セックスに狂い始めてます。
36歳、バツ1の女です。
相手は、自分の父と弟と、そして息子。

60歳の父とは、私が離婚して実家に帰って来た去年の9月から。
母は5年前に亡くなっているので、実家には父1人でしたから、中3になる息子と実家に帰って暮らすことには問題はありませんでした。

一番最初は実家に帰って1ヶ月、新しいパート先も決まって歓迎会をしてもらった夜でした。
少しだけしか飲んでないつもりでしたが結構酔っ払ってしまったみたいで、夜の11時過ぎに家に帰った時にはほとんど記憶がないくらい。
気が付くと2階の自分達の部屋ではなくて、1階の父達の寝室に寝かされてました。
しかも裸で、同じように裸の父の体にしがみつくように横になっていました。
驚きながら自分のあそこに違和感を覚えてそっと触ってみると濡れてて、それも精液が残ってる感じで・・・。
父は気持ち良さそうに寝てたけど、私が身じろぎすると目を覚まして私にキスしてきました。

「ひろみ、ありがとな、お父さんも愛してるよ」

そう言いながら私のあそこに触ってきました。
全然記憶になかったけど、父とセックスしてしまったみたいでした。

「・・・お父さん」

何か言おうとしたけど言葉も出て来なくて、それよりも父の指使いが上手で、私は感じてきてしまいました。
父が乳房を吸い、乳首を弄ってくれながら指でクリを弄り、私はただ気持ち良さに声を上げて・・・。
四つん這いになった私の体を父のペニスが後ろから貫いてきて、私はただお尻を振って応えていました。

「ひろみ、ひろみ」

父がペニスを激しく動かして射精しそうになった時に私も達して、父の名を呼びながらイッてしまいました。

「嬉しかったよ、俺のこと求めてきてくれて」

父が何回もキスしながら私の頭を愛おしそうに撫でてくれました。

最初のセックスは私の方から求めたみたいでした。
覚えてはいないけど、父とのさっきのセックスに私は満足してました。
小さい頃から父親っ子だった私です。
きっと無意識に父に求めたんだと思いました。
もう躊躇いはなくなって、父の萎えたペニスを口に含みました。
硬くなった父のペニスを自分のあそこに導き、父の体に跨がって迎え入れました。

「お父さん、お父さん!」

気持ち良くて、父の上でお尻を動かしながら何回もイッてしまいました。
朝まで父に抱かれて眠ってしまい、息子が起きだす前に慌てて身づくろいして、キッチンに立ちました。

「あれ、お母さん昨夜遅かったの?」

なんとか息子には気付かれずに済んだみたいでした。
それから毎晩のように父に抱かれました。

「もう働かなくていいよ、俺の面倒さえ見てくれれば」

プロポーズみたいなことを言われ、たった1ヶ月足らずでパートも辞めて、専業主婦(=父の妻)みたいになりました。
妊娠を怖がったのは父の方でしたが、私から求めて父とは避妊なんか考えずにセックスをしました。

そんな生活を送ってると、やっぱり息子も何かおかしいと思い始めたみたいで・・・。
ある日、夜中にセックスを終えて父の部屋から出てくるのを見られてしまいました。

「お母さん、何やってたの?」

どうやら父とセックスしてる時の声を聞かれたみたいで、階段の上がり際で腕を掴まれて詰問するように聞かれてしまいました。
父に聞こえるのが嫌で、息子の手を引くように息子の部屋に行きました。
部屋に入った途端、後ろから突き飛ばされるようにベッドに倒され、うつ伏せのままパジャマをずらされ、お尻を剥き出しにされてしまいました。

「やっぱり・・・。じいちゃんとしてたんだ、じいちゃんとセックスしてたんだ!」

体を押さえ付けられ、身動き出来ない私のあそこを息子の指が探るように触ってきました。
セックスしたばかりで、父に拭いてもらったとは言え、私のあそこは父の精液と自分の愛液で濡れて火照っていました。

「違うの、おじいちゃんとお母さん・・・」

「慰め合ってた?愛し合ってた?」

どう何を言っていいかも分からなくなりました。
父にも似てて大柄な170センチ近くある息子の体に押さえつけられ、だんだん息子の指もいやらしい動きになってきて、私は喘ぎ声を上げてしまいました。
息子が闇雲に突き入れようとするペニスが私のアヌスに突き刺さり、貫いてきました。
私はシーツを掴み、枕に噛みつくようにして、その痛みに呻いてしまいました。

「ママ!」

小さい頃に戻ったような呼び方で私のことを呼びながら、息子が私の中に精を放ってきました。
ぐったりとした重い体を私の背中に重ねながら息子が荒い息をついていましたが、私はアヌスを貫かれた痛みで呻いているだけでした。
そのまま体を重ねていると、息子のペニスが私の中でまた硬くなってきたのが分かりました。
息子が腰を打ち付けてくるように動かし始め、私も徐々に痛みだけじゃなくて、体の奥で動く息子のペニスを感じてるうちに、あそこが濡れてきてしまいました。

「気持ちいい、お母さん、気持ちいいよ、お母さんの中、あったかいよ」

腰を動かしながら言う息子の言葉に私も痛み以上に快感を感じ始め、お尻を動かすようになりました。

「ああ!お母さん!」

息子の熱い精液を感じて、私も息子の名前を呼びながら達してしまいました。

息子のペニスを膣に受け入れたのは、次の日の夕方でした。
いつもより早く帰って来た息子に求められて、息子のベッドで自分の方から体を開いてしまいました。
愛撫なんかされなくても、息子のキスと細い指が乳首に触れてきただけで、私のあそこは沸騰するように熱く濡れてしまってました。
息子のペニスは父のペニスにも負けない太さと硬さで、私は受け入れた瞬間から喘いでしまい、息子の体にしがみついてしまいました。

父とのセックスもやめられませんでした。
毎晩、私の中に2回も精を放ってくれる父とのセックスも好きなのに、その後、2階で待ちかねるように私の体を開いてくる息子とのセックスもやめられなくなりました。
15歳の息子の若さは凄くて、毎日ではないですが、夕方の2時間足らず、父が帰ってくるまでの間に私の中に射精しても、父がセックスした後は必ずまた私の体を抱きました。

そんな夕方の息子とのセックスを、弟に見られてしまいました。
昼間、結婚して隣町にいる弟から電話があって、会いたいって言われたので家に来るように言ったら、外で会いたいって言うので駅前で待ち合わせをしました。
駅前のロータリー迎えに来た弟の車に乗ると、なかなか話を始めなくて、山の方のスカイラインに向かいました。

「何?どうしたの?」

そう聞いても「後で」と言うだけで答えなくて、途中のラブホテルの前に来たら突然、ラブホテルの駐車場に入りました。

「なにしてんの?出てよ、こんなとこ」

そう言うと私の方を見つめてきて・・・。

「浩となんでセックスしてるの?自分の子供となんで?」

答えられなくて黙ってしまいました。

「浩とセックスするんだったら俺にもさせてくれよ」

2、3日前に実家にある自分の荷物を取りに来たとき、私と息子がセックスしてるのを見てしまったようでした。

「俺、姉ちゃんのことが昔から好きだったんだ」

見られてしまったことで何も言えなくなった私の肩を抱くようにして弟がそんなことを言いましたが、私はもう言いなりになるだけでした。
嫌なのに一緒にシャワーも浴びさせられ、弟はお風呂の中で私の体を散々弄ってきました。

「どう?浩のよりデカいだろ、俺のペニス」

私にフェラさせながら、いやらしいことばっかり喋ってました。
ベッドに連れて行かれてクンニされ、しつこく私の体中を舐め回してきました。

「浩なんかより感じさせてやるから」

私の体を横向きにさせて背中から抱くと、片足を抱え広げてペニスを挿入してきました。
確かに父よりも息子よりも長いペニスでした。
子宮まで突き上げてくるように動かしながら私のクリを弄り、攻め続けて来られるうちに、私ももう何も考えられなくなって、よがり声を上げて感じてしまいました。

「ほら、姉ちゃん、俺のペニスが姉ちゃんと繋がってるよ」

壁の鏡に2人が繋がってるあそこが映るようにしながら弟のペニスの動きが激しくなってきました。
もうされるままで、何か言われてたのに頭の中に入らなくて、弟の動きに合わせてお尻を揺すってしまいました。
私の中に射精し終わって抜き出したペニスを、また大きくなるまでフェラさせられました。
膝の上に抱え上げられ、下から突き上げるようにセックスされました。

「きついなぁ、姉ちゃんのここ、きつくていいよ、嫁さんのとえらい違う」

何度もキスしてきながら、そんなこと言って腰を激しく動かしてきました。
最後はまた正常位で、私の両足を自分の肩に抱えるようにして腰を激しく打ち付けて、私の体の奥深くに射精しました。

「姉ちゃん、週1回でいいからこれからもさせてよ」

イッてしまった私の体を嬲るように弄りながら弟がそう言ってきて、約束させられてしまいました。

それからも毎週平日の昼間、弟が私を迎えにやってくるようになりました。
父とはほぼ毎日、息子とも毎日。
多い時は夕方に1回、私が父と済ませてからもう1回、そんな生活になってしまいました。
嫌ではありません。
弟のなぶるようなセックスでも感じてしまうようになり、父とのセックスは優しくて、若い息子の荒々しいセックスも好きです。
私のあそこは父と弟、そして息子の精液でいつもいっぱい。

当然ですが・・・妊娠してしまいました。
誰の子供か分かりません。
まだ誰にも言ってません。
ただ、もう少し、セックスに狂っていたいです。