子には見えなかった。

「本当にエッチをしちゃうよ。いいの?」

思わずそう言っていた。

「はい、お願いします。どうしてもお金が必要なんです」

池袋のラブホテルに入った。
彼女はシャワーを浴び終え、バスタオルを巻いた姿でベッドに入ってきた。
キスをして舌を差し込んだ。
彼女は嫌がらずに舌を絡みつけてきた。
胸は小ぶりで乳首も小さい。
その小さな乳首に舌を這わせた。

「アアーッ・・・」

形の整っている唇から甘い吐息が漏れてきた。
クリトリスが敏感だということをチャットで言っていた。
私は舌を脇腹から陰部に向けて滑らせた。
バスタオルを剥ぐと白い小さなパンティが目に飛び込んできた。
パンティの脇から陰毛がはみ出している。
パンティの脇を持ち上げ、陰部を覗いた。
割れ目からは薄っすらと愛液が滲み出ていた。
パンティの両脇に手を当てると彼女は腰を浮かした。
彼女を全裸にした。
清楚な顔には似合わない黒々とした陰毛が現れた。
私の股間は硬く起立していた。

『クリトリスが敏感で舐められるのが好き』

チャットで彼女はそう言っていた。
私は舐めるのが好きだ。
割れ目を拡げ、陰部を丁寧に舐め回してからクリトリスに舌を当てた。

「ヒーッ・・・」

彼女は悲鳴に近い声を上げた。
陰部が収縮している。
クリトリスが硬くなっていた。
丹念に優しく舐めた。
私の唇に彼女の陰部の律動が伝わってくる。
その動きが大きくなった。

「気持ちいい・・・。すごくいいの・・・。イク、イク、イッちゃうぅー!」

彼女の身体が弓なりに反り返り、ストンと腰を落とした。
彼女の身体は敏感で、何度も舌の愛撫で絶頂を迎えた。
30分も舐め続けただろうか・・・。

「もう欲しいの、入れて・・・アアーッ・・・いい・・・ぴったりと嵌っている」

根元まで埋め込み、腰を打ち込んだ。
彼女の両手が私の腰に回された。
腰を動かすたびにグチョグチョという卑猥な音が聞こえてくる。

「どこが気持ちいいのか教えて」

「お・・・が気持ちいいの」

「お・・・じゃわからないよ。ちゃんと教えなさい」

「おまんこが気持ちいいの、もっと突いて」

彼女を貫きながら耳元で卑猥なこと囁いた。

「だめっ、そんなことを言ったら感じすぎるぅ・・・またイッちゃうのよ。イクわ、イク、イク、イクーっ」

彼女は舌と男根で何度も絶頂へと昇り詰めた。

「一緒に気持ちよくなって・・・一緒にイキたい」

彼女は荒い息を吐きながらそう言った。
私も限界が近づいていた。

「出すよ。一緒にイこうね」

彼女を強く抱き締めて腰を激しく動かした。

「だめー、イキそう」

「待って、一緒にイこう」

「早く来て、お願い・・・」

「イクよっ」

「ああ、私もイキそう」

「出すよ。イッちゃよ」

「いい、いいっ、私もイク」

「イクっ、出すよ」

「いいっ、たくさん出して、おまんこにたくさん出して」

ここで爆ぜた。
精液がドクドクと溢れ出た。
そのたびに男根が彼女の中で飛び跳ねる。

「いいっ・・・すごい・・・ああー、気持ちいい」

彼女の陰部が男根を包み込み、収縮を繰り返している。
両手は私をしっかりと抱き締めている。

「もう下半身に力が入らない。今夜は泊まっちゃう」

快感の余韻を味わいながら2人で横になっていると、彼女は私に抱きついてきて、そう言った。
金曜日の夜のことで、土曜日は会社も休みである。
私たちは抱き合いながら眠りについた。

翌朝、マックで朝食をした。
彼女は清楚な女の子に戻っていた。
私は清楚な容姿の裏側に隠されている彼女の淫らな姿を思い浮かべ、再び勃起してしていた。

「また会ってくれる?」

私は携帯のアドレスを書いて渡した。
最高の夜だった。