タイのバンコク赴任している会社員です。
まだ、こちらに来て半年ですが、家族も来ているため、実はあまり遊べてない。
バンコクのど真ん中にある、とあるオフィスビルの受付嬢があまりにも可愛くて、ダメ元でメールアドレスを渡してみた。
当然タイ語は話せないので、英語で。
すると、すぐにメールが来た。

『忙しいから食事とかは行けません』

断られてるのか、誘われてるのか?
微妙な空気のまま返事を打つ、『会いたい!』と連発。
ある日、仕事が終わった後にメールを受信。

『仕事終わったよぉ~。今から地下2階に来れる?』

僕は逸る気持ちを抑えてエレベータで地下2階へ。
彼女は受付で浮かべる笑顔で『こっち』と手招き。

身長160cm。
タイ人には珍しい巨乳で、Dカップはありそう。
制服のタイトミニから覗く細くて少し黒い最高の美脚。
髪型はふんわりしたカール。
誰もが振り向く極上の女だ。

地下にある事務所に連れて行かれ、「大丈夫、誰もいないから」と片言の英語で言われた。
言葉が通じないので会話がまったく進まない。
でも突然彼女が、「抱いて」と言って抱きついてきた。
唇を合わせた。
ビックリするくらい柔らかい唇にたまらなくなったが、ここは事務所。
そこでストップ。
その後もメールのやり取りは続き、18時過ぎに事務所に行くのが日課になった。
ところが、何人もの人に目撃されてしまい、『会社は危険』な状態に。

「外で会いたい」

その日はホテルに行くことに。
ネットで安宿を調べ、場所を彼女にメールする。
普通なら一緒に行くのだろうが、彼女は受付嬢なだけあって顔を知られすぎている。
別々に会社を出て、ホテルの前で待っていた。
待つこと15分、彼女が来た。

部屋に入ると、あの極上の美女が完全にメスの顔になり、首に手を回してきて今まで味わったことない、唾液ビチョビチョの激しいキス。
胸に手を伸ばすと、受付の制服のボタンを自分で外し、真っ赤なブラと巨乳が目の前に現れた。
もう興奮が止まらない。
指を黒い美脚に這わせてタイトのミニスカートを上げると、真っ赤なパンティーの局部は、お漏らしでもしたのかというくらい激しく濡れていた。

それを確認した瞬間、押し倒され、ズボンを下ろされ、フル勃起したペニスをハァハァしながら触ってきた。
最初は軽く先っぽにキスをする程度だったが、我慢できなくなったのか、喉の奥まで咥えて激しいフェラ。
この子、まじで上手すぎる。
咥えながら時折見せる淫乱な表情が、あの受付にいる美女だと思うとたまらなかった。

受付の制服を脱がせると、ものすごい形のいい巨乳にヘソピアス。
アンダーヘアーは薄く、クリもビラビラもよく見える。
彼女の興奮も、もう止まらない。
次は俺の長い中指の出番だ。
今まで何人もの女に潮を吹かしてきたこの中指で、たくさんいじめてやった。
小刻みに痙攣しながら涎を垂らして感じている。

ゴムを取り出して装着。
すると急に、「やっぱりよくないよ」と下を向くが、その後は自分から上に乗ってきて激しく腰を動かし続ける。

「でぃ~~でぃ~~~かぁ~~~」

タイ語で、『気持ちいい~』という意味かな?
感じる顔がなんとも愛おしく、何度も激しくキスをしながら子宮の奥までぶち込んでやった。

あの日以来、すごい内容のメールが続いている。
見かけによらず変態受付嬢だ。
日本人のテクにはまったか?
こんなに極上の美女がいつも優しく微笑みかけてくれて、仕事が終われば、トイレでフェラをしてくれる。
俺はなんて幸せなんだろうと思う。
安い給与で働いているこの子が愛おしくてたまらない。
タイ人と結婚する日本人が全く理解できなかったが、我が身を持って“なるほど”と実感した。

さっきも、『夜会いたい』とメールが来た。
たくさんイカせてやろうと思う。
彼女とは毎日でもやりたい!!!
もっともっと調教してやろう!