現在31歳、既婚。
小学校の時に両親は離婚。
俺は親父親、兄、祖親父、祖母と暮らしていた。
中学生の時に親父親が再婚した。

中3の時だった。
夜トイレに起きた俺は、隣の両親の部屋から聞こえる、小さな声に気付いた。

「おお・・・上手い・・・」

「んふぅ~・・・」

廊下に寝そべり、ドアの下のわずかな隙間から覗いてみると、薄明かりでよく見えないが、布団の上で何やらうごめいているのはわかる。
わずかな隙間だし角度的に見えない。

(どうしても見たい!)

俺は心臓の音が聞こえるんじゃないかというほどドキドキしていた。
そして、絶対に気づかれないように、そっとドアノブに手をかけた。
音が鳴らないように少しずつ少しずつノブを回した。
5分くらいかけたと思う。
今度は少しずつ少しずつドアを手前に引いた。
そして2~3cmくらいの隙間から見える光景に思わず息を呑んだ。
継母が全裸で親父のモノを咥え込んでいた。
これまで気にもしていなかった継母だったが、全裸で四つん這いで尻を持ち上げ、Fカップはあるであろうおっぱいを揺らしながらチュパチュパといやらしい音を立てて頭を上下に動かしているその姿に、俺のチンポははち切れんばかりに勃起し、脈打った。
しかし、その光景を眺めていたのはほんの1~2分ほどだった。
継母が親父のチンポから口を離したタイミングで、顔を上げたらバレると思い、とっさにドアを締めていた。
部屋に戻った俺は、1、2分前の光景を思い出して夢中でしごいた。
ほんの数十秒で、とてつもない快感が押し寄せて、果てた。

翌朝、いつもより1時間くらい早く目が覚めてリビングに行くと、継母が食事の用意をしていた。
うちは自営業であったため、親父はいつものようにまだ寝室で寝ているようだ。

「ウッス」

俺が無愛想に声をかけると、「あら、今日は珍しく早いわね」と振り返って言ったが、顔を見れなかった。

心臓がまたドキドキと鳴り出していた。
それがバレないようにテレビを点けた。
食卓に座ると、継母はまな板に向い食事の準備を続けたが、俺はテレビを観ているふりをしながらパジャマ姿の継母を後ろから舐め回すように見ていた。
改めて見ると、小柄でウエストは適度に締まっており、お尻も垂れずにふっくら丸く、女っぽい体型だ。
薄っすらと透けて見えるパンティーラインをボーと眺め、ふと上半身に目を向けると、ブラのラインがない。
どう見てもノーブラだ。
昨晩の光景が一気に蘇り、ムラムラしてきた。
冷蔵庫を開けようと横を向いた継母の胸の先に、明らかに乳首の形が見えた。

(やっぱりノーブラだ!)

今考えると、そこから先、俺は何かに取り憑かれたような行動をとっていた。
立ち上がった俺は、継母に後ろから抱きつき、胸を鷲掴みにした。
そして激しく揉みまくった。

「イヤッ!何!?」

小さな声をあげ、継母はその場にうずくまるようにしゃがみ込んだ。
構わず押し倒そうとすると、大きな声で、「やめなさい!!」と言った。
ヤバイと思った俺は継母のお腹に思い切りパンチを入れた。

「ううっっ・・・!!」

もう俺は止まらなかった。
痛みに転がっているうちにズボンを脱ぎ捨て、継母のパジャマごとパンツを下ろして、横向きに倒れている継母の尻にチンポを宛てがった。
無理やり入れようとするが、なかなか入らない。
一度チンポを離し、継母のまったく濡れていないマンコと自分のチンポに唾をつけると、もう一度チンポを宛てがい、ゆっくりと腰を突き出した。
キュキュッと引っかかる感じはあったが、俺のチンポは継母の根元まですっぽりと収まった。
無理やり入れたせいもあって中はかなり締まっていた。
動くとイッてしまいそうだった。
根元まで収めたまま継母の顔を見ると、お腹の痛みはだいぶ引いたらしいが、小刻みに震えながら泣いていた。
抵抗する気力はないらしい。

俺はゆっくりと腰を動かしながらパジャマの上から大きなおっぱいを揉んだ。
パジャマのボタンを引きちぎるように外すと、白い大きなおっぱいが露わになった。
過去に子供を生んだ経験があるため乳首はやや大きめだが、乳輪は500円玉ほどの適度な大きさ。
継母を上に向け、正常位の形のまま、露わになった大きなおっぱいにむしゃぶりついた。
継母は無抵抗で力なくダランとしていた。
激しくピストンすると顔をしかめ、必死に声を出さないようこらえていた。
体の奥から快感が押し寄せ、さすがに中出しはヤバイと思った俺はチンポを引き抜くと、いつもネタに使っているビデオの男優のように継母の口元へ持っていった。
継母は固く口を閉ざしており、先っぽをつけてもビデオのように口を開かなかった。
だから右手でチンポをしごきながら左手でビンタを一発入れた。
そして指で無理やり口を開かせ、チンポをねじこんだ。
入れたと同時に驚くほどの量の精子が継母の口へ注がれた。
俺が全部出し切ると継母は顔を背け、咽るように精子を吐き出した。

我に返った俺は、台所の入口で呆然と立ち尽くす親父の姿に気づいた。
俺は急いでズボンを穿き、カバンも持たずに家を飛び出した。