あれは私が高校に行き始めた頃でした。
共働きの両親は昼間は家にいません。
春らしい暖かい日の昼間・・・その日は帰宅が早く、家には私1人でした。
チャイムが鳴ったので出ると、宅配便の届け物だと。

「ご両親はいますか?」

「今はいません」

「じゃあ代わりにサインを」

「わかりました」

すっかり宅配便だと思い込み、油断してました。
まさかあんな事になるなんて・・・。

玄関を開けると1人の男性が押し入ってきました。
その手にはナイフ。
声も出せないくらいショック状態でした。
男はすぐに玄関を閉め、「騒いだら殺す」と脅します。

「部屋へ行け」

2階の部屋に行かされました。
部屋に入ると男はニヤニヤと気持ち悪い笑顔を見せて・・・。

「処女だろ?たっぷり楽しませろよ。前から見てたんだ」

男は私の着ていた服を容赦なく破き裂きました。

「いやぁいやぁ・・・!!」

「お前の裸・・・楽しみだ」

ズルっと穿いていたスカートを下ろされました。
私は怖くて声も出ずただただ・・・泣きわめくだけでした。
下着も無惨に引きちぎられ、とうとう裸に。

「楽しみだ」

男は私の手を縛りあげました。
ギャァギャァと泣く私の口を押さえつけ、ベロベロと乳首に吸いつきます。
必死で仰け反りますが、どんどん男に有利な体勢になっていきます。
両方の乳首を執拗に吸い上げ、またおっぱいを揉みながら音を立てて吸うのです。
男は私の体を弄んでいました。
汚い舌が、お腹からおへそと下がり、ついにアソコへ。
男は足を持ち上げ、ガバッと開き、アソコが丸見えになりました。

「もういや!!お願い、いやぁ」

「綺麗なマンコじゃねぇか!!」

男は私のアソコを見て喜んでいました。
抵抗も虚しくアソコをベロベロと男の舌で弄られます。
広げられ、クリトリスを無理やり剥かれ、吸われると、嫌でも感じてしまいビクビクと反応します。
男はニヤニヤと笑い、さらにクリトリスを吸います。

「気持ちいいだろぉ」

そしてアソコの中に舌を入れ、グリグリと舐め回します。
さらにお尻の穴までもベロベロと・・・。
私はもう抵抗するよりも、ただ耐えているのに近い状態でした。
舌が離れ、解放されたかと思ったのも束の間・・・。
男はズボンのベルトとファスナーをカチャカチャと外すと一気に下ろし、オチンチンを出しました。
大人のオチンチンを初めて見た私は、今から起こるであろうことが分かり、恐怖し、再び泣き叫びました。

「無理です!いや!ダメです!!」

「ちょっとだけ我慢しろよ。そのうち良くなるから」

男のオチンチンは異様に太く、(こんなものが入れられるの!?)と絶望感じでいっぱいになりました。
男はオチンチンの先にツバを沢山つけました。
そして私のアソコにもツバを・・・。

「ハメてやるから力抜け!!」

「いや・・・いやぁぁぁ」

「ほら・・・先っちょ当たってるだろ。一気に行くぞ!!」

「ぎゃあぁぁぁ!!」

私は呆気なく男に貫かれました。

「あ~、マンコは最高だぁ。絡みついてくる・・・くぅ!!」

あんなにも太いモノを一気に入れられ、しかし容赦なくガンガンとピストンされました。
半分意識が飛び、ただ耐えるのみでした。

「あぁ、ダメだ・・・出るぅ」

「いや、やめて!お願い!」

「一番奥にたっぷり出すからな。全部受け止めろよ」

「やだぁぁ~、いやぁぁぁ!」

どぴゅぴゅ~!

「だめだ・・・まだ勃起したままだ」

男はまたピストン運動をしました。

「んもぅ~やぁ」

「最高だ~、気持ちいい・・・また出る!!出るぞ!」

そう言いながら2発目をまた私の中に・・・。
男は満足そうな顔でズボンを穿くと逃げて行きました。
しばらく私は動けませんでしたが、アソコから溢れた精子を拭き取り、急いでシャワーをして流しました。
でも、思い出すとなぜか興奮して濡れるのです。