淳子と俺は飲食店のバイト仲間で、基本的には仲がいい。
淳子は背もすらっとしていて高くて、垢抜けてて、茶髪だけどギャルっぽくないというか、とにかく都会的な雰囲気のある子。
スタイルもいいし胸だってそこそこある。
たぶんCカップくらいはあるんじゃないかな?
俺はというと、某パフォーマンスグループに憧れて髪型をツーブロックにして失敗してしまった系男子だ。
男子のみんな、安易にツーブロックにするのはおすすめしないぞ、マジで。
中肉中背で、特にこれといってイケメンなパーツがあるわけでもないから似合うはずもないって、早く気付いてればよかった。
なんて前置きはここまで。

いつもお互いのシフトは夜が多くて、まかないを食べて帰るのが常。
でも、その日は朝から夕方までのシフトで2人とも上がりだったから、久しぶりにどこか一緒に食事にでも行こうって話になっていた。
気になっていた新しくオープンした居酒屋さんに行ってみたんだけれど、そこがまあ見た目重視で内容が悪い、おしゃれなだけの店でさ。
淳子は味よりもおしゃれさ重視みたいなところがあって、「別にそこまで美味しくなくても、お店が綺麗だったらいいじゃん」なんて言うんだよな。
食べ物だけは、やっぱ美味しいものを食べたい俺としては、その発言が頭に来てしまって、「まあ今回は仕方ないけど、もうこのお店にまた来ることはないよな」って笑って言ったら、「なんでそういうこと言うわけ?」と、淳子が急にマジギレモードに。
意味がわからなくて口論になったんだけど、埒が明かない。
正直、周りの客にも迷惑になるし、適当にお金を置いて俺はそのまま帰ったんだ。
で、歩いて帰っててしばらくしてから、さすがに大人げなかったんじゃないかって思い直して、彼女を迎えに行くことにした。
ちゃんと謝って仲直りしようと思って。

戻った時は、俺が店を飛び出してから1時間くらい経ってた。
さっきの席に行ってみたら、別の客がいる。
店員に聞いてみたら、「お連れの方と、もう出られましたよ」って。
って、連れって俺だろうよ。
俺以外に誰がいたんだよって思ったら、急に淳子のことが心配になって酔いも急激に醒めてきた。

俺はその辺を走って探し回った。
店の近くにあった小さな公園の近くを通りかかったとき、なんか声がした気がして行ってみたら淳子がいた。
そして2人、知らない男がいた。
1人が淳子を後ろから犯してて、もう1人が淳子にフェラさせてた。
思わずカッとなって「離せよ!」って叫んだら、どこからか2人の男が出てきて問答無用で殴られた。
そして地面に倒れ込んだところを押さえ込まれた。

「何お前?この子の彼氏?」

「まあいいじゃん、なぁ?」

男の1人が淳子の顎に手をかけて、耳元で、「気持ちいいか?」って聞いたら・・・。

「うんっ、いいの、いいのぉっ・・・!太一君のすごい、いいよぅ・・・さっきはごめんねっ・・・んんっ」

なんかわかんないけど喘ぎながら謝ってる。
しかも、俺に犯されてるって思ってるみたい。

「おい、淳子!俺はこっちだよ!おい!」

声をかけたら淳子はぼんやりした顔してこっちを見て、へらっと笑って・・・。

「あれー、また太一君がいるぅ~。何人いるの~?太一君いっぱいで、私ハーレムだねぇ~」

なんて言って、抵抗することもなく犯され続けてる。
何度も殴られながらも「やめろよ!」って叫び続けていたら、通りがかった人が、「警察ですか?喧嘩です!」って通報してくれた。
男たちはみんな逃げていった。
俺も面倒なことになったら困ると思って、すぐにタクシーを拾って淳子を乗せて俺の家へ。
ドロドロの淳子を見て、運転手は一瞬ぎょっとした顔をしてた。

家に帰って、ぐでんぐでんの淳子を風呂に入れてやって、一緒にベッドで寝た。
ぐっすり眠っている淳子の頭を撫でてやったけど、(なんか危ない薬でも盛られてたんじゃないだろうか?)って不安で不安で眠れなかった。

翌朝、寝不足気味でガンガンする頭でコーヒーを飲んでいたら淳子が起きてきた。

「おはよ~。あれ?私、太一君の家にお泊りしたんだっけ?」

淳子はお酒が弱いって知ってはいたけれど、ここまで泥酔するとは・・・。
何も覚えていないって言うから、俺もずっと黙ったままにしてる。
お酒の弱い彼女を店に置いて帰るなんて、いくら喧嘩したとしても、絶対に二度としない。