俺には年の離れた妹がいます。
俺は22歳で普通の会社員です。
妹は今年、中2になったばかり。
中2にしては小柄で、よく小学生に間違われます。
でもそれがまた可愛くて・・・。
たまに小遣いとかあげたりして、仲の良い兄妹です。

3日から両親が母方の田舎に帰っているんですが、俺は6日は仕事なのでついて行きませんでした。
妹も学校と土曜日に部活(テニス)の試合があるとかで残りました。
両親が出かけた3日の夜、俺は妹を連れて車でラーメン屋に行きメシを食い、9時頃までリビングで2人でテレビを観ていました。

9時になると妹(あや)が、「先にお風呂入るね」と言って立ち上がりました。
俺は以前からよく冗談っぽく「一緒に入ろっか?(笑)」と言って、あやに「やだー、ふざけないでよー」と怒られます。
その日もいつものように、いや、いつもとは声のトーンを変えて少し真面目に、「今日は2人しかいないことだし、一緒に入らない?」と聞きました。

あやは少し考えて、「別に・・・いいけど・・・」と頷きました。

俺は「マジで!?」と言って、急にテンションが高くなりました。
でも、喜んでるのが悟られないように急いで着替えを取りに行きました。

あやはすでに脱衣所で服を脱いでいて、俺は「入るよー」と声をかけ、脱衣所の戸を開けると、あやはもう全部脱ぎ終わっていて、「待って!」と慌てて大きめのタオルで胸と前を隠し、お風呂場に入っていきました。
俺も服を脱ぎ、一応前を隠してお風呂場に入ると、あやは恥ずかしそうに浴槽に浸かっていました。

あやが浴槽に浸かってるので、俺が先に体を洗うことに。
俺はタオルをどけて、すでに80%ほど勃起したチンポを露わにし、堂々とあやの方を向いて洗いました。
あやは見てないフリをしていましたが、明らかに驚いた表情でチラチラと何度も俺の股間を見ていました。
驚くのは無理もないでしょう、大人の勃起したチンポを中2になったばかりの子供が見ることなんて、普通ないですからね。

俺が洗い終わると今度はあやの番です。
入れ代わりで俺が浴槽に浸かるとあやは恥ずかしそうに、「あまり見ないでよぉ」と言ってタオルを取りました。
露わになったあやの裸は、もう最高の一言でした。
まだ胸は小さいものの、膨らみと言うよりはちゃんとおっぱいの形をしており、乳輪の輪郭がはっきりしてなくて、ツンと上を向いた乳首にピンクの色がついてるだけ。
あそこには産毛が濃くなったような陰毛がちょっと生えてるだけでした。
俺があまりにもジロジロ見るものだから、あやは途中でそれに気付き、背中を向けてしまいました。

あやが洗い終わり、あやが浴槽に入ってきました。
俺はあやと向き合って浴槽の縁に座り、2人で学校のこととか色々な話をしました。
この時には2人ともタオルで隠したりしないで裸で向き合ってる状態です。
しかも、狭い浴槽にあやは膝を抱える形で座り、俺はその目の前に足を開いて座ってる状態です。
俺は会話をしながらあやの裸を見て、チンポはギンギンのMAX状態。
あやは目の前のチンポを見ないように、目線を上げて俺の顔を見て話をしてるのですが、たまに目線が下がってチンポを見てしまうと、慌てて顔を背けたりしました。

しばらくすると耐えられなくなったのか・・・。

「お兄ちゃん・・・ちょっと・・・前・・・隠したら?」

あやが小さい声でそう言ってきました。

「あやはまだこういうの見たことないでしょ」

聞くとあやは俺のチンポに目線を移し・・・。

「当たり前じゃん。・・・お兄ちゃん・・・エッチなこと考えてるの?」

「あやの裸を見ておっきくなっちゃった」

俺がふざけて言うと、「やだー、お兄ちゃんのエッチ~」と言って笑ってました。
俺はチンポを軽くつかみ、根元をグリグリして赤く充血するほどにギンギンにして・・・。

「ほら、すごい硬いよ。ちょっと触ってみる?」

あやは、「えっ・・・やだー」と言って俺のチンポを見ました。
俺は構わずあやの手を取ってチンポに導くと、あやは抵抗せず、俺に導かれるままチンポを力なく握りました。
俺があやの手を離しても、あやは俺のチンポを握ったまま。
あやは、「すごい・・・熱い」と言いながら未知なる物体を探るように陰茎の部分を握ったり、亀頭のツルツルした手触りを確かめていました。
俺はチンポを握ってるあやの手を上から掴み・・・。

「こうやって握るだろ?握ったまま、こうやって上下に動かすと・・・」

そう言いながらチンポをしごきました。

「・・・ああああっ、気持ちいいっ。こうやると男は気持ちいいんだよ」

そうあやに教えて、「あや、ちょっとやってみて」と言って手を離すと、あやは戸惑いながら言われた通りに手を動かしました。

「もっと強く握って・・・そう・・・もっと亀頭も刺激するように」

俺が指示すると、あやは、「えっ、こう?」と全然上手くはないけど一生懸命に言われた通りにやってくれました。
俺はあやとエッチしたくなりました。
俺のチンポを掴んで動かしてるあやの手を止め、「あや、お風呂からあがってから続きをしてくれない?」と言いました。

あやにパジャマを着せず、パンツ1枚の姿で2人でリビングに行きました。
俺はソファに座り、あやは俺の前に跪く格好に。
あやは俺のチンポに慣れたのか、「じゃあさっきみたいにやって」と言うと、すぐにチンポを握って動かし始めました。
しばらくして俺はあやのおっぱいに手を伸ばして乳首を撫で始めると、「えっ、やだ、お兄ちゃん」と言って体をくねらせて逃げようとしました。
俺はすかさずあやを抱き寄せ、キスをしながらおっぱいを揉み、ちっちゃいお尻をパンツの上から撫で回しました。
あやは、「お兄ちゃん、やめて」と何度も言いましたが、本気で抵抗はしていませんでした。

俺はあやをソファに寝かせ、パンツを脱がしてあやのあそこを舐めはじめると、あやは必死に耐えてました。
あやのあそこは毛は生えてるもののまだ子供で、割れ目を開くとピンクの粘膜が微かに濡れていました。
俺がクリトリスを舌先を尖らせてチロチロと刺激すると、あやは、「あっ・・・あっ・・・んっ・・・」と声を漏らして感じていました。
俺はあやのあそこを舐めながらシックスナインの体勢になり、「お兄ちゃんのも舐めてよ」と言うと、あやは俺のチンポを掴んで亀頭を口に含みました。
あやの舌が俺の亀頭を転がしてるを感じ、俺は今にもイキそうになったので、あやを起こし、「あや、入れるよ」と言ってあやの割れ目を開き、チンポの先を押し当てました。

するとあやが今度は必死になって、「やだっ、やめて」と言って抵抗しはじめ、俺が「大丈夫だから」と言って構わずに入れようとしたら、泣き出してしまいました。

俺は入れるのを止めて、「ごめん、じゃあ手でやってくれる?」と優しく言うと、あやはシクシク泣きながらチンポをしごいてくれて、そのまま俺はあやの手に出しました。
その日はそこまでで寝床に入り、なんか悪いことしたなと落ち込んでたら、あやが部屋に入ってきて・・・。

「お兄ちゃん・・・ごめんね。・・・あや、できなくて」

そう言ってきました。
俺はあやのことを愛おしく思いました。

次の日の夜、また一緒にお風呂に入りましたが何もしませんでした。
でも、これからも親が出かけていない日は一緒にお風呂に入ってくれると約束しました。
そしてエッチもまたしたいと言ってくれて、「初めての相手はお兄ちゃんがいい」とまで言ってくれました。
もうすぐ妹の初めての男になれそうです。