お父さんと何度も行ってた銭湯、うちのバスルームより広くて。
私、まだ大人の毛が生えなくて、お父さんと一緒に銭湯に入ることができた頃。

湯舟の縁に座って片膝を立てて、擦り剥いたひざ小僧を見てたんです。

あー、痛かったな。でも、転んだの自分のせいだったし。
・・・あれ?私、見られてる?・・・なんで?

湯に浸かってる人が3、4人くらい、こっち見てんの。
片膝を立ててる私は両足が大きく開いてて・・・。

(あー、子供エッチが見られてんのか)

やっとわかりました。
目線が私の下の方にあるから。
みんな、ニコニコして見てる。
ちょっと意識しちゃう。

どうしよう、足閉じたらいいの?
でも急に足を閉じたら、かえって変かも。

片膝を立てたまま、じっと固まってて、なんか足を閉じられなくなりました。

子供だから見られてもいいの、気にしない、気にしない。
銭湯だからいいの。
子供エッチは見られてもいいの。
気にしなくていいの。
あれ、誰かのおちんちんが膨らんでる。

お湯の中に見えてる中学生くらいの男の子。

(あ、手で隠した。なんでー、見せろよー)

で、あっちの子は同じ学年の子だったと思う。
何組だったかな?
ニコニコしてこっち見てる。

(やだエッチ、あっち向けよ)

別な大人がお湯に入って、ふぅーって気持ちよさそうに・・・、あ、息止めて固まった。

(私に気付いたの?子供エッチが見えた?)

だんだん、なんか気持ちいーなーってなってきて、(男の人に子供エッチを見られんのって気持ちいいかなー)って感じ。

別な日、またお父さんと一緒に銭湯に行ったの。
大人の人とか男の子も大勢いました。
私は同じ場所に腰掛けて、同じように膝を立てて、足を開いたの。

あ、見てる、見てる。
見られてる、見られてる。
毛が生えてない子供エッチだよん、見てもいいんだよーん。
もっと見て。

(こんな私ってなんか変なのかな?)

その日は、おじいちゃんのおちんちんが膨らんでるのが見えました。
しわしわのおじいちゃん、隠さないの。
ニコニコして隠さないで、私がじっと見たら、おじいちゃんも私の子供エッチをじっと見てきて、エッチがムズムズしました。
それが、(いい、いい、いい)って感じなんです。

うちに帰って自分のエッチに触ったら、まだヌルヌルしてて。
ヌルヌルを指で弄ってたら、やめられなくなりました。
布団の中で銭湯で見たちんちんを思い出して、指でやめられなくなって。

これってひとりエッチ?
私、ひとりエッチを覚えちゃったの?

お父さん、次はいつ銭湯に行くの?