隣の奥さんとエッチ出来たのはラッキーだった。
隣の奥さんというのは、2ヶ月前に我が家の隣に引っ越してきた智美さんのこと。
年齢は俺より2つ下の35歳。
我が家同様、小学生の子供と旦那の3人で暮らしている。
智美さんは愛嬌のある顔立ちと、肉付きが良くムチムチした身体をしている。
正直、隣の旦那が羨ましいと思っていた。

そんな智美さんとエッチ出来たきっかけは、庭の草むしりだった。
お互いに建て売りの小さな家なのだが、庭付きなので花などを植えて楽しんでいた。
ここ1ヶ月、仕事が忙しくて休みが取れずにいた俺。
なんとか仕事を終わらせて、やっと2日間の休みを取ったのだが、妻が「じゃあ草むしりよろしく!」と言ってパートに行った。
恐妻家の俺としては従うしかない。
それで午前中に草むしりを始めたのだ。
すると智美さんが庭に出てきて洗濯物を干し始めた。
そして俺に気づいて挨拶してきた。

「こんにちは、草むしりですか?」

「ええ、やらないと女房に怒れちゃうんですよ~」

「そうなんですか~。奥さん、優しそうな方ですけどね~」

「いやいや、機嫌を損ねると大変なんですよ」

「でも田所さんも偉いです、ちゃんとするんだから」

「まあ、そんなに嫌じゃないですからね」

「うちの主人なんか全然やってくれませんよ」

覗いてみると、確かにかなり雑草が生えてた。

「ここが終わったらお宅の草むしりもしましょうか?」

「えっ?・・・いえいえ結構です、そんなことお願い出来ませんよ~」

「いいんですよ!ついでだからやっちゃいます」

「え~、でも~・・・」

「大丈夫です、さっきも言ったように嫌いじゃないんで」

「そうですか~。じゃあ、お願いしてもいいかしら」

「はい、終わったら伺いますね」

ということで、隣の草むしりを始めたのは11時を過ぎた頃。
我が家の庭より少し狭かったが草の量は多そうだ。
1時間で済まそうと思って頑張る俺。
途中から奥さんも手伝ってくれたので、なんとか昼頃には終わらせることが出来た。
その奥さんだが、腰を下ろして草をむしっていると、ムチっとした太腿が露出するし、時折片膝を立てるので、ジーンズ製のスカートの奥からピンクの下着が・・・。
そんな時は、わざと奥さんの前に来て草をむしってた。
もうアソコがムズムズして仕方なかった。

片付けてから部屋の中に入ると、ビールを片手に、「お疲れさま~」と奥さん。
少し汗をかいたので遠慮なく頂くことにした。
奥さんは、「お腹も空いたでしょう?」と、パスタを作ってくれた。
お昼は何を食べようかな~と思っていたのでありがたかったが、一緒に飲んでいたビールが2本、3本と増えていき、かなりいい気分。

パスタを食べ終え、ソファーにもたれて座っていると、酔いと草むしりの疲れからか、いつの間にか眠ってしまっていた。
気が付くと、奥さんも隣のソファーに仰向けで寝転び眠っている様子。
片足を『く』の字に曲げているので、覗くとピンクの下着が・・・。
近づいてじっくり見たかったが、気付かれたらマズイので我慢していた。

新聞でも読んで気を紛らわせようと思い、座卓の下から拾い上げると、何やらピンク色のスイッチのような物が。

(何だろう?)

そう思ってボタンを押すと、眠っていたはずの奥さんが突然、「ああ~~っ!」と悶えだしたではないか!

「た、田所さん・・・ダメ~っ!・・・スイッチ、スイッチ止めて、お願い!」

そう言われたので、もう一度ボタンを押すと、「ハアハア」と肩で息をしながらも起き上がり、平静を取り戻した様子。

(ん?今のは何だったんだ?)

不思議に思い、またボタンを押してみた。
するとまた、「ああああ~~ダメ~~嫌だ~~止めて~~あ~~」と、奥さんは股間を押さえて悶えだした。
そこでやっと、(これ、ローターのリモコンスイッチだ!)と気付いた。
そうなれば話は別、スイッチ片手に奥さんがよがるのを見ていた。
どうやら奥さんはマンコの中にローターを挿入したままな様子。
俺は悶える奥さんの横に移動してスイッチを消して、「これってご主人の趣味ですか?」と聞くと、恥ずかしそうに奥さんは首を横に振った。

「ということは、これを使ってオナニーしていたわけですね?」

「・・・」

「アソコの中に入れてるんですか?」

真っ赤な顔をしてコクンと頷く奥さん。

「草むしりしている間もずっと入れっ放しだったわけだ~」

そう言うと、またスイッチを入れた。

「どうです?感じますか?」

「はい、ああ~~っ!・・・か、感じてます・・・すごく・・・ああ~~」

スイッチを止める。

「奥さんを見ていたら俺もたまらくなりました、キスしていいですか?」

「えっ?・・・お隣のご主人とそんなこと・・・」

「隣同士でもいいじゃないですか。俺、奥さんが欲しくなりました」

「そんなこと言われても、田所さんの奥様に悪いです・・・」

「お互い内緒にしとけばいいんですよ、だから、いいでしょうキスしても?」

そこでまたスイッチを入れ、悶える奥さんの耳元で、「ねえ、キスしていいでしょう?」と囁くと、震える唇を突き出して、「キス・・・下さい!・・・ああ~~・・・キス~~」と奥さん。
それでキスをしたのだが、奥さんの方は感じ過ぎてしまい、唇を重ねたまま喘いでいた。
そこでスイッチを切ってからキスし直し、舌を入れて絡ませながらTシャツの上から奥さんの胸を揉んだ。
Tシャツ越しでもその大きさが分り、興奮した俺は裾を持って一気に脱がした。
奥さんは黒いブラをしていた・・・深い谷間が俺の欲情を誘った。
ホックを外してブラを取り去ると、白い肌に青い血管が浮き出たたわわな乳房が目の前に現れた。
夢中でむしゃぶりつくと、「あ~~ふん~~あ~~」と吐息を漏らす。

ここまで来たら最後まで行くしかないと思った俺は、強引にスカートを脱がし、下着にも手を掛けて一気に剥ぎ取った。
そして俺もパンツ1枚になり、奥さんの足を広げてマンコに見入った。
するとピンクのミニローターが、膣穴からちょこっと顔を出していた。
それを引っ張り出すとビッチョリ濡れていて、透明な液体が滴り落ちそうな感じだ。
それを奥さんに見せると、「やだっ!・・・恥ずかしい~~!」と言って手で顔を覆った。

「こんなの入れなくても、俺が本物を入れてあげますよ」

「はい、入れて下さい。でも、その前に・・・」

そう言ってパンツを下ろし、ソファーの前に仁王立ちになってチンポを差し出すと、優しく握ってパクっと咥えてくれた。

「美味しいですか?」

コクンと頷く奥さん。
時折俺の顔を見上げ、涎を垂らしながらフェラしてくれる。
そのとき、さっきのローターを思い出した。
フェラをやめさせると、ソファーの上で大きく足を広げさせて、まずはクリトリスを刺激してみた。

「どうです、気持ちいいですか?」

泣きそうな顔でコクンと頷く奥さん。
でも、何か言いたそうにしている。

「どうしたんですか?」

「ローターより、その~・・・クンニの方が・・・」

ということで、指でマンコを広げ、クリトリスを舌でレロレロしてからチュウチュウと吸い上げた。

「あああ~~ううう~~」

唇を震わせ、気持ち良さそうに喘ぐ。
すると濡れた目をして小さいな声で一言。

「入れて・・・」

「このまま生でいいの?」

「いいけど、中には出さないで」

そういうことで、その体勢のままゆっくりと挿入していった。
ジュクジュク状態のマンコに、生で入れるのは最高だった。
それが他人の奥さんなのだから尚更だ。
感触を確かめるように、ゆっくりと出し入れする俺。
奥さんも足を極限まで広げ、じっくりと肉棒を味わっている。
最後は発射する直前に抜き取り、奥さんの腹の上へ出した。

草むしりから思いもよらない出来事に発展したわけで、「草むしりよろしく!」と言って出て行った嫁には感謝しないといけない(笑)