温泉旅行って言っていいのかわからないんだけど、大学の研究室でよく旅行に行ったのよ。
全体的に仲のいい研究室だった。
俺は実はそういう馴れ合いはあんまり得意じゃないんだけど、仲のいい友達がいたっていうのと、女の子が多い研究室で俺には彼女がいないっていうのと、旅行ネタは俺の研究テーマっていうのもあって、そういう旅行には必ず出席してた。

んで、秋口の研究もほとんど終わった頃の旅行の時の話なんだけど、そこで野外の温泉(秘湯と言ったら聞こえはいいけどってレベルのやつ)があるところのキャンプ地に宿泊することになった。
まあ、もはや実験旅行と言っても、やる実験はほとんどなくて確認みたいなものですぐ終わるw
だから計4泊の旅行だったんだけど、実験は初日だけ。
メインは2日目、3日目のキャンプ地での飲み会だった。
先生もついて来てないので、完全な遊び旅行とほとんど同義だった。

研究室のメンバーでその時参加したのが、女6人(うち2人はゴリラ)男4人だった。
研究室全体で13人だから、この時期の実験旅行としてはいい出席率。
で、初日は真面目に研究関係のことをして、2日目は速攻でキャンプ地に行った。
んで、さすが幹事が女の子って感じで、お洒落な場所なのよ。
小さなペンションっていうの?
部屋がいくつかある別荘みたいな所で、外でバーベキューできるみたいな。
そこを2つ借りていて2泊する予定だった。
むろん男用に1軒、女用に1軒な。
綺麗で、今までの旅行の中じゃ旅館含めてトップクラス。
女の子が多い研究室だからかガードはゆるくて、泊りとかだと、さりげなく着替えを覗いたり、寝顔を見れたりする特典が今回は無いっぽいのが残念だけど、それを補って余りあるいい感じの所だった。

男は俺、友人1、友人2、友人3。
その時の女の子は、ゴリラ、オランウータン、ゆきちゃん(俺がいいなと思ってる子、彼氏持ち)、聡子(友人1の彼女、可愛い)、琴ちゃん(これもイケてる)、くみちゃん(友人2の彼女)だった。

んで、上手いこと女の子と一緒のペンションに泊れねえかなと考えた。
聡子と友人1、くみちゃんと友人2が一緒にいちゃえば、俺もゆきちゃんと同じ部屋とかいけるかも、みたいな。
もれなくゴリラとオラ子がくっついてくる可能性もあるが、それは別に構わない。
ていうか、ゆきちゃんはメチャメチャ可愛い子だったんだが、高校の時から彼氏がいて、俺は一生懸命に粉をかけてたんだけどなびきそうになかった。
なので旅行中のハプニングで少しエッチなとことか見れたらそれで十分だったし。
今までも一緒の部屋で寝たこととかあったけど何もなかったし、出来なかった。

まあ、そんでもってバーベキュー兼飲み会が開始された。
俺がゆきちゃんを狙ってるってことは男連中全員と、琴ちゃんとゴリラのみが知っていたことなので、まずは女の子2人に根回しを開始。

俺「なあ琴ちゃん。今日から2泊、実験も無いことだし、友人1と友人2には彼女と仲良くなってもらいたいものだと思わないかね?」

琴ちゃん「・・・ゆきちゃんのこと、まだ諦めてなかったんだ・・・」

ゴリラ「ウホウホ」

俺「いや!そんな意味じゃないよ。俺は純粋にだねえ、こういう機会に・・・」

琴ちゃん「まあ、ゆきちゃんも君のこと嫌がってはないしね・・・」

ゴリラ「ドンドン」

俺「いや、違うって。彼らに仲良くなってもらうだけだって。残りの俺とゆきちゃん、そして君ら3人は別行動しようよ」

琴ちゃん「わかりやすいね・・・」

で、ゆきちゃんに変なことしないっていうのと、次の飲み代(ゴリラと琴ちゃんの分)は俺の奢りってことで、バーベキュー後の飲み会は2つ目のペンションで、1つ目のペンションの2階の寝室が先に酔っ払った人用の寝室となった。
で、先に酔っ払った人とは確実にゆきちゃんを指す。
もともとあんまりお酒が強くない。
で、今日は車を出したから疲れちゃったなみたいな感じで、俺も早々に逃げ出すことは可能。
他の酒豪(特にオラ子)はゴリラに任せ、5時間くらいはゆきちゃんと2人になれそうな感じになった。
大体9時から12時くらいか。
さらに友人1と友人2には、「さっさと彼女を連れて星の下でがつんと青姦を決めちまえ、絶対にこっちくんな」と言い渡し、さらに邪魔しそうな友人3は琴ちゃんがいなしてくれるとのこと。

これで準備は整った。
飲み会に入り、完全にゆきちゃんに張り付く俺。
軽快なトークで仲良くならねばならない。

「ペラペーラ」
「くすくす」

「ペラペーラ」
「きゃはきゃは」

なんとか酔わせることに成功。
ゆきちゃんはいつも通り、「酔っ払った・・・ねみゅい」とか言いながら寝室用の部屋へ直行。
カップル組もいちゃいちゃしたかったんだろうね、2組とも早くから星空の下へ旅立っていった。
友人3は琴ちゃん、ゴリ、オラ子に潰される寸前。
アディオス!

ということで俺も寝室へ。
油断できないとはいえ、ここから3時間ほどはフリータイムと考えてもいい。
いつもは出来ない2人でのお話。
好きなケーキ屋とか、就職の話。
そして、できれば口説けまいか。
もしくは、一時の過ちとして襲えまいか。
ドキドキしながら部屋に入る。
しかもさりげなく。

「いやー、酔っ払っちゃったよー」

入った瞬間、ラフな格好に着替えて部屋で窓に張り付いてるゆきちゃんを発見。
ブラが透けてる白いTシャツに、ジャージっぽいんだけどなんか違う脱がせやすそうなズボン。

「あれ、俺くん。ちょっと!こっちこっち」

「何?」

「あれあれ」

「あれ?うお!くみちゃんと友人2か・・・」

窓が川側だったため、対岸でまったりしてるくみちゃんと友人2が丸見えだった。
ゆきちゃんはそれを覗いている模様。
2人はよく見えないけど、時々キスしながらいいムード。
星空の下、盛り上がってやがる。
マジで羨ましい。

「ねえねえ、あの2人ってエッチしちゃうかな?」

耳元で囁くゆきちゃん。

「いや、どうだろうねえ・・・」

真隣に好きな子(しかもラフな薄着でいい匂い)、全く俺を男として見てませんね?

「あのね、向こう岸で100mくらい行くと温泉があるらしいよ。ちっちゃい。聡子とか行くとか言ってた」

「友人1と?」

「そう!混浴っていうか、私たち以外家族連れだったじゃん!寝ちゃった頃だって。きゃー」

俺の下半身を刺激する言葉を繰り出すゆきちゃん。

「あっちもちゅーとかしてるし。きゃー。いやーん。くみちゃんとか聡子とかエッチだねー。きゃー。俺くんもゴリラ誘っちゃえば?フリーだって言ってたよ!」

勝手に盛り上がるゆきちゃん。
酔っ払ってますね。

俺の予定だった・・・。

1.ゆきちゃんとまったり話す。
2.恋話で盛り上がる(彼女は今の彼氏と長く、2人しか付き合ったことないのでそういう恋話が好き)。
3.今彼の不満とか話しちゃう。
4.彼女が泣き出す、ゆっくりと肩を寄せる。
5.「ダメ・・・私・・・」
6.「僕も好きだったんだ」

・・・が、ガラガラと崩れだす。

基本的にまったり話して口説くっていうイメージしか持ってなかったので、想定外の展開にどうしようかパニクる俺。
ベッドの上ではしゃぐ彼女。
当たる胸。

「ねえ、琴ちゃんとかは?」

「うーん、ガンガン飲んでたから、向こうで寝ちゃうんじゃないかな?」

と、さりげなく『今夜は2人かも?』と振ってみる。
ゆきちゃん、意識しちゃったりして。
顔が赤くなったりとか・・・。

「そうだ。友人3って好きな人いるのかな?」

・・・しない。

まあ実際向こうがあの勢いで飲んでた場合、朝まで2人の可能性もあった。
何でかっていうと、さすがにカップルもここまで盛り上げれば他の部屋で寝る可能性が高く、それはそれで風紀的にあれなので、普段ならありえないけど、まあ今回はそうなる可能性もある。
隣の部屋も空いてるし、なにより根回しをしてある。
逆に2人っきりが確定すると、邪魔しそうな琴ちゃんも潰れる可能性が高い。
だけどこの雰囲気じゃ、告白するとか襲うとか無理。
彼女はとても楽しそうに話してるし、俺を信用してる。
無茶はできない。
まあそれに、話してるだけで彼女はとても可愛いし、俺も楽しかった。

「うわー!ね!ね、あれ、友人1、胸触ってない?」

「うーん。よく見えないな?」

「もう実験旅行で何やってんだよー!きゃー!」

「ゆきちゃん、酔っ払ってるね・・・」

「あーあ。俺くん、私、お風呂入ってくるね!」

「え?温泉?」

「違う違う。下にお風呂が付いてるからそっち。覗いちゃダメだよー、覗くならあっちね」

軽やかにパジャマをバッグから出して下に行くゆきちゃん。
彼女なし2年に、「私、お風呂入ってくるね!」はきつい。
妄想でお腹一杯になる俺。
いない間にゆきちゃんがいたあたりに顔をうずめる俺。
フガフガすると、いい匂いがする気が・・・。
もう帰ってくる前に一発抜いちゃおうか、とか思いつつ思い留まる俺。

20分ほどして戻ってくるゆきちゃん。
髪が濡れてて、パジャマにはCカップだと言っていた胸が。

「あ、上がったよー。酔いも醒めちゃった!俺くんも入っちゃえば?」

別段今までの旅行でもあった会話だけど、今回だけは違って聞こえる俺。
ベッドにぺたんと座り込んで髪を拭いている彼女を残し、シャワーを浴びて戻ってくると、彼女はもう覗いてなく、電話を置いたところだった。

「あれ?電話中?」

「んーん。彼氏と電話。切ったとこだよ。俺くんと一緒って言ったら心配されちゃったよ、あはは」

ゆきちゃんこそ心配してくれと思う。

「温泉、入りたいね」

「あ、俺くんもそう思った?明日入ろっか。みんな水着持ってきてるし。俺くんは?」

「俺、持ってきてない・・・」

「えー、じゃあ見えちゃうよ。見ちゃうよー、えへへ」

これで俺のセクハラモードにスイッチが入る。

「見たい?ゆきちゃん」

「え?え?え?見たいって・・・?」

「いや、『見ちゃう』って言ったじゃん。ていうかさ、ゆきちゃん、今まで何人の見たことあるの?」

「え。彼氏のだけだよ・・・」

「彼って2人だっけ?」

「うーん・・・うん」

そう言いながらベッドの近くににじり寄る俺。
失敗は許されない(つうか研究室にいられなくなる)のに、異常に度胸がある俺。

「え?2人より多いの?」

「違う違うよ!2人だけど」

「で?見たい?」

「んー。まあ興味はあるけど・・・」

そのとき、ゆきちゃんの肩を抱いて押し倒した。
本当に自分でもいい度胸だったと思う。

「本当に見たい?」とか言って押し倒す俺。

びっくりして声が出てないゆきちゃん。
叫ばれたらおしまいだ。
まあ、ここまでなら冗談で済むかもしれん。

「やぁ・・・みんなが来ちゃうよ、俺くん・・・」

俺のリミッター解除。
パジャマの下に手を入れるとノーブラだし。
手を入れて、すべすべしてる肌を撫で回す。
マジで、想像してるよりも夢のような事態になると、興奮なんて言葉じゃ表現できないことを、その時知った。
ちょっとでも刺激を与えると、俺のほうが暴発しそうになってた。
もう絶対に彼女のマンコに入れなきゃ気がすまない状態。
それでも一応建前から入る俺。

「ゆきちゃん、見ていいから触ってよ」

「ね、俺くん。本当にみんな来ちゃうよ。私も彼氏に怒られるよ・・・」

たしなめるゆきちゃん。
でも、声が小さい。
ここに至って説得されそうな気がしたので、もう楽しむのは後回しにして、入れちゃうことにした。
俺は獣だったw
風呂上がりでホカホカの体を抱き上げてパジャマの下をずり下げ、濡れてるか確認するとすでに濡れてるゆきちゃん。

「やだっ!んっ!ね、俺くん。そっちダメ。あんっ!」

「何で濡れてんの?お風呂上がりだから。濡れてるわけないよね。ゆきちゃん」

「あんっ!いじわるだよ。俺くん。ほんとだめ。それ以上ダメ」

ここでやめたら、それはそれで研究室に居場所がなくなる。
とにかく既成事実を!
1年ぶりのセックスとかってより、ゆきちゃんみたいに可愛くて好きな子としたことなんてなかったら、ほとんど童貞みたいな俺。
足だけモゾモゾして、こっちも脱いで、即挿入。
押し倒してから、わずか15秒くらいだったと思う。

「ああんっ!やっ・・・ぅんっ」

今まで見たことのない顔で喘ぐゆきちゃん。
思考能力が低下する俺。
本当にこういう時って低下するね。
頭の中がグラタンみたいになってた。
完全にマンコの奥までぎっちり入ってる。
しかも生だ。
目の前には好きでしょうがなかった子(下だけ脱がせたパジャマ)。

「ねえ、あんっ!俺くん!入っちゃってるよぅ・・・ぅんっ」

「やばい、可愛いよ。ゆき」(呼び捨て)

「やんっ・・・俺くんとこんな事するなんて思ってなかったよ・・・」

だんだんガードが下がってくるゆきちゃん。
でもすぐにイッちゃうと冷めちゃうんで、とにかく長持ちさせたかった。

「今日だけはさ、俺の彼女になってよ」

ずっとって言うのもはばかられて、そんなことを言う俺。
うわ言じゃなきゃ、普通こんなこと言えねえ・・・。
だがそれが効果的だったらしく、ゆきちゃんの押し返してた手の力が弱まった。

「本当にみんなが来ちゃうよ・・・あ・・・あ・・・動いちゃダメ・・・」

「来ないって、可愛いよ、ゆき」(呼び捨て)

「ね、あんっ・・・本当に今日だけ?」

「うん」(偽りの笑顔)

「じゃあ、ゆきのこと好きって言って、好きって言って・・・」

それで完全に沈没。
それに言質も取った。
ゆっくりパジャマを脱がそうとするも、それは止められる。

「誰か来た時にすぐ離れられるようにしようよう・・・」って。

んなこと言っても、もう根元まで入っちゃってて、ゆきちゃんのマンコはズルズルなんですが。
離れてもバレるわ!
でも温かいゆきちゃんの体と久しぶりの感触で、もうイキたかったのでエッチ再開。

「あんっあんっんっねえ・・・俺く・・・ゴム付けてる・・・?」

聞こえないふり。
人類の本能を知る。
スゲエ中で出したい。
やばいのは承知なんだけど。

「やだっあんっやあっ、ねっ、ゴム付けよ。ゴム」

「も・・・持ってきてない・・・」(当たり前)

「あんっ・・・それじゃ私の使って」

「え?持って来てるの?」

「違うよ!えと、鞄に入ってるんだよう・・・」

ゴム付けて再開。
なんかこう、まさかゆきちゃんとエッチできると思ってなかったし、こうやって再開(つまり、ゆきちゃん合意の下で)ってので、さらに興奮する俺。
こうなったら、イカせないと男の沽券にかかわる。

「イクときはイクって言ってね」

「や。あんっ。なんでそんなこと言うの?あんっ・・・ぅんっ」

「あーやばい、俺が出そう・・・」

で、あえなく放出・・・。
偉そうなこと言って、イカせられなかった・・・。
その後は半裸でだらだらと過ごし、次の日は水着姿だけど、夜にお風呂も入りました。