大学を卒業して12年。
思わぬ所で当時交際をしていた紀子さんと出会った。
お互いびっくりしたが、恥ずかしそうに彼女は言った。

「ご無沙汰しています。お元気ですか」

最初は他人行儀な言葉で始まった。
大学時代と比べ身体もふっくりとして色気をあちこちに醸し出していた。

「少し時間がある?」

聞くと2時間程度ならと言うので、駐車場に停めてあった車に彼女を乗せ、山のふもとにある公園へ車を走らせた。
その日はあいにくの天気で、公園の駐車場も霧にかすみ、誰もいなかった。

彼女の目を覗き込み、黙ってキスをしようとしたら、「私、結婚しているのよ」と顔を横に向けてキスを拒んだ。
構わず手で顔を向き直して唇を重ねた。
今度は彼女は拒むこともなく、昔のようにお互いの舌を絡め合った。
俺は彼女の服の上から胸を揉んだ。
少し口が開いた。
俺は助手席に乗っている彼女のシートを倒し、仰向けに寝かせた。
胸を揉んでいた手をスカートの中に入れようとすると・・・。

「止めて・・・、主人がいるのよ・・・」

そう言って俺の手を押さえた。
俺は構わずその手を彼女の股間にやり、下着の上からその部分を撫でた。
心なしか彼女の両脚が開いた。
俺は一度スカートの中から手を抜き、スカートのファスナーを下ろして足元に脱がせた。
小さなピンクのパンティーが剥き出しになった。
一気にパンティーを足元に脱がせて、自分のズボンとトランクスを脱いだ。
そこで彼女の手を取り、すでに硬くなっているペニスを握らせた。
彼女はもう抵抗することなく、俺のいきり立ったペニスを柔らかく握り、軽く上下に擦り始めた。

「昔みたいにしゃぶってくれる?」

彼女は黙って起き上がり、一気に咥えてきた。
彼女のお尻が車の天井に向けて高く上がった。
俺はその白い大きなお尻の割れ目から手を回して、指を2本、おまんこに差し込んだ。
ズブリと中まで入った。
彼女のそこはすっかり濡れていた。
そしてお尻を左右に動かし始めた。
彼女は咥えていたペニスを口から離し、小さな声で、「入れて・・・」と言った。
大学時代は数え切れないくらいセックスを重ねた2人だったが、あの頃にタイムスリップしたようだった。

俺は彼女を仰向けにして上に乗った。
そして一気に彼女を貫いた。
彼女の両手はしっかりと俺の背中を抱いていて、その手には力がこもっていた。
そして俺は射精した。

終わってお互いシートに仰向けになった。
彼女はシートから手を伸ばして、俺の小さくなったペニスを揉み始めた。
俺は再度勃起した。
からかい気味に、「もう一度して欲しいのか?」と言うと、彼女は握ったペニスを上下に動かしながら、「もっとして・・・」と言った。
俺は彼女に言った。

「今度は車の外でやろうよ。誰もいないし・・・」

お互い下半身裸のまま車から降りて、彼女を車に手をつかせ、腰を突き出すように言った。
彼女の大きなお尻が目の前にあり、その間から黒々とした陰毛が見えた。
少し脚を拡げると、パックリと割れたおまんこが丸見えになった。
一気にズブリと貫いた。
彼女は一層、その白い大きなお尻を突き出してきた。
2人の身体がぶつかり合う音がいやらしく響いた。
もう彼女は遠慮はしなかった。
しっかり聞こえる声で・・・。

「気持ちいい・・・もっと突っ込んで・・・もっとチンポを・・・」

付き合っていた時にはけっして聞くことがなかった卑猥な言葉を発した。
そして俺は射精した。

「また会ってくれる?」

彼女が聞いてきた。
俺は彼女の大きな胸を鷲掴みにして力強く頷いた。