その日は酔っ払っていました。
渋谷の居酒屋で男友達と2人で飲んで、続きは部屋飲みで・・・ということになりました。
うちのそばのコンビニに寄ってチューハイやお摘みを買い、自宅に入りました。
この男友達がうちに来るのは初めてじゃなくて何回か来ています。
男友達が部屋に遊びに来たときに着る用の男物のスウェット上下を出して、男友達は着替えました。
いつも通りエロ話をしたりしました。

男友達は終電を逃したので、そのままうちに泊まることになりました。
映画を観ようということになって、彼が勝手にDVDボックスを開け始めました。
私はエロ週刊誌の編集者なので、仕事用のエロいDVDがたくさんあります。
彼は「貸してよ」と言って物色を始めました。
その彼は熟女ものが好きで、普段から「40代以上の人妻にしか興味がない」と言っています。
物色しているうちに、「今、観てもいい?」と言い始めました。

「いいよ」と言うと、60代のお婆ちゃんと孫の近親相姦ものを見始めました。

しこたま酔って調子に乗っていた私は、「エログッズもあるからヌいていいよ」と言って、仕事で送られてくるアダルトグッズを出しました。

彼「こういうのでいつもやってるの?」

彼が聞いてきました。
別にエロい雰囲気でもなく普通に友達なので、「やってるよ」と答えてバイブやローターを見せました。
テレビの中では、お婆ちゃんと孫がセックスを始めました。
でも彼は、「なんか、こういうとこでは無理っぽい」と言ってチンコを出そうともしませんでした。
私は調子に乗って、「ちょっと出してみなよ。勃ってる?」と聞きながら彼に近づきました。

彼は「いいから」と言って拒否りましたが、私は「ちょっと見せてよ」と言いました。

ふざけて触ってみると半勃ち状態でした。
テレビの中で喘いでいるお婆ちゃんを見て、「こういうので感じるの?」と聞いてみました。

彼は、「熟女ってエロいじゃん」と言いました。

私は彼のチンコを触ってるうちにヤリたくなってしまいました。
彼はまったくそんな気はなさそうです。

私「エロいのは別に熟女だけじゃないよ」

そう言って彼のスウェットを脱がせました。

彼「いや、マジやめようよ」

彼は抵抗しました。
私は自分がヤリたくなってしまったので、「いいから、任せて」と言って、洗っていないチンコに少し唾を垂らしてしごき始めました。
彼はほんの少しだけ声を出し始めました。

私「ね?エロいのは熟女だけじゃないんだから」

私は調子に乗ってフェラを始めました。
彼は私の頭を押さえて奥まで咥えさせました。
私は喉の奥を使ってディープスロートをしたりして、彼が感じてる顔を見上げながら舐めました。
彼の目が私ではなくDVDのお婆ちゃんのほうを向いていたので、「こっち見て」と言いました。

彼「と、友達と、こういうのって、罪悪感あるし」

私は彼のチンコを咥えて舌を動かしながら自分のクリトリスを触りました。
ものすごい濡れていました。
彼のチンコを挿れようとすると・・・。

彼「いや、無理」

私「こんなんなって無理じゃないでしょ」

彼「やっちゃったらヤバイよ。せめて、ゴムしないと」

でも私は、「今日は生で平気だから」と言って彼の上に跨がりました。
そしてゆっくり挿入して、根本まで入ると思い切り腰を振りました。
私がリードして、彼の手を胸に持っていき、揉ませました。
でもずっと彼は私の顔は見ず、テレビばかり見ています。
そんな彼にキスをして、彼のおちんちんをバイブ代わりにしてイキました。

彼「酔ってると無理、イケないかも」

彼が言ったので、チンコを抜き、自分のマン汁で濡れたチンコをしごきました。
で、もう一度マンコに挿れると、彼は私の中で発射しました。
すっごい大量でした。
テレビの中ではお婆ちゃんが孫に顔射されていました。

それから彼と気まずくなり、今までのように接してこなくなりました。
で、ある日、私は連絡を入れました。

「子供ができたみたい」

すぐに着信拒否にされました。