私の妻の裕子(43歳)は、ミミズ千匹です。
ただしペニスが16センチ以上ないと、それを味わうことはできません。
結婚前に妻と付き合っていた男から聞かされました。
ちなみに私の友人です。
しかし14センチしかない私は、夫でありながらまだ一度もミミズ千匹を味わったことがありません。
そのことを考えるたびに胸が張り裂けそうになります。
友人が昔、私に言いました。

「裕子のミミズ千匹に包まれてイッたらたまんねーだろ?奥のほうをチンポで突いてやると、あいつチンポをグイグイ締め付けきて、泣きながらイクんだよな。あそこの中がカァーッと熱くなってチンポの先が痒くなってくるんだよ。あれは男を虜にする女だよ。お前が羨ましいよ」

そう言っていたのを思い出すたびに切なくなってきます。

ある日、仕事場のアルバイトの学生とレジャー温泉に行きました。
その学生は仮性包茎でしたが、20センチはありそうな長いチンポの持ち主でした。

(この学生なら妻のミミズ千匹を味わえる・・・)

そう考えたら妻を抱かせてみたくなりました。
それからは頻繁に学生を家に遊びに来させました。

酔った拍子に・・・。

「あいつのチンポ、20センチはありそうなくらい長いんだぜ。でもまだ童貞なんだって」

そう言って妻をけしかけてみました。
やはり妻はその学生に興味を持ったようで、3人で酒を飲むと学生に、「あなたってまだ童貞なの?早く経験しなさいよ。彼女はいないの?」などと質問したり、「いつもどうしてるの?オナニーしてるの?ねえねえ、ここでやってみせてよ」などとからかったりしていました。
私はそんな状況に耐えられなくなり、とうとう妻に、「あいつの童貞、奪ってやれよ」と言ってみました。

「いいの?」と聞く妻に、「若いエキスが欲しいんだろ?一度だけなら俺も興味があるしな」と言いました。

ある夜、学生を家に呼び、いつものように3人で酒を飲み、私は寝たふりをして、妻を隣の部屋に寝ている彼のところへ行かせました。
ひそひそと話す声に耳を傾けました。

「眠れないから少し付き合ってよ」

「あっ、はい」

「布団に入っていい?」

「えっ、でも旦那さんが・・・」

「いいじゃない、寝てるから大丈夫。それにあの人、私とあなたがエッチするのを期待してるのよ」

「そんなこと・・・あっ、奥さん!」

「気持ちよくしてあげるから、そのままにして」

「あっ、そんな・・・」

「うわぁー大きいのね、おへそまでチンチンがある。ほんとに童貞なの?」

「はい」

「私が女を教えてあげようか?」

「・・・き、気持ちいいです」

「舐めてあげるからパンツ脱いで」

「・・・あっあっあっ・・・」

「すっごーい、鉄みたいに硬いのね。私に入れてみる?」

「・・・」

「はうっ、すごい奥まで来るあああ、あああっ」

「奥さん、何か動いてる、ダメだ出そう」

「奥を突いて奥に出して、奥よ!ああああ・・・」

「奥さん、すごい!あああ締まる、あっあっ出るぅぅぅっ」

あっという間に彼は妻の中で果てました。
しばらくして2人は風呂場に行きました。
私はそばに言って聞き耳を立てました。

「ここのところが気持ちいいでしょ?」

「あっ、奥さん頭にキンキンきそうです」

「イッたばかりだからね。向こう向いて」

「ああああっ、奥さんそんなとこ・・・気持ちいい、あああ」

「これはどう?」

「あっ、すごい・・・チンポ・・・チンポ剥いてください」

「こう?」

「すごい・・・肛門が痺れる、ああっ」

「こうして剥いて擦ると、剥けやすくなるのよ」

「あうっあうっ、だめだ・・・頭が変になるぅぅ、奥さん・・・チンポ舐めてください」

「はうぐっ・・・んぐ・・・」

「あ、また出そうです・・・」

「だめよ、中よ。私の中に入れなきゃダメよ・・・そう、舐めて濡らして」

私は思い切って風呂のドアを開きました。

「あっ」

「いいからいいから、そのまま続けて」

彼は私よりも遥かに長いペニスを妻の中にズブズブと入れました。
妻は少し緊張していましたが、私に気を遣ったのか、私のペニスを掴んできました。
私のペニスはすでに限界でした。
すでに我慢汁を垂れ流していましたが、少し手で擦られると一気に精液を噴き出しました。
彼のペニスはズブズブと妻の中を出入りしていました。
私なら抜けてしまいそうなほどの長いストロークでズブズブと・・・。

「奥さん、すごい・・・動く動く・・・チンコが痒くなる。もう・・・出そう・・・あああ」

彼は妻の奥深くに2回目の精液を噴き出しました。
妻の奥深くにペニスをグイグイと押し付けながら眉間にしわを寄せ、膝をカクカクさせながら腰を振っていました。
目を瞑って妻の尻を抱えたまま・・・。
しばらくして妻の中から彼のペニスが引き抜かれました。
プルンと出てきた長いペニスは精液で真っ白でした。
激しいピストンのせいか根元のあたりは泡立っていました。

風呂から出た後も、妻は彼の布団に入っていきました。
30分ほどで彼は再び妻の中に入っていったようでした。
私はそのまま寝入ってしまいました。
そして朝方、2人の声で目が覚めました。

「えっ、またするの?・・・あっあうっあうっ」

翌日の夕方まで隣の部屋で妻の喘ぎが響いていました。
残念ながら、私は今も妻の味を知りません。