大学時代の女友達のかおりに会う約束をした。
かおりは大学があったところが地元で、私は地方に住んでいたが、出張でその地に行くことになった。
互いに結婚しているので当たり前だが、互いの配偶者には内緒で会った。
久しぶりに会ったので互いに緊張はあったが徐々に慣れてきて、だんだんとエッチな話になった。

私が「うちの奥さん、今妊娠中なんだ」と言ったら、「おめでとう」と祝福してくれた。
私は「ありがとう」と返した。

するとかおりは、「でもさ、それやったら溜まってる?」と言ってきた。

「うん・・・まあな・・・」

私は答えた。

「しょうがないじゃん(笑)」

ここまではレストランでの会話。
そしてお店を出た。
かおりの車に乗った。

「ありがとうな」

かおりが言った。
会計を私が払ったから。

「なんか悪いな、おごってもらって、金ないのに」

かおりは言った。
(レストランでの会話で小遣い2万と話したから)

「お礼と言ったらなんだけど、抜いたろか?」

かおりが冗談ぽく言った。

「えっ、まじで?」

私は期待しながら答えた。

「ええよ」

かおりは答え、車を脇道に停めた。

「じゃあ出すね」

私はズボンを下ろした。
下ろしながらこっそり皮を剥いたのは秘密だ。
するとかおりが口を近づけてきた。
そして躊躇うことなく咥えた。

(まじか・・・)

かおりはブツを唾液まみれにして少し手で擦った後、根本を手で押さえて裏筋に舌を這わせた。

「うおおおお」

(気持ちいい!)

さらに玉まで唾液まみれにw
そして今度は舌で先っぽをチロチロし始めた。
だんだんと大きくなるブツ。
正直、人生最大の興奮だった。
さすが人妻、テクがすごい!
そしてにっこり微笑んだあと、ぱっくり咥えて手を使いながら吸い始めた。

ジュポジュポ・・・。

車内に響く卑猥な音。
それほど大きくはなかったと思うが、外に聞こえはしないかとドキドキした。
だんだんと限界が近づいてきた。

「あああっ、イキそ、イッてもいい?」

かおりは咥えたまま、「うん、うん」と首を振った。

「ああっ、もうだめ」

私は呻いた直後、白濁液をかおりの口内にぶちまけた。

「はあっ、はっ」

息が荒い私。
かおりは手で口元を押さえながらティッシュに吐き出した。

「まずっ」

そう言いながら口を拭っていた。
かおりの口元から垂れた精液が糸を引いていやらしかった。
私はその糸を指でクルクル絡め取ると、私にキスをしてきた。
そしてキスが終わると・・・。

「自分、溜めすぎやで」

笑いながらそう言った。

「そうかな」

照れながら答える私。
最後は私のブツを丁寧に拭いてくれてすべてが終わった。
車で駅まで送ってもらって別れた。

「またこっち来ることがあったら連絡して」

後日メールでわかったことだが、あの時かおりは旦那と上手くいってなかったらしい。
それもあって日常とは違うスリルを味わいたかったみたい。
おかげで私は得をした。