高校時代、3年になって初めて智穂という娘と同じクラスになった。
智穂の容姿は、身長160cm未満で脚は細く、くびれたウエストにプリンとしたヒップをしていて、学校中のアイドルだった。
極めつけは、その細い体には明らかにアンバランスなデカい胸。
巨乳を超えた爆乳だった。
正面に突き出たロケットオッパイによってブラウスのボタンは左右に引っ張られるためキツくて第2ボタンまで留められないような状態で、開いた胸元には柔らかさと弾力を兼ね揃えてそうな2つのデカい胸と、それが形成するかなり深い谷間が窮屈そうに押し込まれていた。

そして俺はこのダイナマイトボディの爆乳娘を完全に独占していた。
授業中、夏服で薄着の智穂の爆乳や谷間、ブラウスから透けたブラなどを頻繁に見ていた。
俺の座席は窓側の最後尾で、智穂はその隣ということもあり、智穂も頻繁に身を乗り出しては俺の机に手をつき、ノートを覗いてきた。
そんな時の胸元は過激だった。
第2ボタンのはずされたブラウスの奥に吸い込まれそうになる深い谷間と、レースのブラを押し下げる2つのメロン!
毎授業、何回もこんなものを見せつけられ、そのたびに俺の股間は最大値まで膨張した。

そこで俺は1週間のオナ禁をし、退屈な授業で大胆な行動に出た。
いつも以上に至近距離まで寄ってノートを見る智穂の爆乳は水色のブラも透けており、オナ禁効果で早くも俺は勃起してしまった。
勃起した股間を指差すと、それに気付いた智穂の顔が赤らんだ。
さらに続いて智穂の胸を指差すと、智穂は片手を胸の谷間に持っていって隠そうとしているが、そんなもので隠れるようなサイズではない。
すると智穂は机上の俺のペンを取り出すと、なんとそれを谷間にグイグイと押し込んでいった。
そして俺の耳元で智穂が囁いた。

「今日の放課後、視聴覚室に来て」

そう言うと智穂は谷間からペンを取り出し、赤面したまま自分の席へと戻っていった。

放課後、生徒が下校し始め、視聴覚室前の廊下に人気がなくなったのを見計らい、俺は視聴覚室へ忍び込んだ。
立ちっぱなしだった下半身もようやく収まってきたのだが、智穂が入室してあの爆乳を目にするとピクッと反応した。

「ごめん・・・遅れちゃった」

智穂は胸を揺らしながら扉の鍵を閉めると、いきなりブラウスのボタンを外しながら近寄ってきた。
ブラウスを開けたブラ姿の智穂が目の前にいる。
智穂の爆乳は水色のブラに無理やり押し込まれた感じで、今にもこぼれそうになっており、いつも見えていた谷間付近の胸の肉は完全にブラからはみ出していた。

「私の胸・・・触ってみる?」

智穂は自分のロケットオッパイをさらに突き出し、挙句には俺の体にその爆乳を押し付けてきた。
俺は無意識のうちに智穂の爆乳を下から持ち上げる格好でブラの上から揉んでいた。
それは思っていた通り、張りがあるのに柔らかい、“爆乳デカメロンオッパイ”だった。

両脇から胸をたぷたぷと寄せながら柔らかさと弾力を兼ね備えた爆乳を揉みしだいていると、その上から智穂が思いっきり胸を寄せた。
次の瞬間、ブラのフロントホックが外れ、智穂の爆乳が揺れるように出てきた。
校内なので万一の時のためにブラウスは脱がないでいたが、フロントホックを外してブラを取ってくれた。
智穂の爆乳は全く垂れておらず、智穂の体の揺れの何倍もの大きさで、別の生き物のように揺れ動いた。
ブラの締め付けがなくなったせいか、下手したらバスケットボールサイズの爆乳オッパイが手の届く距離で揺れていた。

身長差を解消すべく2人で寄り添って椅子に座り、目の前の迫力満点の爆乳を揉みながら乳首に吸い付き、舌で転がした。
明らかに左乳首のほうが感度が良かったので、左を集中して責めまくった。

「私・・・左の乳首が特に感じるの・・・」

乱れた呼吸で囁かれ、そのまま思いっきり乳首にしゃぶりつくと、智穂の体がビクッビクッと痙攣し、すぐにイッてしまった。
俺は感度抜群の爆乳の感触を堪能し、オッパイ弄りでイッたばかりの智穂が落ち着くまで爆乳を触って待っていた。
すると呼吸を整え終わった智穂が椅子から降りて床に膝立ちになり、痛いくらいに勃起した俺のペニスを取り出した。

「智穂のオッパイでパイズリしてよ!」

「パイズリって胸で挟むヤツでしょ?今からやろうと思ってたとこ」

そう言うと智穂は、ペニスに唾液を垂らし、慣れた手つきで谷間に挟み込んだ。
すると完全に俺のモノは隠れて見えなくなった。
智穂のまるで生き物のように揺れ動く爆乳のパイズリ攻撃が始まった。
智穂はその爆乳をいきなり両脇から押し潰すように圧迫して、ペニスの根元まで包み込んだ。
そして智穂は両手の力を緩めることなく爆乳を持ち上げ、勢いよく上下に揺らし始めた。
智穂がパイズリする胸の動きに合わせて俺も勝手に腰を振ってしまうので、あっという間に限界が近づいた。

「パイズリはどんな感じ?」

「智穂のパイズリ最高・・・オッパイ気持ちいいよ」

「あッ、私も・・・オッパイが擦れてだんだん気持ちよく・・・あはぁ」

智穂のパイズリによる圧迫は緩むどころか強くなり、智穂は爆乳をブルンブルン激しく揺らしてパイズリしてきた。

「智穂・・・もぅ、出そう」

「イッていいよ・・・思いっきり出して」

智穂の手の上から一緒に爆乳ごと寄せまくり、俺は腰をカクカクさせた。
何回も振らなかったと思う。

「ち、智穂っ!」

1週間溜まった精液が爆乳の谷間に発射された。
だが智穂が爆乳を動かすと、今イッたばかりなのに再び谷間の中で暴れるように勃起した。

「あん・・・!オッパイの中でどんどん硬くなってる・・・」

智穂は肉棒を谷間から取り出し、精液をきれいに舐め取ると、下になる体勢で素股に挟み込み、太ももで強く圧迫してきた。
俺は腰を振りながらはち切れんばかりの爆乳に顔を押しつけ、片手では掴みきれない智穂の胸をこね回しながら左乳首に吸い付いた。
逃げるように体を半回転させて智穂が上になった。
もはや素股なのかどうかも分からなかった。
智穂が腰をくねらせると、顔よりデカい爆乳が暴れていた。
爆乳を鷲掴んで揉んだ後、乳首を吸って智穂の腰の動きに合わせて限界まで引っ張った。

「あん!そんなにオッパイ引っ張ったら・・・ちぎれちゃうよぉ・・・!」

「オッパイ・・・智穂のオッパイ、スゴいよ!ねぇ・・・最後はオッパイでイカせて」

「いいよ・・・」

ギンギンに勃起したペニスを智穂の谷間に挿し込んだ瞬間、脇から力いっぱい寄せられた爆乳で挟み潰された。
智穂は体と一緒に爆乳をユッサユッサ揺らしまくって、ズリズリと激しくパイズリしてきた。
激しく舌も絡め合ううち谷間のザーメンが泡立ってきて、智穂の爆乳の攻撃力はさらにレベルアップした。

「はぁん!思いっきりオッパイにぶちまけて!」

俺は立ち上がり、タプタプと波打つ爆乳にグリグリ挟まれながら高速ピストンした。
完全に智穂の胸の谷間に挟み込まれて、いくら腰を振っても爆乳に埋まった肉棒は見えてこない。
破壊力満点の智穂の爆乳によるパイズリに、もはや我慢の限界だった。
感度抜群の爆乳でパイズリしまくった智穂は先に自滅し、メロンサイズの智穂の爆乳に2度もパイズリ攻撃された俺も、智穂の爆乳の深い谷間の中で果てた。
谷間から飛び出した大量の精液は智穂の胸の上にも飛び散った。