2ショットダイヤルで繋がった看護師の人妻(33歳)。
待ち合わせして、すぐにホテルへ直行した。
部屋に入るなり、いきなり濃厚なキスを求めてきた。
そのいやらしさは嬉しくなるくらいハードで、キスをしているだけで自身が硬くなるのがわかった。

容姿はやや細身だったが、脱がしてみると意外にも胸もあり、そそられるスタイルだった。
濡れ方も尋常ではなく、すでに下着はびっしょりだった。
胸を重点的に責めているだけで大きな声を上げた。
顔も財前直美似で、33歳の割に大人の色気もあり、エッチするには十分だった。

手を下腹部へ伸ばしてみると、より大きな声をあげた。
69のスタイルで互いを刺激し合い、愛撫に時間をかけると、「お願い、して・・・」と挿入を求めてきた。
わざと焦らしてみると、俺のモノを握り締めて愛おしそうに丹念に舐めてくれた。

俺も次第に我慢できなくなり、正常位から挿入を始めた。
硬くなったモノをゆっくり濡れた秘部へ押し込むと、クチュクチュと音を立てて潜り込んだ。
やはり若さからだろうか、締め付けが程よい。
特に入口付近の締め付けが心地良く、出し入れするたびに感じ方が倍増する。
2ショットで話していたとき、彼女の好きな体位はバックだと言っていたので、彼女を裏返し、小ぶりだが形のいいお尻を両手で支えながら改めて挿入すると、彼女は再び大きな声を上げた。
Mっ気がある彼女だったので、やや強引に犯すようにセックスを楽しんだ。
お互いがセックスに飢えていたこともあり、獣のように求め合い、汗だくになりながら気持ちいいセックスにのめり込んだ。
互いの欲情が感極まり、最後は正常位で彼女のお腹に大量の精子をぶちまけた。

汗だくになった身体を風呂場で洗い合っていると、彼女がまた気持ちよくなってきたらしく、浴槽で騎乗位スタイルになって繋がった。

水中でのセックスも楽しみ、風呂から出てベッドに戻ると腕枕で話をした。
彼女の仕事は看護師なので、病棟でのセックス経験を聞き出すと、数年前に一度だけ患者とのセックス経験があることを白状した。
患者は年齢も近い若者だったらしいが、個室だったので深夜ナースコールで呼ばれた際、強引にセックスされたそうだ。
その時は患者も溜まっていたらしく、挿入して5分足らずでイッてしまったそうだ。
やはり声を出せないことと、病室でのセックスというシチュエーションに、短い時間だったが彼女も感じてしまったそうだ。

そこで彼女にイメージプレイを申し出てみた。
俺が患者で、深夜の見回りに看護師である彼女が病室へ来た、という設定。
俺がベッドで横になっていると看護師の彼女が見回りに来る。

「まだ起きてるんですか?」

「ちょっと寝付けなくて・・・少し話し相手になってもらえませんか?」

「少しだけなら・・・」

彼女がベッドに腰掛ける。
彼女が結婚してることを聞き、旦那との関係を聞いてみる。

「旦那は忙しくて生活リズムもすれ違いなので・・・」

「じゃあ夜の方も・・・?」

「うん・・・」と彼女が頷く。

「じゃあ少し相手をして・・・」と彼女の手を握ると、「ここでは・・・」と少し拒む。

しかし半ば強引に彼女を引き寄せてキスを求めると、彼女から舌を絡めてきた。
設定上、看護服を着ていることにしていたので、彼女の胸元から愛撫を始めると声を漏らした。

「シーっ!誰かに聞かれちゃうから静かに」

彼女の口を手で塞ぐ。

彼女は、「こういう環境だと余計に感じちゃう」と目を虚ろにした。

下着も半分脱がせた設定で、彼女を騎乗位スタイルで上にさせた。
上になった彼女に俺のモノを握らせて、ゆっくり挿入させた。
音にも気を遣い、ゆっくり腰を振らせた。
彼女はイメージの世界に陶酔して、本当に病室でセックスしているようなつもりになって感じていた。
次第に腰の振りが激しくなり、やや声が漏れ始めたが、あまりにも色っぽくてそのまま感じさせた。
体位をバックに変えて激しく突くと、彼女は最後・・・。

「いい、このまま中に来てぇ~」

そう叫んだ。
俺は彼女の感情を優先し、そのまま中で果てた。
しばらくお互いに放心状態だったが、彼女が先に口を開いた。

「すごく良かった。やっぱり私、Mっ気が強いみたい。犯される感じが好き」

再び彼女に襲いかかって犯した。
彼女は一瞬戸惑った顔をしたが、身体は素直に反応し、すぐに大きな声で悶え始めた。
彼女は、「こんなに気持ちいいセックスは初めてかも・・・」と言い、「もっと責めて」と俺にしがみついてきた。
激しく責めると彼女もそれに反応し、声を枯らすくらい声をあげて感じ続けた。
またもや最後は彼女の中へ放出した。

彼女は、「もう離れられないかもしれない・・・」と言って顔を赤らめた。

彼女とは来週も会う予定だ。
今度は本物の制服を持ってきてくれるらしい。
今から楽しみでならない。