俺は某有名企業の大型倉庫で社員として働いてる。
とにかく社員やら契約社員やらパートが多く、女性も10代からおばちゃんまで様々な年代が働いてる。
運送系の仕事に多いんだけど、綺麗なんだけどキツめでサバサバした女性が多い。

俺はかなりガタイのいい肉食系の38歳(既婚)。
一応、管理や教育をやっている。
俺は元DQNだけど(笑)、自分で言うのもあれだけど人当たりが柔らかくてよく動くから、人から頼られることが多い。

ちょっと前置きが長くなったが、今までで一番良かった話をしたいと思います。
今から10年ぐらい前のまだ未婚の頃、物凄くタイプの人が派遣で来た。
柴咲コウみたいな感じの人妻で、年は30歳。
スタイルもかなりいい。
色々と仕事を教えているうちにプライベートの話も結構するようになった。

「今度2人で飲まない?」

聞くとあっさりOK、飲みに行くことになった。
飲み屋では、仕事のこと、プライベートのこと、昔のことなどを話した。

「コウさんって美人だよね~。2人も子供を産んでてそのスタイルって凄いよね」

「な~に~?口説いてるの?」

満更でもなさそうなコウさん。

「うん。人妻じゃなかったらホテルに誘ってる」

コウさんは、「ここまでストレートに誘われたの初めて」と照れていた。
その後は横に移り、腰を抱きながら飲んでると俺にもたれかかってきたので、自然な流れでキスをした・・・。

「出る?」

聞くと頷くので、腕を組んでラブホへ。
一応、大丈夫なのか聞くと、子供は実家に預けてるし、旦那さんも休みの前日は朝まで帰ってこないから大丈夫とのこと。

部屋に入るなり激しいキスをすると向こうも舌を絡め返してきた。
口から漏れる吐息がエロい。
5分ぐらいキスをして唇を離すと、「こんな激しいキス初めて」と照れくさそうにして、「シャワー浴びる?」と聞くと「うん」と言うので、先に行かせて後から突入してやった。
俺が入ると、「キャッ」と驚いたが、「本当にエッチね~」と喜んでいた。

そこでじっくりコウさんの身体を見た。
本当に子供を産んだとは思えない綺麗な身体だった。
おっぱいも85cmあり、そこまで垂れてなくて綺麗。
乳輪と乳首はちょっと大きくて茶色、マンコも多少ビラビラが出てて茶色だったが綺麗だった。
俺が素直に褒めると、「俺君のも立派な形だよ」と言ってくれた。

お互いに身体を洗い、俺がマンコを触りだすと興奮した感じで「早く出よう」と言うので、ベッドに行き激しくキス。

「舐めさせて」

フェラをさせると抜群の舌使い。
亀頭に舌を絡めながらエロい音を立てながら激しくしゃぶってくる。
体勢を変えて俺の顔を跨がらせて69の体勢に。
俺も興奮してたので、かなり乱暴なクンニをした。
ジュルジュル音を立て、クリトリスを集中的に攻め、中指でGスポットを攻めた。

「マン汁が凄いよ!俺のもしっかり舐めて!」

言葉責めをすると、「んっ!あっあっあっ」と感じた声を出しながら一生懸命にピチャピチャと舐めてくれた。

「そろそろ欲しい?」

「うん・・・お願い!入れて!」

「どうやって?」

「後ろからチンポ入れて!」

四つん這いにさせてバックから入れた。
かなり濡れていたので、ニュプニュプって感じで入った。
絡みつくような柔らかくて熱いマンコだった。
コウさんは、「あーー!太いっ!」と叫び、俺が動くと・・・。

「あっあっ!擦れて凄いっ!んーーっ!」

俺は腰を押さえて構わず激しく腰を振った・・・。
パンパンパンという乾いた音とズチュズチュと濡れたエロい音と甘い叫び声。

「ダメダメ!イッちゃう!」

コウさんは叫びながらイッてしまった。
その後も俺は動き続け、コウさんが3回ぐらいイッた頃、俺もイキそうになったので、「どこに出す?」と聞くと、「口に出して!」と言うので、イク寸前に抜いて口に持っていった。
コウさんは咥えてゴキュゴキュと精子を飲み干し、その後も綺麗に掃除してくれた。

「凄い良かった・・・こんな激しいのは久しぶり」

エロ顔で言われた。

「コウさんってMなの?」

「・・・うん」

恥ずかしそうに言った。
その後は正常位で激しく突き、駅弁もやった。

「何これ!奥まで凄い!」

コウさんは涎を垂らしながら何度もイッた。
この日は俺も3回イキ、コウさんは8回ぐらいイッた。
そして、この日を境にコウさんは俺のセフレになった。