5年前に妻と結婚しました。
職場で知り合い、意気投合して、1年ほど付き会ってからのゴールインでした。

私32歳、妻27歳の時です。
私達は、ごく自然に子作りをしていたのですが2年経っても出来ず、病院で調べてもらったところ、妻の卵子が原因だと言われました。
まったく可能性がないわけではなさそうですが、妻はショックを受けていました。

私は、「2人で幸せに暮らせればいいんだよ。それに可能性がないわけじゃないし、気楽にやろうよ」と励ましました。

そんな事もありましたが、妻も吹っ切れたようで仲良く暮らしていました。

結婚4年目のある日、私の実家から「お父さんが倒れた!」と連絡が入りました。
病院に行くとお父さんがベッドで寝ていました。
軽い脳梗塞だったようです。
早く病院に来たので大事には至りませんでした。

そんな時に父から、「戻って来てもらえないか?」と相談されました。
私の両親は古い旅館を経営していて、従業員も少なく4人でなんとかやりくりしていたようですが、さすがに今回の件で私の力が必要だと考えたようでした。
まぁ両親は私を産んだのが遅く、もう65歳になります。
私も以前から気にはしていたのですが、こんなに早く決断する時が来るとは思いませんでした。
妻とも相談し、結局会社を辞めて2人で家に戻ることにしました。

父も回復し、すぐに旅館業に復帰しましたが、前のようにはいかないため、私が代わりにこなしていました。
妻も母から一から教わり、ぎこちないものの、なんとか接客が出来るようになっていました。
母もひと通り教えると、女将の座を妻に渡し、厨房で父のサポートをしていました。
厨房も父ともう1人の従業員(50代)の2人で行なっており、客が多い日は大変でした。
そんな生活が1ヶ月も過ぎた頃、妻が私に相談をしてきました。

妻「最近、お客さんのセクハラが凄いんだけど、どうしたらいい?」

私「ん~、女将なら多少は我慢してくれよ」

妻「そうなんだけど・・・。お尻とか触ってくるお客さんもいるのよね」

私「まぁ常連客で成り立っているからなぁ。不愉快な思いをさせると来なくなるかもしれないから、頼む」

妻「そうだよね。私がちょっと我慢すればいいだもんね」

私「ごめんな」

気にはなったのですが、この業界にはよくある話で、お客さんあっての旅館なので我慢してもらうしかありませんでした。

翌日、妻の言っていたことも気になり、常連の男性の団体が来たのでこっそり見ていると、妻の言っていた通り、廊下で妻のお尻にタッチして、「若女将、可愛いね~」と体を擦り合わせていました。
妻は笑顔で、「そんなことありませんよ~」と答えていました。
階段に差し掛かると男性客の1人が妻の着物の裾を捲りあげ、「下着は着けてるの~?」と覗いていました。
妻は「すみません、やめて頂けますか?」と必死に裾を押さえていたのですが、他の男性がその手をどけたので下半身丸出し状態になり、「お~、今日は白ですか?毛が透けてますね」とひどいセクハラを受けていました。
男性客がお尻に触り、さすがに妻が「声を出しますよ」と言うと、「冗談ですよ~」と元に戻しました。
妻は着物を直すと、いつもの落ち着いた表情に戻って部屋を案内していました。

(結構過激なことをされてるんだなぁ)

そう思いながらも、何も出来ませんでした。
というか正直、ちょっと興奮していました。

夕方、食事を妻と母が1階の部屋に運んでいました。
その日の客は、さっき妻に悪戯していた常連客の男性4人(50代)と老夫婦2名。
それぞれ別々の部屋を用意し、そこで食事をしてもらいます。
食事の準備が整い、妻と母がお客さんの部屋へ迎えに行きました。
男性客の食事には酒も多く含まれており、いかにも宴会用といった感じ。
お客さんが食事の部屋に入ると、母は厨房へ戻り、妻だけが男性客の部屋に残りました。
宴会ということもあり、すぐに部屋から戻るわけにもいかないのです。
お酌のひとつもしないと色々と文句を言う客もいます。
旅館の女将は大変なんです。

宴会も始り30分も過ぎたでしょうか、妻は一向に部屋から出てきません。
私も心配になり、外から中の様子を窺いました。
芝の庭に出て食事部屋を覗いてみました。
中を覗くと、男達が酒を飲み、だいぶ酔っているようでした。
その中に妻の姿もありました。
男性客に酒を注がれ、妻が嫌々飲んでいます。
頬はピンク色に染まり、かなり酔っているようでした。
妻はお酒があまり強くなく、ビール2、3杯で酔ってしまうんです。
そのうち男性客が妻の隣に座り、肩を組んで日本酒を一気飲みさせていました。
妻の目はもうトロンとなり、今にも潰れそうです。

すると男が妻の着物の胸元に手を入れ、胸を揉み始めました。
酔った妻は抵抗出来ないまま男に弄ばれていました。

他の男達も、「ずるいぞ女将!みんなに平等にしろ!」と言い、みんなで胸に触っていました。

着物も肌蹴てきて、妻のDカップの胸がポロリと姿を現しました。

男達は、「いい胸しているね、女将さん」と舐め始めます。

妻は手で胸を隠すようにしていましたが、もう完全に酔っていて体をクネクネしているだけ。
それどころか体を動かすたびに足元も肌蹴てきて、ついにはパンティが見えてしまいました。
男達は、「お~!サービスかい?女将さん」と言うと、足を広げてパンティを見ていた。

遠目にも微かにパンティが濡れているのが分かりました。

男達も気づくと、「濡れてますよ。女将さん」と言い、指で濡れた部分を刺激し始めました。

もう妻はほとんど全裸でした。
しかし私は怒るどころか、そんな妻の姿に興奮し、股間がMAX状態になっていました。

男達に刺激されるたびに妻が、「あ~ん」と声を出していました。
それが男達には『いいよ』の合図だったんでしょう。
妻のパンティは一気にはぎ取られ、マンコがもろ出しになりました。
(妻の下の毛は私の趣味で前の部分以外、全て剃っています)
男達が、「女将さん・・・マンコの毛剃ってるの。いやらしいね~」と、指でネバネバを掻き混ぜています。
私が言うのも何ですが、妻のマンコは形も色も若々しく、自慢でした。
しかも妻は、男なら誰でもムラムラするポッチャリ体型です。
顔も美人で、会社勤めで街に住んでいた時は、よくナンパもされていたそうです。

あまりにも激しい男達の攻撃で、妻のマンコはビシャビシャと潮を吹いていました。

その時、「すみません。お客様」いう母の声。

男達が慌てて妻の着物を直すと襖が開き、母が顔を出しました。

そして、「まぁ、いないと思ったら!」と妻に起こしました。

男達は口裏を合わせるかのように、「女将さんにお酒を飲ませたら酔って寝ちゃったんで、そのままにしてました」と。
母は、「本当にみっともない姿をお見せしてすみませんでした」と頭を下げ、妻を連れて部屋から出て行きました。
男達はほっとした様子でしたが、よく見ると1人の男の手には妻のパンティが・・・。
男達は、「いや~、残念だったな。もう少しでやれたのに!」と悔しそうでした。
1人が、「また来ようや。その時のお楽しみ!」と言い、他の男達も納得した様子でした。
母のおかげで妻は輪姦されずに済みましたが、とにかく凄く興奮した1日でした。

母は、「気を付けなさい。お客さんでも、いい人、悪い人がいるんですから。自分がしっかりしないと駄目よ!」と妻を叱っていました。

妻も反省したようで、「すみません」と謝っていました。

その後、昨日のような失敗もなく、平和な暮らしが続いていました。
しかしあれから半年、また今週末、あの常連客の名前で予約が入ったのです。
今から楽しみでなりません。