友人にアングラ雑誌の編集者がいる。
芸能裏話とか風俗体験談とか、アングラ系の話題を取り扱ってる雑誌。
そいつも含めて友人連中と飲んでた時に、『別れさせ屋』と同じく、『落とし屋』がいるっていう話題があがった。
別れさせ屋の派生版みたいなもので、どんな相手でも落として変えることができる、みたいな人材らしい・・・。
そんなの需要あるのかとか思ったけど、寝取られ願望を持ってる奴をはじめ、憧れてる女、手が届かない女、自分が付き合えそうにない女、彼氏持ち、そういった女のセックスやハメ撮りを見たいって人間は多くて、そういった人種の嗜好を満足させるために存在してるらしい。
ハメ撮りを提供したり、実際のセックスを覗かせたりしてくれるってことだった。
ただ雑誌社の友人が話の種に見せた名刺には、実際『落とし屋』って肩書きが書かれてる。

もちろん全員が眉唾ものだった。
そんな業種があるのも初耳だし、ネットで検索しても全く出てこない。
ただ俺も含めて全員が酔ってて、「なんだったらこの中でじゃんけんで負けた奴の彼女か妻を落としてもらおうぜ」みたいな話題になった。
雑誌の編集者の友人だけが、「そういう社会の奴って仕事の結果が名刺代わりだから、きっちり仕事遂行する。遊び半分、冗談半分ならマジでやめたほうがいい」みたいに忠告してくれたけど、酔った勢いもあって依頼することにした。
もちろん実際に落とせるとは思ってなかったし、(どうせ詐欺だろ、それ)とか思ってて。

前金を全員で割り勘して、じゃんけんで負けた奴が落とす相手を指定することになって、じゃんけんで負けたのは俺だった。
その時、かなり酔ってたから落として欲しい相手が思い浮かばなくて、嫁をハメ撮りしてもらうことを選んだ。

俺は33歳、嫁の園子は28歳、結婚して5年。
もともと裕福な家庭のお嬢様で、まだ若いときに結婚ということで、かなり反対された。
家はかなり厳しく、貞操観念もしっかりしてて、園子は俺と結婚するまでバージンで、結婚してからも幼い頃から貞操観念をしっかりさせられてたせいかセックスは苦手みたいで、エロいものは悪いもの、ダメなもの、みたいに考えてる。
良く言えば純粋、悪く言えば世間知らず。

酔った勢いもあったし、そんな堅い嫁の痴態を見れるものなら見たいと思っていたこともあったかもしれない。
ただ本気で落とし屋が仕事をするとは思っていなかった。
ノリで飲みの席で依頼しただけ。

そして、そのことをすっかり忘れてた2ヶ月後に俺宛に手紙が届いた。
送り主が書いてない封筒の中には3枚のDVDが入っていた。
簡素なDVDの表紙には、それぞれ園子の名前と日付。
それ見て、『落とし屋』のこと思い出した。
ただ園子の態度は変わってないし、いつも通り過ごしてる。
日付の日は普通の平日だから俺は仕事だったし、帰っても園子が普通に出迎えてくれたと思う。

(・・・まさか本気で落とされてないよな)

ちょっと心配だったけど、結局落とせずに、ただDVDを送ってきただけだろうって思ってた。
で、今度仲間うちで飲むときに笑い話になるって思ってた。

とりあえず12日、一番古い日付のDVDを再生することにした。

「はい、じゃあ浮気大好きな園子ちゃんのDVD、撮影しまーす」

「ほ、ホントに撮るの?」

DVDを再生したとき、心臓が止まりそうになった。
下着姿の園子が映ってる。
しかも・・・俺の部屋で、今DVDを観てる、この部屋で。
声はチャラそうな若者の声だった。
再生してても、こんな映像があるなんて信じられなかった。

「うん、撮るよ。この間のセックスの時に、ちょっと焦らしてあげたら約束してくれたよね?『エッチな動画を撮影させるから、イカせて』って?」

「だ、だって・・・」

「それとも園子ちゃんは、俺ともうセックスできなくていいんだ?」

「そ、それは・・・困る・・・けど・・・」

「だよね、浮気セックス大好きだもんね、園子ちゃん」

「・・・うん」

2人の会話に頭が真っ白になる。
こんな動画を撮らせてるってことは・・・これが初めてじゃないってことで、もうこの時すでに園子は・・・見知らぬ声の主に抱かれてるってことで。

「今から俺と浮気セックスするつもりなんだよね?」

「・・・うん」

「じゃあ、ちゃんと旦那さんに謝らないといけないよね。旦那さんがこの動画を観ると思って、ちゃんと言って」

「で、でも・・・そんなの恥ずかしくて言えないよ・・・」

「大丈夫、俺しか見ないから。あ、言わないなら俺、このまま帰っちゃおっかな?」

「ぁぁ・・・」

園子が悲しそうな表情を浮かべた。
その表情に目の前が真っ暗になる。

「じゃあ言って。言ったらご褒美に、たくさん園子ちゃんのこと気持ちよくしてあげるから」

耳鳴りがする、聞きたくない・・・。
だけど、このまま再生を止めることも出来なくて・・・。

「ごめんね、辰雄さん・・・私、今から・・・ここで、浮気セックスをします・・・」

画面から視線を逸らしながら、罪悪感、だけどそれ以上に興奮してる表情で園子は言った。

「へぇ・・・旦那さんは園子のために仕事頑張ってるのに、園子は浮気セックスして欲しいからって、そんなスケベなこと言っちゃうんだ?」

「だ、だって・・・命令されたから・・・」

カメラから視線を外して、園子が罪悪感にまみれたような表情をしてた。

「そっかぁ、命令してごめんね。でも、園子ちゃんもエロいこと言わされて発情してるでしょ?」

「そ、そんなこと・・・ないよ・・・?」

「だったらカメラの前におまんこ見せてみて?」

「だ、だめ・・・だって、そんなの恥ずかしすぎるから・・・」

強要するように男の声が黙ると・・・園子は・・・。

「・・・恥ずかしいけど・・・見せる、から・・・」

そう言って、最後に園子の身体を隠してたものまで脱いで、俺以外の男の前で裸になった。
ベッドに座って足を広げてアソコを見えやすくして、アップで園子のアソコが映し出される。
落とし屋なんてものも、浮気してるのも信じられないし、園子が・・・録画されてるのに、こんなエロいポーズをしてるのも信じられない。

「ほら、これが浮気セックスで発情した園子のおまんこでーす」

大胆に足がだらしなく広げられて、触られてもいないのに濡れてるアソコがカメラにアップになる。

「はぁっ・・・ぁっ・・・だめっ・・・だめぇっ・・・」

「触ってもいないのに濡れちゃうほど、浮気セックス大好きな女になっちゃいました」

「ううんっ・・・違うのにっ・・・そんなんじゃ、ないのに・・・」

言葉とは裏腹に、まるでセックスするのを、気持ちよくされるのを待ってるみたいに園子は足を広げ続けてて・・・。
目の前の光景が信じられなかった。
そして・・・あっさりと男がのしかかって園子の中に・・・俺以外のモノが入っていく。

「また浮気セックスしちゃったね。ほら、旦那さんに謝んないと」

「ごめん、なさいっ・・・あなた以外のおちんちんっ・・・入ってますっ・・・」

「違うよね?前に教えたよね?おちんちんじゃなくて、チンポって言うようにって」

「っ・・・ぁああああ・・・そん、なっ・・・」

だけど、卑猥な命令をされて園子は喜んでた。

「ごめんなさい・・・2本目のチンポっ・・・おまんこに入ってますっ・・・」

「よく出来ました、続けて?」

「んんっ・・・ぁっ・・・はぁっ・・・ぁあああっ・・・今からっ、生、ハメっ、子作りセックスにっ、入りますっ・・・」

「ふーん、浮気セックスなのに、中出しされる気まんまんなんだ?」

「ぁっ・・・だ、だってっ・・・いつも中で出すから・・・」

またハンマーで頭を殴られたような衝撃を受けた。

(俺が知らない間に園子は別の男に・・・中で出されてる)

吐きそうになった。
そんな俺とは正反対に、自分の欲望を表現して園子は興奮して乱れまくってて・・・。
色んな体位で挿れられて、動かれるたびに喘いで、感じまくって・・・。

「園子ちゃんがエロすぎるから、もう射精しそうになっちゃった。いいおまんこだね~」

「ぁっ・・・そ、そんなっ・・・恥ずかしいっ・・・」

「じゃあそろそろ園子ちゃんが大好きな中出しをキメてあげるね」

そして園子の中が激しく突き上げられて・・・。

「んんんんんんんっ!あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!」

見たことのない声、見たことのない表情で園子が乱れて・・・最後に思い切り激しく奥を突き上げられて・・・男の精液を受け止めた。
抵抗はしていない。
とろんとした表情、セックスの余韻に浸るような表情で園子は精液を受け止めてて・・・。
ぷつんと、やっとのことで1枚目のDVDは終わってくれた。
変な汗で体中がびっしょり濡れて、心臓がバクバク言っている。
ただ問題なのは・・・DVDがあと2枚もあるってことで。
1枚目のDVDを観ただけで正直、かなりショックだった。
園子が浮気してることもショックだったし、結婚してそれなりに経つ俺にも見せることない、させたことないことをさせてて。
プライドがボロボロになる、頭がガンガンする。
しかもDVDはまだ2枚も残っていると思うと・・・ショックだった。
だけど、これは自分が招いたことだし・・・園子が他にどんなことされてるのか、DVDにどんな内容が録画されてるか、観ずにはいられなかった。

2枚目のDVDを再生する。
2枚目はハメ撮りじゃなくて、隠し撮りみたいだった。
園子の部屋が映し出されて・・・そして、また心臓が凍りそうになる。
園子は胸は丸出し、ショーツだけしか着てなくて、大学生くらいの若い男に囲まれていた。

「これがお前が言ってた園子ちゃん?すっげー可愛いじゃん」

「可愛い顔して、自宅に男連れ込んでセックス三昧か。いい趣味してんね?」

「そ、そんなのじゃ、ないです・・・」

隠し撮りだからか乱れた音声・・・だけど、はっきりと俺の耳に届いている。
周囲を若い男に囲まれて、前のDVDと違って園子は少し怖がってる。
ニヤニヤと園子の身体を見る視線から自分の身体を隠している。

「でも園子ちゃん、浮気セックス大好きでしょ?出会ってから週3くらいで、2日に1回は浮気セックス楽しんでたもんね?」

「へぇ、そうは見えないけど、園子ちゃんって浮気セックスが大好きなどスケベなんだ?」

自分の痴態をばらされて、園子は泣きそうな表情になっていた。

「も、もう・・・そんなこと、言わないで・・・」

「じゃあ、もうやめとく?やっぱり浮気っていけないことだから、俺らとはもう会わないようにしたほうがいいよね?」

「・・・」

その言葉に園子は・・・悲しそうな表情を浮かべた。

「ごめんごめん、冗談だって。俺だってこれからも、こんな可愛い人妻とエッチしたいし」

「ぁ・・・」

安心させるように、前回のDVDの男が園子の頭を撫でると・・・園子の緊張が少し解けたみたいで・・・また嫉妬した。

「園子ちゃんのことだから、もうおまんこ濡れてるよね?」

「う、うん・・・濡れてる・・・」

「じゃあ、とりあえず最初は俺が園子ちゃんのこと気持ちよくしてあげる」

我が物顔で園子のベッドに座って、強引に抱き寄せる。

「足、開いて」

「で、でも・・・恥ずかしい・・・」

「大丈夫、今はパンツで隠れてるから。今は、だけど」

「・・・」

しばらく迷った後、園子は素直に抱きかかえられるようにして男の股の間に座って、足を広げた。

「じゃあ今日も園子ちゃんのこと、気持ちよくするね」

後ろから抱き締めるようにしながら、園子のショーツの中に手が潜り込んでいく。

「ぁっ・・・ぁああっ・・・だめぇっ・・・見ないでっ・・・」

周りの男達に見られながら、園子は手でアソコを刺激された。
園子のアソコに潜り込んだ手が生き物のように動いて、園子のアソコを弄って、刺激して・・・。
元々興奮してたんだと思う、園子はあっという間に気持ちよくなっていった。

「んんんっ・・・ぁっ、あっ、はぁっ・・・んんっ、んんんっ・・・」

エロい喘ぎ声を出して、とろんとした顔つき、快楽に没頭してる顔つきになっている。

「見られてるのに感じてるんだ?」

「人妻なのに、可愛い顔して、どんだけスケベなんだよ」

「だめぇっ・・・言わないでっ・・・」

恥じらいながらも腰がビクビク震えて、落ち着きがなくなってて・・・もうイキそうなんだってことが画面越しの俺にまで伝わる。
だけど・・・園子のアソコを弄ってる手が、突然止まった。

「んんっ・・・ぁっ・・・はぁっ・・・どうして・・・?」

切なそうに息を乱しながら園子は聞いていた。

「こんなにたくさんチンポがあるのに、手でイッたら勿体ないでしょ?」

「ぁああっ・・・そんなっ・・・」

「ほら、ちゃんとおねだりして、全員のチンポで気持ちよくしてもらお?」

「で、でも・・・おねだり・・・なんて・・・」

園子は耳元で何かを囁かれてて・・・その後、恥じらいながら、躊躇いながら、おねだりの言葉を口にした。

「わ、私は・・・浮気セックスが大好きな人妻です・・・今日も夫がいないから・・・自宅に男の子を連れ込んで・・・浮気セックスするつもりです・・・ぁああっ・・・も、もう言えないっ・・・」

「ふーん、じゃあチンポはハメてもらわなくてもいいの?ちゃんと言えなかったら、チンポは、なしだよ?」

「っ・・・そ、それは・・・」

また泣きそうな顔をしながら、興奮して・・・園子は言葉を続けた。

「浮気セックスが大好きな私に・・・みんなのチンポでたくさん中出しして下さい・・・パパが・・・パパが誰かわからない赤ちゃん・・・妊娠させて下さいっ・・・」

可愛い清純な顔が・・・発情した女の顔、発情した雌の顔に変わって中出しをせがんでた。

「エロすぎだろ」

「可愛い顔して、そんなこと言うなんて、マジで女って怖いねー」

「じゃあ全員で園子ちゃんのおまんこ、使ってあげるね」

そして初対面の大学生くらいの男たちに、代わる代わる身体を使われて、中出しされて、精液をかけられていく。
その度に園子は乱れて、イッて、中出しだけじゃなくて顔にも精液をかけられて、完全におもちゃ扱いされた。

「うわ、風俗嬢でもこんなにザーメンまみれになることねーよ」

「企画モノAVくらいじゃね?」

「はぁっ・・・はぁっ・・・んんんっ・・・」

「ちなみに園子ちゃん、2ヶ月前まで経験人数は旦那さん1人だったんだぜ」

「ぁあああっ・・・」

園子が心から恥じらうような表情になって・・・周りの男達が園子を使って盛り上がる。

「そっかぁ、園子ちゃん、純粋だから悪い男に引っかかっちゃったねー」

「浮気セックスの楽しさも教えてもらえたから、もう戻れないよ?」

「これからはどスケベ人妻として、毎日たくさん俺達のおもちゃにしてあげるから」

「童貞の奴も連れてきて、園子ちゃんで筆おろしさせてやろうぜ」

「そのうちマジで経験人数が3桁になっちゃうかもね」

「だ、だめっ・・・そんなこと・・・言わないで下さいっ・・・」

園子は泣きそうな顔しながらも・・・興奮して、発情している。
それが画面越しからでも伝わってくる。
表面上は取り繕っていても、溜め込まれた性欲が開放されて、止まらなくなってて。
それからもさんざん男達に中出しされて、精液をぶっかけられて、言葉責めをされて・・・園子は興奮していた。

「じゃあ、そろそろアフターピルあげるからね」

1人の奴が錠剤を開けて、チンポの上に乗せた。

「はい、園子ちゃん、あーん」

園子の方にチンポごと突き出す。

「ぁあああっ・・・」

女に対する屈辱的な行為、だけど開発された園子は恥じらいながらも興奮して、チンポごとアフターピルを飲んだ。
そして・・・そのままフェラを始めた。

「うわ、本気でスケベになりすぎ。誰も『フェラしろ』なんて命令してないけど」

そう言って園子の痴態に興奮したのか、別の男が四つん這いでフェラしている園子の後ろに回って、バックからまた犯し始めた。

「アフターピル飲んでも、これだけ中出しされたら、マジで父親が誰かわかんない子、妊娠しちゃうかもな」

「それにしても、つい2ヶ月前までは旦那さんしか知らないおまんこだったのに、あっという間に経験人数が片手じゃ足りなくなっちゃったね」

「次にやるときは、余裕で2桁超えちゃうね?」

好き勝手に言われて・・・なのに園子は興奮しながらフェラを続けていた。
目の前の映像が信じられない。
AVみたいなシチュエーションに園子が陥ってるなんて、どんな悪夢だって思った。
そして、終わったと思った輪姦は・・・まだ続いた。
1枚目とは比べ物にならないほど長い・・・もう観てられなかった。
2枚目を停止して・・・3枚目は、観れなかった。
2枚目であれだけ輪姦されて中出しされて、女としてあり得ない扱いをされて。
3枚目なんて想像もしたくない。
DVDを折り曲げ読み込めなくして、雑誌編集者の友人に相談した。

「向こうも仕事だから、きっちり報酬を渡して、これ以上は連絡すればやらないと思う。俺の方からもコンタクトを取ってやめさせるから」

それ以来、落とし屋から連絡は来ない。
酔ったノリで「妻の痴態が見たい」なんてことをアングラ業者に頼んで死ぬほど後悔した。
ただ園子は、犯されたその日も、その後も・・・表面上は全く変わらなかった。
俺が鈍いだけかもしれないけど。
今でも園子とは普通に夫婦をやっている。