俺が妹とバッグ屋へ行った時のこと。
そこは女物のバッグ屋で、店員は4人いたんだけど、みんな制服のスカートが短く、可愛い店員が1人いた。
妹がバッグ選んでる間、なんとか店員のパンチラを見ようと、俺は店内をぶらぶらしていた。
妹の方を見ると、店員が1人ついて説明していた。
俺がそばに行くと、その店員は一番可愛い店員で、新山千春みたいな感じだった。
名札を見ると『店長』と書いてあった。

俺は妹のバッグを探すふりをしてしゃがみ込み、可愛い店長の紺のハイソックスと生足を眺めながらパンチラのチャンスを窺っていた。
俺はなんとか店長をしゃがませようと、一番下の段にあるバッグを見て、「これなんかいいんじゃない?」と言った。
案の定、店長はしゃがみ込み、バッグを取り出したが、膝を床につけていた。
俺はすぐにその対面のバッグを指して「これもいいかも」と言うと、店長は俺の前で、しゃがんた格好で脚を開いて対面のバッグを取った。
そのため可愛い店長の股間部分に白いパンティーがはっきり見えた。
超エロかった。
しかし妹は気に入らなかったらしく反対の棚の方へ行ってしまった。
俺はバッグを探すふりをしてそのまましゃがんでいたが、店長は妹が見ていたバッグを片付け始めた。
俺はスカートを覗き込もうとしたが、なかなか出来ない。

その時、妹が棚越しに店長に話しかけた。
店長はお尻を俺の方へ突き出し、妹の方へ体を乗り出すようにして説明を始めた。
俺はバッグを見るふりをしてスカートの下に顔をつけた。
すると女子学生のような白い生のパンティーが見事に見えた。
おまけに尻の割れ目がクッキリわかるほどパンティーがお尻に張り付いていた。

しばらくして妹は別のを探すために奥の方へ行ったので店長もカウンターへ戻ったけど、俺は可愛い店長を見ながら白いパンティーを思い出していた。
カウンターには男の店員がいて店長と話していたが、店長は客対応のときとは打って変わって語調を強め・・・。

「何やってるのよ!ちゃんと発注はしたの?!」

などと男の店員を叱りつけていた。
俺は純白パンティーの店長に叱られている部下の男を見ながら興奮してきた。
2人は店の隅の方へ行ったので俺も気付かれないように後を追った。
店長は、「脚立を持ってきて」と言い、男の店員が持ってくると・・・。

「だからちゃんと確認しなさいって言ったでしょっ」

「すみません」

「いいわ、私が調べるから、あなたは発注し直しなさい」

そう言って脚立に昇って何か作業を始めた。
俺は脚立の下から覗こうと思ったが、そこは年配の女性用の売り場で、どう見ても妹のバッグはなく、俺には場違いの場所だった。
そこへ男の店員が来て店長に何か話しかけようとしていたが、なんとその店員、店長のスカートを覗き始めた。
店長のスカートの裾は男の店員の顔の高さにあり、店員は覗かれていることにまるで気付いていない。
店員は大胆にも店長のスカートに顔を突っ込むようにして覗いてた。
その店員は見た目、真面目で大人しそうな男だったが、思う存分に覗いた後ニヤリとして、「発注しました」と店長に声をかけていた。
店長は下にいる店員を見て、そこで初めてスカートの裾を押さえながら、「間違いないわね?」と返していた。
その店員が「はい」と答えると、「後はいいわ、戻りなさい」と言い、また作業を始めた。

その様子を見ていた俺は勇気を出して店長の脚立の下を通り、スカートを覗き込んだ。
しかし店長は俺に気付き、スカートを押さえて俺を睨みつけた。
そのときは白いパンティーを見た後だったけど(笑)
さすがに俺はマズいと思い、妹を探して店を出た。

可愛い店長の白いパンティーにも萌えたが、男の店員が店長のスカートを覗いていたことにも興奮した。
その男の店員は他の女子店員からは相手にされそうもない陰気な感じのヤツで、その男にいつもパンティーを覗かれているとも知らず、生足で短いスカートを穿いている店長や女子店員のことを想像すると興奮した。
そして、少女のような純白パンティーを穿いている可愛い店長が、怯えたような表情をした男の店員を厳しく叱りつけている様子と、その後は立場が逆転して、スカートを覗かれる女と覗く男の関係になっていることにも興奮した。