東京の郊外の住宅地から東京の中心地に向かって走っている電車。
大きな乗り換えの駅に着くまで、駅に着くたびに人が乗り込み、もう人は入りきらないと思うのにぎゅうぎゅうに押し込められて、体が動かないほどに混んできます。
でも痴漢が少ない路線ですから、女性でも安心して乗れます。

でも、私にはそれが不満でした。

毎朝一緒になる、名前も知らない彼が気になりだしました。
彼の近くに乗るように努めました。

ある日、彼と向かい合って、抱き締められるようにくっつくことが出来ました。
彼のカバンを持つ手が私あそこに当たりました。
彼が気にして動かそうとすると、私は感じて、「あん」と声が出てしまいました。
痴漢に間違えられたら困ると思ったのか、彼の手は動かなくなってしまい、ちょっと残念でした。

次の日は裾が拡がったミニのスカートに素足で、ジャケットの下は胸元の大きく開いた丈の短いTシャツを着ました。
また彼に向かい合うようにくっついて乗ることが出来ました。
彼は両手を横に付けていました。
彼の右足を私の両足が挟むように足を動かしました。
自分のあそこを彼の太股に押しつけると電車の揺れで動いた感じが気持ちよくて、少し感じながら胸を彼の腕に押しつけました。
彼のアレがムクムクと大きくなっていくのがわかります。
だんだん熱く硬くなってくるのを右足の太股で感じました。

カバンを持ってない彼の右手が私のお尻に周り、お尻のふくらみの上に手を置きました。
時々動かしたりしても私が拒否をせず、小さい声で「あん」と言って感じているので、次第に力を入れてぎゅっと握ってくれました。

次の日、ブラはフロントホックにしました。
昨日と同じ体勢になって彼に密着しました。
フロントホックを外して、彼の手をシャツの中の乳房に導きました。
彼は最初は戸惑ったようでしたが、強く優しく揉んでもらえました。
私のあそこはびしょびしょで、会社に着いてからすぐにトイレでオナニーをしてしまいました。

次の日はTバックを穿いて、彼の手をスカートの中に導きました。
彼はそれを待っていたかのように、細いパンツを横に押しやり、茂みをかき分け、びしょびしょのあそこに指を入れたりしながら、クリを優しく素早い指の動きで激しく擦って、乗り換えの駅までの40分間に何度もイカせてくれました。
私は想像以上にテクニシャンな彼に満足しました。

最近は彼に弄ばれている私を見て他の男性も触ってくれるようになり、私の周りだけ痴漢列車になりました。
毎日、複数の手が、胸、お尻、あそこを触ってくれます。
左右の乳房を触る手が違います。
左右のお尻を触る手が違います。
クリと中を触る手が違います。
違う触り方を一度にされると、狂ったように感じてしまいます。

毎日、会社に行く前に濡れた下着を綺麗な下着に穿き替えます。
私のあそこはいつも、太股までいやらしい汁で汚れています。