彼女は大学を卒業し、研修を終了して私の部門へ配属されてきました。
ロングヘアーが似合う美人な今時の女性です。
何事もなく2、3ヶ月が経った頃でしょうか、彼女が担当する業務で小さなトラブルがあり、終業時刻も過ぎていましたが、自席で電話対応していました。
上司として私も残務処理をして彼女を見守っていたんです。
思ったより早く処理が終わった様子でしたので、何気に食事に誘いました。
彼女も処理が上手くいったこともあり、笑顔でついて来ました。
ビールで乾杯し、慰労の言葉をかけ、お酒も進んでおやじのスケベ心でしょうか、徐々にエッチな話になっていきました。
それでも彼女は嫌な顔をせずに付き合ってくれていました。

ほろ酔いで店を出た後、何気に彼女の顔に自分の顔を近づけてしまったんです。
彼女は目を閉じていました。
酔いの勢いもあり、唇を重ねます。
舌を差し込むと、彼女もそれに応えてきます。
唇を離し、彼女の肩を抱いて歩きだしました。
彼女は私の肩に頭を預けるように寄り添っています。

金曜日の夜でしたが、部屋が一つだけ空いていました。
部屋のパネルを押してフロントで鍵を受け取りエレベーターへ。
室内は、私の若い頃と違って淫靡な雰囲気はなく、女性嗜好の内装でした。
備品を確かめ、浴室にお湯を満たします。

「一緒に入ろう。先に入ってるよ」

声をかけ、浴室に入りました。
すでに愚息は、若い娘との性交を思っていきり立っています。
湯船に浸かっていると、彼女がタオルを前に合わせて入ってきました。
そしてシャワーを浴びると湯船に入ってきました。
私はたまらず彼女を引き寄せ、唇を吸いました。
舌を差し込み、片手は乳房に。
さすがに若いだけあって張りと弾力が違います。
乳房を揉みしだいた後、彼女の性器に触れてみると、お湯の感触とは違った粘りがありました。
彼女もすでに潤んでいたんです。

「先に出るね」

ベッドに横たわっていると、バスタオルを巻いた彼女がベッドに。
彼女を横たえ、愛撫を与えていきます。
唇から首筋、耳、そして張りのある乳房に唇を這わせます。
ツンと硬くなった乳首を口に含み、舌で転がします。
彼女の口から、最初ハァハァという息遣いが聞こえていましたが、徐々にアンアンと喘ぎ声をあげるようなりました。

唇は乳房を離れて下腹部へ。
両足を左右に開くと彼女の花弁はすでに開いており、ピンク色の芽を突き出し、透明な愛液を溢れさせています。
ピンク色の綺麗な花弁と愛液の香りに、すぐにでもしゃぶりつきたい気持ちを抑え、太股に唇を這わせます。
乳首を揉まれ、敏感な芽に刺激を与えられないことでモジモジさせています。

「あぁもう・・・おね・・・がい」

切ない声を出し、腰をくねらせてせがんできます。
ようやくピンク色の芽を舌先で弾きました。

「う~ん」と身を仰け反らせます。

わざと音を立てるように敏感な芽を吸いつきます。
夢中で芽をしゃぶり、花弁を口に含み、小さな膣口に舌を差し込んでやります。

「アンアン」と一層激しく声をあげています。

そして身を仰け反ります。
挿入をせがむ声が聞こえてきますが、それを無視して舐めまくると、彼女の両足が震え力が抜けました。

軽く達したところを見計らい、愚息を敏感な芽に押し当てます。
そして左右に捏ねるようにして亀頭部分だけ挿入しました。
そこだけで上下運動をします。

「意地悪しないで・・・奥まで・・・入れて」

彼女が哀願してきます。
しばらく亀頭だけで動いた後、一気に根元まで挿入してやりました。
彼女は悲鳴に近い声を上げて仰け反りました。
そして激しく腰を振ります。
彼女も激しく喘いでいます。
両足を肩に担ぎ、さらに深く挿入しました。

「あぁ・・・イッちゃう」

強烈に締め付けたと思うと、昇り詰めたようです。
肩で息をしながら喘いでいます。
若いからでしょうか、本当に強い締め付けでした。

「さぁ、もう1回イこうね」

耳元で囁いて、ピストンをはじめました。
よがり泣くとはこのことでしょうか。
目に涙を浮かべ、左右に顔を振りながら両手を私の肩に回し、喘いでいます。
そして2回目の絶頂へ。
意識が朦朧としているようです。

「僕もイキそうだよ。いいかい?このまま出すよ」

小さな声で、「来て」と聞こえました。
一気に腰を使います。

「イク!」

「来て!」

彼女の中に一気に放ちました。
一回り以上も年下の若い女性の中に。
しばらく彼女の中の余韻を楽しんだ後で愚息を引き抜くと、あそこが丸く口を開けています。
そして白濁した液が流れ出てきました。

身支度を整えてホテルを後にし、彼女は電車で帰路に就きました。
彼女から、『後からいっぱい出てきました。嬉しい(ハート)』というメールが届きました。
今も彼女の中に放っています。