知人(T)のアパートに貸りていたCDを返しに行くと、そこには初めて見るTの彼女がいた。
電話では1人だと言っていたが、彼女が急に来たようだ。
CDを渡して帰ろうとすると、せっかくだから上がって行くように言われ、上がった。
すぐにTの電話が鳴り、Tは俺に謝りながら外へ出た。
すると彼女はビールを出してくれた。
運転があるからと断ると、1本だけ飲んで、酔いが醒めたら帰ればいい言われ、強引に飲まされた。
彼女は飲みっぷりが良く、俺が500mlの缶を飲み切る間にチューハイ3本を空けた。
時間にして10分足らずで、出身は秋田だと言う。

次第に愚痴が始まった。
Tは最近、電話が来ては外に行き、長電話すると。
そこそこ可愛い彼女の愚痴を聞きながら2本目のビールをいただいた。
時間にしてだいたい20分くらいかな。
彼女はケロッとチューハイを5本空け、今度は焼酎飲みだした。
ビールは瓶しか飲まないそうだ。

30分後、俺も焼酎をいただいた。
俺は水割り、彼女はロックで数杯。
まだまだ元気な彼女。

そんな彼女がついにトイレへ。
部屋を軽く物色すると、コンドームを発見。
パッケージには『S』の表記が。
前にチラッとトイレで勃ってないTのが見えたことがあるが、めちゃ小さかったのを思い出した。
Tは勃っても小さいらしい。

彼女はトイレから戻るが、Tが戻る気配はなし。
軽い下ネタを振るつもりで、Tと週に何回してるか聞いてみた。
3日に1回くらいらしい。
下ネタに喜んでるように見えるから、もう一つ振る。
小声で、「Tって小さいでしょ?」と聞いた。
彼女は笑いながら、「何で知ってるの!見たことあるの?」と食い付いてきた。

「トイレでチラッとね、勃ってないけど小さく見えた」と言い、笑いながら、「Tの気持ちいい?」と聞いた。

彼女は「本人には秘密だよ!」と言ってから、「あんまり」と答えた。

「たぶん浮気してるだろーし、最悪!」

彼女のイライラが見える。
俺は勝負に出た。
彼女の目を見て言った。

「俺ならTより気持ち良く出来ると思うなー」

一瞬固まり、そして俺にくっついてきた。
耳元で「ホントに?」と言われたとき、下半身に血が集まるのがわかった。
ズボンの上からサーっと撫でられ、耳元で・・・。

「おっきくなってきてるでしょ?したいね。なんか興奮してきた」

とか言われ、もう限界だった。
おっぱいにタッチした。
ディープキスをされた。
押し倒した。
すると耳元で、「今日はダーメ」の一言が。
しかしその手は俺の陰毛をカリカリ。

「スゴくおっきぃ、Tのチンチンの倍あるよ」

耳元で言われ、耳を舐められた。
やりたくて頭がおかしくなりそうだった。
彼女のスウェットからパンツの中へ手を入れた。
ちゃんとぐちゃぐちゃだった。
弄ろうとすると頭を掴まれて、優しく頭突きをされた。
優しい頭突きの後に耳元で言われた。

「触られたら我慢出来なくなるでしょ。後でね」

そして連絡先の交換をした。
彼女はトイレへ行った。
そこへTが謝りながら戻ってきた。

「わりぃーな、急用で」とか言ってたけど、あんまり覚えてない。

俺は彼女が戻ると、入れ代わりでトイレへ。
トイレのドアを閉める前に声がした。

「電話、誰?」

「別にいいだろ、あー、うぜぇ」

「はぁ?」

俺はドア閉めた。
まだ口喧嘩が聞こえてくる。
Tは遊び人だし、浮気しないわけがない。
タッキーみたいな顔だからモテないわけがない。
身長は低いけど。
160cm弱くらいか?
チンコより身長よりツラだろ?
彼女はガッキーを幼くした感じ。

トイレから出ると、「出てく」「どーぞどーぞ」「ばかっ!」のやりとりの後、玄関が閉まる音がした。
そしてTがトイレへ来た。

「わりぃ、変なとこ見せて」

「お、おう、じゃーな」くらいしか言えない。

外へ出ると彼女がいた。

「待ってた」

そう言って抱きつかれた。
頭を撫でると涙が見えた。
とりあえず俺の車まで歩いた。
車に乗るとディープキスをされた。
近いし、俺のアパートへ。
車の中では無言。
沈黙にドキドキした。

部屋に着き、入る。
手を取りベッドに直行。
脱がし脱がされ、すっぽんぽん。
俺が馬乗りになって耳、首と舐めると、喘ぎながら「舐めたい」と嫌がる。
力任せに押さえつけて舐め続けた。
諦めたのか、暴れなくなって喘ぎ声になった。
でも力を抜くと、彼女の手はすぐにチンコへ。

今度は彼女が上に乗り69。
彼女の口が小さいせいか、俺のが大きいせいか、とても大変そう。
まずは騎乗位で。
カリまで入ると痛そうだ。
すごく締まる。
正常位に変更。
なんとか半分くらい入った。
そこからは、イッてイカせての連続。
抜かずの4発とかしてしまった。
俺も若いな。
ピルを飲んでると言うので助かった。

しかし俺が寝ている間に彼女はどこかへ行ってしまった。
以来、会うこともない。