高速バスって、狭いとかそういうマイナスイメージを持ってるかもしれないけど、可愛い女の子と堂々と密着できたりするのでオレは好き。
だってそのくらいしか、オレ好みの10代の女の子と接することが出来るスポットなんてないもん。
なので出張のときはいつも新幹線じゃなくて高速バスを手配。

今年の夏に乗った高速バスが最高だった。
隣は制服が似合う年代の女の子。
夏だから、かなり薄着で、タンクトップの上にシャツを羽織ってるのみ。
ちらちらと横目で見たら本当に可愛い。
それにデオドラントの匂いが薄っすらするのもオレ的にはポイントが高い。
青春の匂いだ。

オレが隣に座っても、その女の子は警戒してないっぽい。
可愛い子なのでお近づきになりたくて、バッグの中からチョコを取り出して、「良かったらひとつどう?」みたいに声をかけた。

「え?あ、ありがとうございます」

ちょっと驚きながらも可愛い笑顔で受け取ってくれた。
その時、軽く肩に触れて、年甲斐もなく照れた。
女の子もふふって笑った。

チョコきっかけで、ちょっと話をした。
転校した友達のところに遊びに行くから高速バスを使ったとか、できれば新幹線が良かったけどお小遣いが少ないからとか、そんな感じの初々しい話題。
お菓子効果もあって親近感を持ってくれて話が弾んだ。
でも、さすがに長丁場は持たず、どちらともなく沈黙。
とは言え、可愛い女の子の笑顔が堪能できてオレは嬉しかった。
テンションも上がった。

その後、安心したのか、オレの隣で彼女は熟睡。
すると、こっちにもたれかかってきた。
肩に感じる重みが心地いいし、デオドラントのいい匂いとシャンプーのいい匂い。

(可愛い女の子って、どうしてこんなにいい匂いがするんだろう?)

とか思ってふと見ると、タンクトップなので胸チラしてた。
胸チラどころか、ブラも乳首も見えてた。
まだおっぱいが小さくてブラのサイズが合ってないため、浮きブラ状態。
ピンクチェックのブラの裏地まで丸見え。
そこから乳首のピンク色が薄っすら見える。

クラっときた。
さっきまで話してた可愛い女の子がオレの肩にもたれかかって眠ってる。

(どれだけサービスしてくれるんだよ!)

ガン見してと勃起してきた。
オレの肩にもたれかかって、すぅすぅ・・・完全に寝てる。

ムラムラしてたまらなくなって、太ももにちょっと触れた。
まったく起きない。
汗ばんでる太もも、しかも若いムチムチの触り心地は最高。

たまらなくなって少しずつスカートの奥に入っていった。
夏だし、座りっぱなしだから中は蒸れている。
太ももの奥のほうはかなり汗ばんでいた。
スカートの中の空気と外の空気が違うのがはっきりわかってエロい。

ゆっくり、バレないように、パンツの上からアソコを触る。
可愛い顔して毛深いのか、パンツからマン毛がはみ出てるのがわかった。
そして、肝心な部分の柔らかさは最高だった。
パンツ越しにも弾力性のある、ぷにぷにしたおまんこ。
処理してないハミ毛具合からして、こんなに可愛いのに、まだ彼氏はいないっぽい。
起きる気配がないのをいいことに、その後も10分くらい女の子のスカートの中に手を突っ込んで、パンツ越しのアソコに手を密着させた。
もちろんピンクの乳首と可愛い寝顔を見ながら。

(もしもバージンだったら、この子のおまんこに初めてタッチしたのはオレだよな)

そんなバカな妄想をしながら興奮しまくった。
ただ、さすがにこの状態で起きられるとヤバいので、スカートの中に手を突っ込んでたのは10分くらい。
引き抜いて、指をクンクンすると、心なしか甘酸っぱい匂いがした。
後はその子が起きるまでピンクの乳首を見て過ごした。
バスが段差でガタンと揺れたとき、その子もびくんって起きて、俺の肩にもたれて眠っていたことに気付いた。

「あっ・・・すみません・・・重かったですか?」

申し訳なさそうにオレを見つめる表情は死ぬほど可愛かった。