私が通う大学は海外からの留学生が多くいます。
私は色んな国の人と出会えるこの学校で、自分を変えていこうと思っていました。
ある日、大学生になってだいぶ経つ時に、学食で友達と昼を食べていたら・・・。

「寮でパーティーをやるけど来る?」

パーティーは嫌いじゃなかったので、何のパーティーとは聞かずに「行く行く!」という感じで返事をしました。

「夜の19時からだから。外国人とか来るけど日本語を話せるから心配しないで」

「了解!」

最初はウキウキでした。
19時に友達の寮に行くと15人ぐらいいて、すでに騒いでいました。
韓国、インド、カナダ、アメリカからの外人が5人いました。
パーティーが始まってから1時間経った頃、友達からアメリカ人(黒人)のJさんを紹介してもらいました。

「初めまして。百合です」

「初めまして。Jと言います」

自己紹介からなかなか盛り上がり、Jさんとはパーティーが終わるまでいっぱい話をして仲良くなり、アドレスや番号なども交換してかなり打ち解けていました。
パーティーが終わったのは夜中の1時。

友達が、「J、百合を送っていってやりなさいよw」と。

私は酔っていたけど別に1人で帰れそうだったので断ろうとしたけど、「いいよ」とJさんが言ってくれたので、お酒を飲んでいなかった彼に車で送ってもらうことになりました。
家を教えながら帰っていると・・・。

「ちょっと景色を見にいかない?」

そう誘われて、少し酔っていた私は深く考えずに「いいですよw」と。
テレビの電波塔が立っている街の景色を一望出来る公園に2人で行きました。

「外に出て涼みながら景色を見ようよ!」

外に出て景色を見てました。
すると・・・。

「景色を見ながらセックスしない?」

急に言われて、「無理ですよ」と言うと、「絶対に気持ちいいから心配いらないよw」と言われて・・・。

「でも人が来たらどうするんですか?」

「僕達のセックスを見せつけてやればいいよ!」

なんだか少しいいかもと思ってしまって、深夜の公園で青姦することに。
じつは、外国人の男性とセックスしてみたいと思っていました。

「なら百合、フェラから頼むよw」

私の前に出て来たのは、黒くて凄く大きい巨大なチンコ。
こんな巨根を見たのは初めてでした。
咥えるとどんどん大きくなりました。

「百合いいよ!百合うまいよフェラ!」

まさかこんなに大きなチンコを持つ黒人さんにフェラを褒めてもらえるとは思っていませんでした。

「ヴァリガトウw」

フェラをしながらお礼を言いました。
それから15分弱フェラをしましたが、さすが黒人さん。
全然イク気配もなく、チンコが大きくなり、ビンビンのまんま。

「百合、フェラもういいよw服を脱いで!」

「分かった」

とは言ったものの、私は少し焦っていました。
私の体が耐えられるのか心配でした。

「脱いだら景色を見て!」

そう言われて夜景を見ているとヒョイと持ち上げられて・・・。

「いくよ百合!」

クチャ、ビュチュー!

ほぼ前戯もなく、Jさんのチンコがマンコに入ってきました。

「ウゥヴァ!」

あまり勢いよく入れられて変な声が出てしまいました。

「ウォオ!」

いきなりJさんが叫びだしました。

「百合、いいよ!街の奴らに見せてあげようよ!」

あまりのチンコの凄さに声もでず、(もう無理!)と思った瞬間、ジュシャ~と私は潮を吹いていました。

「ウォ!」

Jさんは止まりません。
快感で意識が飛ぶ寸前・・・。

「イクよ!百合!」

そう言うと、ドビュルル~という音を立てながら中出しされました。
それはもうなんて言うか、癖になるセックスでした。
黒人のJさんとの素敵なワンナイトラブでした。