1年前に店を閉じたスナックでの話です。

僕のアパートへの帰り道にそのスナックはありました。
順子という名前の40歳に近い年のタイ人のママがやっていたのです。
顔の感じは女優の沢たまきさんに似ていて、胸は貧乳ですが、僕好みのツンと上がったムッチリしたお尻をしていました。
自分でもお尻がチャームポイントと知ってるのか、いつもピッチりとしたタイトスカートかバンタロン風のズボンを穿いていました。
値段は結構高く、万札を持ってないと行けませんでした。
だから飲みに行くのは月に1回くらいのペースでした。

そんなある雨の降る夜のこと。
パチンコを閉店まで粘って少し勝たせてもらった日、さて帰るかなと思ってブラブラ歩いていると、何やら店の前で2人の男女が揉み合っています。
よく見ると、順子ママと僕より太った中年男性。
すぐさま間に入って話を聞くと、中年男性が散々飲んだり食べたり歌ったりして、お勘定になると「お金がない」と言い出したようで、その上、開き直って謝りもしないとのこと。
さすがにママもキレてしまったとのことです。
僕はすぐに警察に電話して事情を話し、男を連れて行ってもらいました。
ママは最初は興奮して怒ってましたが、だんだん落ち着いてくると、「何かお礼がしたい」と言ってきました。

「別にいいよ、ママ」

なんて話してましたが、内心ママとエッチが出来たらと思っていましたので・・・。

「ママも疲れたでしょう、お店に入って休もうよ」

2人で店に入ってカウンターでビールを飲みながらママと話していると、ママはだいぶ疲れた様子です。

「今日はもう店を閉めたら?だいぶ疲れてるみたいだし」

「そうね、今日は佐々木さんと飲もうかな」

ママは看板の電気を消して鍵を掛けました。
戻って来たママにビールを注ぎながら、「疲れたみたいだから僕がマッサージしてあげるよ」と言って肩を揉み始めました。
ママは最初、「あ、いいわよ、佐々木さん」と言いましたが、気持ちがいいとみえてすぐに黙りました。
僕はすかさず肩から背中を揉み始めました。

「あー気持ちいい・・・ありがとう」

「ママ、立ってると揉みにくいから奥の座敷に行こうよ」

そう誘って奥の部屋に移動しました。
ママは僕に下心があるのを知ってか知らずか、部屋に入るなり僕の言うことを聞き、うつ伏せになりました。
僕はすぐさま上に乗り、肩から背中、腰へと移動して行きました。
僕の目の前に憧れのママの豊満なお尻があります。
僕は生唾を飲み、手を乗せました。
今日は薄いパンタロン風のズボン。
柔らかい弾力の感触が伝わってきました。

「あー、そこ気持ちいい、佐々木さんって上手ね」

ママは全く疑ってない様子です。
僕はそのまま足のつま先までマッサージをして、また腰に戻り・・・。

「ママ、少し脚を開いて。脚の付け根をマッサージするから。かなり凝ってるよ」

そう言うとママは脚を開きました。
僕はまず太腿の辺りを内側から指圧してみました。

「わぁ・・・効くわ・・・佐々木さん、悪いわね」

「いいよママ。じゃあ今度は身体の芯をマッサージするよ。ちょっといやらしい所を触るかも知れないけど気にしないでね。すぐ楽になるから」

僕は無言のママの股の付け根を揉み始めました。
するとママの脚が少しずつ開いて揉みやすくなりました。
これは感じてるなと思い、思い切って・・・。

「ママ、ズボンが邪魔なんだけど脱がしていい?」

そう聞くと、無言で首を振ってOKの合図です。
柔らかい布地のズボンなので難なく脱がせました。
すると中からムッチリとした肉付きのいいお尻が見えてきました。
小さい黒のパンティか凄くエロくて、僕は生唾を飲みました。
僕は股の付け根から指圧する真似をして、おまんこを親指で刺激し続けました。

ママも感じてきたのか、「あっあっ、あっいい。そこ」と小声で言い始めました。

僕は逸る気持ちを抑えながら、「マッサージしづらいから、これ取るね」と言って、ついにパンティに手を掛けました。

ママは無言ですが、少し腰を浮かせ脱がしやすくしてくれました。
僕はパンティをゆっくり脱がせました。
マシュマロのようなお尻です。
僕はお尻の肉をゆっくり揉みながら、開いたり閉じたりして揉みました。
脱がせたパンティはぐじょぐじょです。

「ママ、気持ちいいマッサージを始めるよ」

ママにそう話し、僕は開いたお尻の穴に舌を這わせました。
肛門の匂いを嗅ぎました。
ひとしきりお尻の穴の匂いを堪能してから人差し指をおまんこに少しずつ入れて刺激し続けました。
もうおまんこはビショビショです。
ママを仰向けにすると、顔を隠していますが抵抗しません。
僕はママのシャツをブラジャーごと捲り上げ、小さいけどピンと立った黒乳首を吸ったり噛んだり舌で転がしたりしました。

ママの息が荒くなってきたので僕もズボンを脱ぎ、69の体勢になりました。
すると顔を隠していたママが間髪入れずに僕のチンコにしゃぶりついてきました。
僕も、ママの硬くなったクリトリスを指で刺激しながら舌をおまんこの奥のまで入れ、かなりしょっぱい愛液を飲みました。

そしてママがイッたのを確認して、すかさずバックから挿入。
激しく突きました。
ママはタイ語で何か言いながら、「あーあっあっ」と嗚咽を漏らしていました。
そして正常位でもう一度挿入。
弾力のあるお尻を触りながら激しくピストン運動をしました。
ママも僕も汗だらけです。

事が終わりグッタリしているとママが、「お礼にしてはやり過ぎたかな?」と言って照れたように笑いました。