20代の男です。
地元の工場で働いています。
そこで母親ほど年の離れた人妻さんと不倫しています。
仮に『まゆみさん』とします。
40代後半です。

お互いに存在は知っていました。
しかし作業班が違うため、職場で接することはなかったのですが、今夏の納涼祭で話をする機会があり、まゆみさんの班長のことをオレも嫌いだったことで意気投合して(笑)、そのままセックスしてしまいました。

彼女は実際より若く見えます。
パッと見は30代。
実は、もうおばあちゃんなのです。
旦那は趣味に没頭してして構ってもらえず、久しぶりのお酒で疼いているところに自分が現れたそうです。
まあ一回限りだろうと思っていましたが、休みの日に銀行のATMで偶然に会い、そのままホテルへ行きました。
その時、彼女のテクニックにメロメロになりました。
オレはといえば、若さと勢いだけで突きまくっていました。

彼女は、「いっくんは激しすぎ、あたしに合わせて、もっと楽しも!」とオレを諭しました。

あれから2ヶ月が経ちました。
タイミングが合わず、彼女と会えない日々が続いて悶々としていましたが、上長のミスでオレの班とまゆみさんの班の夜勤が重なり、夜勤明けの休みが同じになりました。
それも2日間の連休です。
最後の夜勤の日は最初からチンポが疼いて仕方ありませんでした。

やっと早朝仕事が終わりました。
速攻で着替えて、まゆみさんの家へ。
旦那さんは1週間の長期出張です。
なんというグッドタイミング。

オレは素っ裸で布団に潜りこんで、余裕があるフリをして新聞を読んでいました。
15分ほどして、まゆみさんが帰ってきました。

「遅いよ!」

まゆみさんは何も言わず、ただ上気した顔で服を脱ぎ捨てて裸になり、布団に入ってきました。

「ゴメン!」

キスを交わし、耳、うなじにキスしながら、すでに左手はオレのチンポを摩っています。

「おゥ、オォォ~ッ」

思わず声が出ました。

「可愛い・・・」

彼女はそう言うと布団の中に潜り込み、チンポを咥えました。
口の中で舌をこねくり回し、タマをコロコロしています。
掛け布団をはねのけ、まゆみさんはオレに跨がると、愛汁が滴っているオマンコへチンポを導きます。

「ハゥッ!ゥゥゥ~いっくん!もうこんなにィィ~カッチンカッチンだよォォ~」

「昨夜から我慢してたんだ!オレ、限界だよ!」

「もういいから、我慢しないでいいよォ~、いっぱいぃ~いっぱい気持ちよくなろ」

まゆみさんの激しすぎる上下のピストンが止まりません。
髪を振り乱し、仰け反り、喘ぎまくりです。

「あ゛あ゛あ゛ッガゥゥゥーーッッッイヒィィィーー」

オレの胸へ倒れ込み、髪を掻き毟り、キス。
唾液まみれで顔中がグシャグシャです。
チンポを抜いて彼女を四つん這いにすると、お尻の穴からマンコの筋を舐め回します。
顔面騎乗位になり舌でベロベロ。
彼女は自分でオッパイを揉みしだき、乳首を摘み、指フェラで半開きの口から涎がオレの顔に滴り落ちてきます。
まゆみさんは向きを変えて69になり、チンポにしゃぶりついてきました。

「いっちゃんのチンポ素敵、あたしの中をぐじゅぐじゅ掻き回してェェェ~~~」

正常位で、今度は緩急をつけて突きまくりました。

「あ、当たるー!あたしの1番気持ちいいとこに当たるーー!なんで、なんで、いっちゃん、違う。違うゥ~、この前と違う~」

「これからいっぱい気持ちよくしてやるからな!イクぞー、まゆみィ」

オレはガン突きした。

「嬉しいィ~、まゆみって言ってくれたァ~、あたしの気持ちいいとこ、いっぱい突いてエェェェーー気持ちいいィィィいいーーもうダメエエェェェ~~、ダメダメダメエエェェーー、イクイクイクイクゥ~」

「オレも、オレもいっくうゥゥゥー~ー~」

思い切り中出ししてしまった。
マンコからドロドロの精液が流れてきた。
外から通勤通学のざわめきが聞こえる。
オレは1回イッたというのに、また挑みかかった。

「嘘でしょ?さっきあんなに・・・」

「まゆみ、大好きだよ!死ぬまで抱いてやる!」

「あたしも、いっくん大好き!でも、おばさんだよ!いいの?いいの?」

「関係ねえよ!」

口を塞ぐようにキスをした。
オレと彼女は体中を舐め尽くし、また繋がった。
結局、飯もろくに食べずに2日間セックスしまくった。
太陽が黄色になるって本当だと思った。
2人とも休み明けは日勤だった。
ヘロヘロだったが、夜、彼女の家でまたセックスをした。
いつまでの関係かわからないけど、飽きるまで続けようと思う。