月に一度、妻の母が遊びに来て泊まっていく日がやってきた。
妻と子供も風呂から上がって2階で寝てしまい、義母もその隣の部屋で寝てしまった。

その日の昼の出来事・・・。
義母の洋服が白いワンピースで庭で孫と遊んでいたときに、義母のしゃがんだ後ろ姿を見たらブラとパンツがスケスケで、僕はエッチな妄想がどんどん膨らんでしまった。
その夜、一番最後に僕が風呂に入る時に、洗濯機に脱いだ服を入れようとしたときに思った。

(もしや・・・)

義母の下着を探したが、妻と子供服だけだった。
ガッカリしたが、すぐに思いついたのが義母のかばんを漁ることだった。
リビングにそれはあった。
暗がりの中、ファスナーを開けると、一番奥にブラとパンツを発見した。
興奮が高まってもうどうにもならない。
かばんのファスナーを閉め、それを持ってお風呂に戻った。
ベージュの光沢のある素材で、あそこに当たる部分は、さほど汚れてはいないがタテじわが付いており、ゴムも使用した感じが出ていて、匂いも柔らかい感じだった。
ブラとパンツを試着して、鏡で体だけ映して見ていると、パンツからはみ出した先っぽから、数秒でドクンドクンと射精してしまった。
出してしまうと我に返り、見つかる前に下着を返しに行こうと思った。
パンツに付いた精液をタオルで拭いたが、いたずらに染みを広げただけだった。

まだ風呂にも入っていないが、慌てて服を着てリビングに戻り、義母のかばんのファスナーを開けたのと同時にドアが開いた。
心臓が飛び出るほどビックリして振り返ると、同じようにビックリした義母が、状況を掴めない感じで立っていた。

「すみません・・・」

思わず僕の口から出た。
義母は財布からお金を盗んでいると勘違いしたようで、「お金、困っているの?」と言いながら近づいてきた。
そして、かばんの横に自分の下着を発見して驚いた表情になった。

僕は、義母が何か声を出す前に後ろから抱きついて、強引にこっちを向けさせ、キスをした。
離れようと軽く抵抗されたが、2階にいる妻と子供に気づかれてはいけないと義母も考えたのか、小さな声で「やめて、やめて・・・」と繰り返すだけだった。
義母の口の中に舌を突っ込みながらパジャマを捲り、乳首を摘んだ。
抵抗も弱くなってきて、「フゥ・・・」とか「アゥ・・・」と小さく呼吸を乱しだした。
お尻を触ると一瞬力が入ったが、すぐに緩んで気持ちよさを求めている感じになった。
後ろ側からあそこに指を持っていくと、もう濡れていた。
愛液を肛門に塗りたくったりした。

前だけレースになっているブルーの普通のパンツだった。
パンツの上からあそこに擦りつけたり、指を押し込んだりして、たっぷり染み込ませた。
後で貰おうと思った。

すでに風呂で1回射精しているので、余裕でいられた。
義母はかなり火がついたらしく、義母の手を僕のあそこに導くと、キスして舌を絡めたまま手でしごきだした。
リビングに誰か来るとまずいと思ったのか、義母は、「早く出して」と言った。
僕が「口で受けて・・・」と言うと、義母はしゃがみ込んで、目を瞑ったまま、ジュポッとかブボッといやらしい吸引音を立てた。
そんな義母の姿に激しく興奮した。

僕は両手で義母の硬くなった乳首を刺激した。
義母の鼻息がだんだん荒くなり、「プハッ」と口を開けて、『顔にかけて』とでも言うように顔を上げ、手の動きを速めた。
こんな展開になった嬉しさと、義母の信じられない行動に興奮し、妻へのやましい気持ちが入り混じって、これ以上ない絶頂感を感じながら僕は射精した。
初めて義母を名前で呼び捨てで呼んだ。

「ひろみ・・・イク・・・イクよ・・・」

義母は無言でコクンと頷き、浅く咥えて精液を受け止めてくれた。
スピードを弱めて深くしごきながら全部出そうとしてくれた。

「ングゥ・・・」
「ゴクッ・・・ゴク・・・」
「ハアァ・・・ハァ・・・」

義母は顔を下に向けて肩で呼吸をしながら口元からはみ出た精液を指で拭っていた。
僕は義母のから、ぐっしょり濡れたパンツを剥ぎ取ってポケットに入れた。

「こんなこと・・・絶対、絶対に誰にも言わないで・・・。いい?もう2度としませんからね・・・約束して・・・お願い・・・」

そう義母は言っていた。
僕はまた、「すみません」と謝った。

それから2ヶ月、義母は遊びに来なくなった。
やはり僕を避けているみたいだ。
仕方がないので、あのときのパンツをオカズにして、思い出してセンズリしている。
もっと義母との関係を深めたいが、妻と子供の顔を見るとやめたほうがいいと思う。