僕は25歳の大学院生です。
最近、母の妹の叔母(42歳)と関係を持っています。
叔母は独身のキャリアーウーマンです。

ある日曜日の午後、母の使いで叔母の家を訪ねました。
4LDKの高級マンションです。
母の使いとは、叔母が会社のパーティに着ていく着物を届けることでした。
僕は子供のときから叔母から目をかけられて可愛がってもらっていました。
でもそれは子供と大人の間柄のことで、まさかセックスするなんて思ってもいませんでした。

着物を届けると、帯が2つと帯締めが3、4本ありました。
叔母はそれを目にすると、開けっ放しの自室に行き、スルスルと服を脱ぎ下着だけになり、着物に手を通しだしました。
僕の見ている前で・・・。
見てはならないものを見ているようで僕が俯いていると、叔母から声がかかり、帯をきつく締めてくれと言われ、それに従いました。
その時、叔母の腰を何気なく触ってしまったのです。
本当に偶然です。
すると叔母はくるりと向きを変え、いきなり僕の顔を両手で包んでキスをしてきました。

「あなたを一度、思い切り抱きたかったの。許してね、私の気まぐれで・・・」

僕は頭がクラクラしました。
まさか叔母とキスをするなんて・・・。
でも僕は女性との経験が少ないので、叔母の大人の色気に圧倒されていました。
叔母は綺麗で少しポチャッとしたタイプなので、体を触ったときふわりとして気持ち良かったです。

僕は理性が吹っ飛びました。
近親というのを忘れて、1人の女性として見ていました。
僕は今までの関係を投げ捨てて、叔母を押し倒し、のしかかりました。
締めた帯を解き、肌蹴た着物の裾を分け、長襦袢を肌蹴けてパンティの中に手を入れました。
薄めの陰毛を指で分け入ると、すでに溢れんばかりに濡れていました。
僕は叔母の着ているものを全て剥ぎ取りました。
豊かな乳房を揺らしながら叔母は息を切らして・・・。

「ちょっと待って、ちょっと・・・」

そう言うと隣室のベッドのある部屋に連れて行きました。
大きなダブルベッドがあり、叔母は逃げるように毛布の中に潜り込みました。
火のついた僕は着ているものを全て脱ぎ捨ててベッドに潜り込みました。
叔母の大きなオッパイに吸い付き、乳首を口に含みました。
僕は知る限りの愛撫をして、とうとう叔母の中に入れました。

出し入れしながら・・・。

「叔母さん、中に出していいの?」

「いいわよ。あなたの好きにしなさい。避妊リングをしてるから大丈夫」

その言葉を聞き、僕は遠慮せずに叔母の中に出しました。
セックス自体が久しぶりだったので何回も叔母の中に出しました。
後で知ったことですが、叔母も彼氏と別れて久しく、ものすごく燃えたそうです。

「オオぉぉ~~~アィィ~~~」

すごい声をあげて叔母は何度もイキ、最後は失神してしまいました。
叔母のおまんこからは精液と陰汁が溢れて、部屋中がセックスの匂いで充満しました。

何時間もやりまくってお腹が空いたので、2人で遅い昼食を食べて、一緒にお風呂に入りました。
お互いの体を洗ってるうちにまたも欲情してきて、叔母と抱き合いながら話をしました。

「こんな濃密で興奮したセックスは初めてよ」

叔母は上気した顔で言ってくれました。

「今、付き合っている人いるの?」

「ううん、いない」

「もしも叔母さんで良かったらしばらく付き合って。彼女が出来たらすぐに別れてあげるから」

「うん、いいよ」

しかし叔母とは別れられず、もう1年も関係が続いています。