去年の夏のことです。
とある出会い系サイトで知り合った、22歳の娘への中出し報告です。

その娘は年齢が22歳、身長は153cmと小柄で、しかも体重は31kgと超ガリガリです。
小顔で目もパッチリ、めちゃくちゃ可愛いです。
服装ににもよりますが、後ろ姿は本当に小学生です。

ガリ好きの俺にとっては願ってもない出会いでした。
少し前まで彼氏もいたようですが、彼氏はガリ好きではなかったらしく、別れたようでした。
俺には妻子がいます。
上の娘は19歳なので、彼女とはそんなに変わらないです。
俺は45歳。
話を聞くと、彼女が小学生の頃、38歳で父親が病気で亡くなったとかで、少しファザコンの気があったのかもしれませんね。
俺はロリコンが入ってるし、メールのやり取りから会ってエッチするまで、そんなに回数はかかりませんでした。

服を脱がすと、思った通りの超ガリガリで、あばら骨がクッキリ浮き上がっています。
あそこもピンク色で小陰唇は小さく陰毛も薄く、まるで小学生です。
胸もAカップ以下で乳首も小さく、これも小学生です。

彼女を全裸にして、ベッドにM字開脚で座らせます。
自らオマンコを両手で広げさせて、俺は少し離れたところから眺めるのです。
その後、軽くクリトリスを愛撫して、膣に中指を挿入すると彼女は「アッゥ」と小さな声を漏らし、目を閉じて感じているようです。

「目を開いて見てごらん」と言うと彼女はゆっくり目を開け、小さな声で「恥ずかしい」と首を横に向けました。

しかし、言葉とは裏腹に彼女のオマンコからは一段と愛液が溢れてくるのが分かりました。
俺の一物の先からも透明なカウパーが出ています。
一物の先端を彼女の顔に近づけると、小さな口をすぼめて俺のカウパーを吸い始めます。
俺は一物をビックビックとさせ、さらに透明の液を絞り出します。
彼女は尿道口に舌先を差し込んで美味しそうに飲み込んでくれます。

お互い十分に潤ったところで、いよいよ挿入です。
もちろん生で挿入しますが、入り口自体が小さく、なかなかすんなり入りません。
しかし入れると、もちろん締まり具合は最高です。
膣も狭く、最初の頃はかなり痛がっているようでした。
細いウエストをガッチリ掴み、奥深くまで挿入すると、子宮口に先端が当たるのがわかります。
騎乗位では下から、細い体に浮き上がったアバラを撫で、小さな胸と乳首を愛撫します。
上体を起こして対座位になり、両手で彼女の骨盤を掴んで一物で子宮口をグリグリと掻き回すようにすると、彼女は甲高い声で「ダメダメ」と叫ぶようにイッてしまいます。
フィニッシュは正常位で。
彼女の細いウエストをしっかり抱き締め、もちろん中出しです。
彼女に中出しをしている時は最高に気持ちいいです。
ゆっくりと一物を抜くと大量の精子が少しずつ彼女の小さなオマンコから出てきます。
彼女はぐったりしているので、それを眺めているひと時も至福の時間です。
少し休憩して、2回戦も中に出して、シャワーを浴びてホテルを後にします。

半年以上付き合っていますが、エッチする時はいつも中出しです。
最近は陰毛を全部剃って、ツルツルのパイパンにしています。
なので、まるで本当の小学生とエッチしているような気分になれて本当に最高です。
今のところ、中出ししても妊娠の心配はありません。
痩せ過ぎているせいか、彼女は生理が来ないのです。

「もう1年以上、生理がない」と言っています。

もし生理が来て妊娠したら、彼女と一緒に暮らすつもりです。
彼女も、こんなに年が離れた俺と一緒に暮らしたいと言ってくれます。
でも、やはり無理があるでしょうね。
会えるのは月に2、3度ですが、今はこの娘を大切にしていこうと思います。