俺は智、31歳。
妻は由香、26歳。
妻の母親は美智子、51歳、未亡人です。

由香は妊娠4ヶ月で安定期に入っている。
由香の親友が長野で結婚式を挙げるという。
身重なので大事をとって長野に一泊で行くことになった。

嫁母の美智子は決して飛びきりの美人ではないが男心をそそる女だ。
痩せ型だがお尻は大きく、オッパイもかなりの巨乳。
そして何より女っぽい仕草がたまらない!
美智子は早くに夫が亡くなったので、欲求不満じゃないかと密かに思っている。
チャンスがあれば抱けるかも知れないと思い、廊下や台所では、なるべく身体が触るようにわざと押し付けながら通ることにしている。
美智子は何も言わず反応がない素振りをするが、俺が触ることを嫌がってはいない。
やはり意識しているように思えた。

嫁が長野一泊の金曜日の夜、部長から一杯やろうと誘われた。
ちょっと飲み過ぎてしまい、帰宅が1時頃となった。
酒には強いので泥酔することはないのだが、美智子の前では泥酔したことにしようと思った。
タクシーを降り、チャイムを鳴らし、美智子がドアを開けたと同時に玄関に倒れ込んだふりをした。

「こんなに酔っ払って大丈夫?肩を貸すから気をつけて歩いてね」

そう言われ、美智子の肩に手を回し、お尻に手を当てた。

「まーエッチね。お風呂が沸いてるのに、これじゃあ無理ね」

「風呂に入るぞ~」

「本当に?大丈夫?」

俺は美智子の前で泥酔したふりをして服を脱ぎ、美智子の支えで風呂に入った。

「すぐに出てね。出る時は言ってね」

湯船で眠くなってきた。
美智子が戸を開けて、「寝ちゃ駄目でしょ!」と言って湯船から俺を引っ張り上げたので、美智子の服が濡れてしまった。
俺は泥酔した振りでヨタヨタと身体を洗いだした。
それを見て美智子は服を脱ぎ、真っ裸で風呂に入ってきた。

「しようがないわねー、洗ってあげる」

美智子が手に石鹸をつけて洗ってくれる。
素手なので気持ちが良く、チンポがギンギンに勃起してきた。
それを見た美智子は、「まー!由香のせいで溜まっているのね~」と笑っている。

「ここも洗わないとね~」

ギンギンのチンポを握って亀頭を剥いて石鹸で洗い、前後に擦ったりして楽しんでいる。
どうやら俺が泥酔していると思い、やりたい放題の様子。
石鹸での手コキ、なんとも言えない気持ちよさにイキそうになり、思わず美智子のオッパイを掴み、おまんこを触った。
そこはヌルっと、しっかりと濡れていた。

「ああっー!」

美智子はビックリしてチンポを握った手を離し、お湯をかけて、「あがりましょ」と出ていった。
イク寸前だったのにお預けとなった。

脱衣所で美智子が身体を拭いてくれた。
裸のまま和室の布団に運ばれた。
美智子も裸のままである。
布団に仰向けに寝ると、勃起したチンポを美智子が、「まだ元気ね」と笑いながら握ってきた。
美智子は俺が泥酔しているので何をやっても大丈夫と思い、大胆に振舞っている。
またとないチャンスだ。
俺は美智子を抱き寄せた。

「駄目よ!駄目よ!」

一応バタバタするが、本気で逃げようとはしていない。
美智子の背中とお尻を抱くようにすると、勃起したチンポがちょうど美智子のおまんこに当たっている。
美智子にキスをする。
逃げないので舌を入れた。
しばらくすると美智子も舌を絡めてきた。
美智子の舌に吸い付く。

「いけないわ、こんな事して」

美智子の手が俺の顔を挟み、本当に泥酔しているのか確かめている様子。
オッパイが胸に当たって気持ちいい。
すかさず乳首を口に含んだ。
と同時に美智子の両脚を大きく広げ、お尻の方からおまんこを触った。
ビチャビチャ状態だから中指と薬指がスルっと入った。

「駄目よっ、入れちゃ嫌、こんな事しちゃ駄目なのよっ」

そう言うが、気持ちよさそうにお尻を振っている。

「お義母さんが好きだ」

「私も智さんが好きよ!でもこんな事しちゃ駄目」

「お義母さんの中に入れたい」

「親子だから我慢して、私も我慢するから」

「お義母さんの中に入れたい!お義母さんの中に入れたい!」

「親子だから駄目なの、その代わりキスしてあげる」

美智子はギンギンのチンポを握り、亀頭を舐め回す。

「こんな大きいのお口に入らないわ~」

頭を抱え、無理やり咥えさせた。

「ウグッウグッ」言うが、構わず奥まで押し込んでやった。

気持ちいいことこの上ない。

「お義母さんのにもキスするよ!」

69の形になり美智子のおまんこにしゃぶりついた。

「ああっ、そんなー」

びっくりしたようだが口にチンポを押し込んでおまんこを舐め上げた。
チンポを咥えて声が出ない美智子は脚を硬直して痙攣しだした。
構わず下からクリを舐めしゃぶると、両手の爪を俺の背中に食い込ませて美智子はイッてしまった。
俺も美智子の口の奥にチンポを突っ込み、高速ピストンで爆発した。
美智子の口から精液が溢れる。
噎ながらチンポを抜こうとするが、頭を押さえて最後の一滴まで出した。
美智子はたまらず苦しそうに飲み込んだ。

美智子が俺の胸に抱きつき、ワンワンと泣きだした。
美智子の肩を抱きながらおまんこに手をやると俺のチンポを握ってきた。
チンポはギンギンに硬くなり、またやる気満々になった。
美智子を腹に乗せ、キスして舌を絡ませながら挿入体勢に入る。

「駄目よっ、入れちゃ駄目っ、堪忍してー、それだけは駄目っ」

美智子が腰を浮かしてチンポからおまんこを離そうとする。
チンポをおまんこの入り口に当て、亀頭部分を少し入れ、両手で美智子のお尻を押さえた。

「駄目駄目っ、いけない、いけないっ」

俺の胸を手で叩くが、お構いなしに尻を鷲掴みにして引き寄せた。

「駄目、入る、入っちゃう~」

おまんこの中にチンポがギリギリと押し入り、下から突き上げると全部入った。

「ああっー、入った~、駄目~」

美智子がしがみついてきた。

「全部入ったよ!」

「駄目、堪忍して~」

「入ったから堪忍しないよ!もう俺の女だから」

そう言ってピストンを開始した。

「駄目駄目、堪忍して~」

「堪忍しないよ」

ズブズブとおまんこの中にチンポを根元まで一気に入れる。

「ああっ、大きい~」

「優しく入れるね。優しくおまんこするね!」

ピストンを続ける。

「ああー」とか「いやー」と声を出しながら俺の背中にしがみついてくる。

俺もイキそうになり、ピッチを上げて奥に突き入れると・・・。

「イクーイクー!」

俺にしがみつき、脚を痙攣させた。
俺は美智子のおまんこにドクドクと放出した。
美智子のおまんこから溢れた精子をタオルで拭い、美智子にキスをする。

「これでもう俺の女だから!でも内緒だよ!」

「誰にも言えないわ」

美智子を俺の女に出来て本当に良かった。