この前、友達と3Pの話題になり、試しにやってみることにした。
ネットで引っかけたJKと放課後の待ち合わせに持ち込んで、まずは俺が1人で会いに行った。
意外と可愛い大人しそうな子だった。
仮に『淳子』としておく。

適当にドライブしたあと、俺んちに誘うとあっさりOK。
初めからその気だったのかも知れない。
俺は密かにダチに連絡をした。
ヤツには合鍵を持たせてある。
うちにつくと淳子は帰りが遅くなると家に電話した。
音楽を聞いたりゲームやりながらダチの到着を待っていた。

(いよいよか・・・)

ゲームしながら無邪気に笑ってる淳子の横顔を見ていて正直少し迷ったが、俺達の3P計画は決行された。
ダチが家に入ってくると、淳子は少し驚いていた。

「俺が呼んだんだ。今から楽しいことしようと思って」

「楽しいことって?」

少し警戒したようだった。
俺達は正座している淳子の両脇に座り、ポケットからおもちゃの手錠を取り出した。

「何これ!?」

「手品みたいだろう?」

俺はそう言うなり、淳子の右手首右足首を、ダチは左手首左足首を繋いだ。

「やだぁ!これじゃ身動きできないよぉ~」

淳子は少し引き攣ったように笑って言った。

「そうだよ。もう身動きできないよ」

ダチがそう言いながら淳子を仰向けに押し倒した。

「やだぁ、やめてよぉ~」

必死に抵抗しようとするが両腕は俺が掴んでいる。
淳子のイメージ通りの清楚な白パンティが晒される。
ダチはニヤニヤしながらデジカメで恥ずかしい格好をした淳子の写真を撮った。

「やめて!お願い。どうしたらやめてくれるの?」

淳子は泣きそうになりながら身をよじって逃げようとする。

「怖がらなくていいんだよ。俺達と面白いことしようよ」

そう言いながら淳子のブラウスのボタンを外した。
パンティとお揃いの可愛い白いブラジャー。
少し小さめの胸。
だんだん抵抗する力がなくなってきたようだ。
ブラジャーのホックを外すとピンク色の可愛い乳首が見えた。
人差し指でクリクリさせると・・・。

「いやぁっ。やめてっ」

淳子はビクッとして泣きながら顔を背けた。
ダチがパンティの上からおまんこを触っていた。

「コイツ、もうすげぇ濡れてるよ」

そう言ってパンティの横から指を入れた。
俺も乳首を弄りながらパンティの横から指を入れた。

「やだぁ!いやぁ!やめてぇ!」

口ではそう言っているが、おまんこはヌレヌレだった。
ダチと交代でクリを弄ったり指を入れたりしてみる。

「んっ・・・」

淳子は声が出るのを我慢しているようだ。

「我慢しないで声出していいよ。うち、防音は完璧だから。それに、悲鳴をあげても誰も助けにも来ないし」

観念したように淳子の体から力が抜けた。
俺がパンティを脱がし、おまんこが晒された。
そこでまた写真を撮る。
もう淳子は顔を背けたままじっとしている。
ダチがおまんこにしゃぶりついた。

「んんっ」

淳子が体を反らす。
俺は淳子の乳首に吸い付いた。

「あぁ・・・んっ・・・」

ダチがおまんこをグチュグチュ言わせている。
俺も負けじと乳首を舌で転がしたり指で摘んでクリクリしたりする。

「あんっ・・・はぁぁんっ・・・あぁぁ・・・あぁぁ」

淳子が気持ちよさそうな声をあげたと思ったら、ダチが指を突っ込んでピストンしていた。

(コイツ、結構テクニックあるな・・・)と感心する俺。

するとダチは服を脱ぎ始めた。
すっかりヤツのペースだ。
俺も遅れをとるまいと脱ぎ始める。
ヤツのチンコは思ったよりスリムだった。

(俺のほうがデカイぜ・・・)

俺は失いかけた自信を取り戻していた。
淳子は俺達の方を見ないように横向きになった。
綺麗なケツだ・・・。
その後ろ姿を見たら急にぶち込みたくなって、横向けに寝たままの淳子に勢いよく挿入した。
ダチが、『横取りかよ』って目で俺を見た。
俺は構わずグイグイ腰を押しつけ突きまくった。

「最高だよ・・・お前のおまんこ、すげぇいいよ」

「やあぁぁ・・・んっ・・・んっ・・・はぁん・・・」

淳子のおまんこから汁が溢れ出てきて、シーツに滴り落ちるくらいヌルヌルだった。
俺はチンコが抜けないようさらに深く突き挿した。

「もうだめぇ・・・スゴイよぉ・・・ぁぁん・・・」

するとダチが淳子を仰向けにして顔の上に跨がった。
チンコを淳子にしゃぶらせようとする。
淳子は必死に首を振り顔を背けた。

「お前の写真、ネットで流してもいいんだぞ。大人しく咥えろよ」

ヤツは強引に口に押し込んだ。
淳子は苦しそうだったが、ヤツは構わず淳子の顔にチンコを擦り付けた。
俺はその光景を後ろで見ながら淳子のおまんこをハメ撮りしていた。
乳首やクリを弄ると、淳子の体がビクンと仰け反り、おまんこがキュウッと締め付けてくる。
俺の限界は、もうそこまで来ていた。

「うー。すげぇよコイツ・・・イクッ・・・」

ダチはそう言うと淳子の顔にザーメンをぶちまけた。
俺はその光景を見てイッてしまった。
中出しはヤバイから腹の上に出した。
ダチはザーメンまみれになった淳子の写真を撮っていた。
淳子のおまんこはまだヒクヒクしていた。
俺はこのおまんこを・・・淳子をイカせてやりたいと思った。

「私、言われた通りにするから、これ外して・・・」

淳子が言った。
手錠を外してやって、シャワーを浴びさせると、全裸で仰向けに大の字に寝かせ、膝を立たせた。
ダチはビデオを撮りだした。
俺はおまんこを両手でゆっくりと開いてじっと見つめた。
だんだんおまんこがヌメヌメとしてくる。
おまんこの中はヒダがうごめいて、指で触ると吸い付けられそうになった。

「淳子のおまんこはいやらしいな。もっとチンコが欲しいって言ってるよ」

俺はそう言うと、ゆっくり指を2本挿入した。
淳子は黙って目を閉じている。
もう片方の手でクリを弄りながら、2本の指でおまんこの中をゆっくり掻き回す。
淳子の表情が変わっていく。

「んっ・・・あっ・・・」

我慢できなくなったのか、腰を浮かせて動かし始めた。
指をピストンさせながら乳首を舐め回す。

「あっ・・・どうしよう・・・変になっちゃいそう・・・」

「もっといやらしくなっていいよ。何が欲しいのか言ってごらん?」

俺がそう言うとダチが、「これだろ?なぁ?」と言ってチンコを握らせた。
淳子はダチのチンコを上下に擦り始めた。

「いいぞ・・・」

ダチが呟くように言った。
俺は膝立ちになり、もう片方の手で淳子の足を掴んで持ち上げた。
俺の目の前で淳子のおまんこが俺の指を吸い込んでいく。

「ほら、いやらしいおまんこがよく見えるよ」

「いやぁ・・・ん」

「ここがいいだろう?」

Gスポらしきところを擦ると・・・。

「んあぁあぁっ・・・」

ビンゴ!
汁が溢れ出て、腹まで滴り落ちていく。

「もう欲しくてたまらないんだろう?」

「うん・・・欲しい・・・」

「何が欲しいんだ?」

「ちんちん欲しいよぉ・・・入れて・・・お願い」

「よし。いい子だ。ちょっと待って」

俺はダチとポジションを交代した。
ダチが淳子に入れようとすると、淳子は自ら腰を上げてダチのチンコを飲み込んだ。

「すげぇ!締まりいいな!」

ヤツはそう言うと淳子を後ろ向きにした。
俺は待ってましたとばかりに淳子に咥えてもらう。
舌の先でチョロチョロと亀あたりを舐めたかと思うと、だんだん美味しそうに竿もしゃぶり始めた。

(コイツ、ほんとにすげえや・・・)

俺はイキそうになりながらもビデオを撮り続けていた。

「んぐっ・・・んぐっ・・・」

後ろから突かれるたびに少し苦しそうにする淳子。
ダチは結局、そのままイッてしまった。
俺は頑張って我慢して、続けざまにグチョグチョのおまんこに入れた。
淳子はもうすでに半分イッていた。
俺は少し腰を引いてから狙いを定めて何度も突き上げた。

「ああ・・・もう我慢できなぁい!イ・・・イッちゃうよぉ・・・!」

「我慢しなくていいよ。イッていいよ」

「はぁっ。あぁぁん・・・!んっ・・・」

淳子は黙ったまま、ビクンビクンと体を震わせた。
と同時におまんこもビクビク痙攣して俺を締め付ける。
それで俺もイッた。

淳子のおまんこは最高だった。
淳子の右乳にはダチのザーメン。
左乳には俺のザーメンがかけられていた。
淳子はまだ微かにピクンピクンと痙攣しているようだった。
ダチはその様子もしっかりビデオに納めていた。
すっかり淳子も癖になったらしく、また俺達と会いたいと言っている。