42歳の母親です。
何度か浮気をしてしまいましたが、3年前に別れた彼が忘れられません。
彼はなんていうか、“遊び”に徹してた人でした。
過去、本気になられて別れた男もいれば、私がちょっと入れ込みすぎて、向こうからやめようと言ってきた男もいました。
でも彼とのセックスは「凄かった」の一言でした。
全身を隈なく舐め回し、「自分で弄れよ」と私にオナニーさせます。

「欲しいか?『欲しい』って言えよ!」

「ああ、頂戴、入れてえ!」

「ほんと、どすけべな女だな」

彼は薄笑いを浮かべ、ペニスで激しく私を何度でも貫くんです。

「好きなんだろ?旦那より俺の方が?言えよ!」

「あ、あなたが好き、大好き!」

彼にしがみつく私。

「イク!」

「まだだ!まだイクな!」

バシっと私の頬を打つ彼。
イクのを何度も止められると、もうおかしくなっちゃうんです。
私は号泣しながら喘いでいました。

「俺も好きだよ。本当に好きだよ!俺の女になれよ!」

「な、なるわ、私はあなたのものよ!」

“彼が大好き、もう私は彼のもの”なんて気持ちになっちゃう人妻の私。

でも帰り際は、「暇だったら連絡くれよ」と素っ気ない彼。
25歳と若かった彼。
かなりのイケメンで、女の扱いに慣れてた感じ。
相当モテてたんでしょうね。
彼から連絡をもらったことはないし、私は自分がしたくなったら連絡を入れて、セックスしてもらっていました。

でも、母が倒れたり、夫の父親が入院したり、その他にも色々と重なって気疲れしちゃって。
結局、彼との関係は自然消滅。

普段は彼のことをなんとも思いませんでした。
セックスの時だけ感じる愛っていうのもあるんだと知りました。
でも、ここのところ落ち着いてきて、時々身体が疼く私でした。
夫はたまに求めてくるけど、逆にストレスが溜まる始末。
私は彼とのセックスを思い出して、つい手を下着の中に入れてしまっていました。

それは18歳になったばかりの息子のせいでした。
かなり背が高いほうで、顔も同級生の誰よりもイケメン!
かなり親バカが入ってますけど。

(男臭くなっちゃって、やあね)と思いながらも、(そういえば彼もこんな感じだったわ)と思い出しちゃうんです。

高校最後の年と部活を頑張る息子。
土曜日なんて、もう7時には寝ています。
その日は夫が泊まりでゴルフ。
息子には寝られ、暇を持て余した私。

(せめて息子にハグして、あの時の気分を味わっちゃおう!)

そう思って普段から嫌がる息子にくっついていた私。

少々ビールを飲んで身体が熱くなった私は寝ている息子の部屋へ。
うつ伏せに寝ている息子に抱きついて、いい気持ちです。

(あら、息子が目を覚ましちゃった)

一旦身体を起こすと、そのまま私を抱き締めてきました。

「うっとしいから出てけ!」

って、いつものように言われるかと思ったら嬉しい!

「んんーー、ああ、このままずっとこうしていたいよー」

そう言ったら、息子の手がいきなり脚の間に。

「母さん、1人でいつもしてるよね?」

その言葉に固まった私。

(見られてた?いつ?)

後は息子のなすがままです。

「お願い、今日は危ない日なの」

コンドームをさせるのが精一杯。
彼にしてたように、果てた息子のペニスにしゃぶりついて、勃起させては跨がって腰を振った私。

「ああ、すげえ、また出る!」

彼のより少し細いけど、超硬い息子のペニスは私を狂わせました。
自分の息子としてるという、味わったことのない異常な興奮に包まれた私。
私は息子の前で恥ずかしいほど脚を開きました。

(さあ、思い切り私を狂わせて!)

「ねえ、『俺の女になれ』って言って!」

「俺の女になれ!」

「ぶって!」

「こうか?」

バシッ。

「もっと強く!」

「こうか?」

バシっ!

「そうよ、もっと、もっとぶって!」

そして息子は子宮に届くほど深く、そして速く、ペニスを私の中に打ち込んできて、ついに私はふっと意識が遠くなり、失神してしまったのです。
身体がふわふわして、すごくいい気持ちでした。

「なんか凄かったよ。口をパクパクさせてさ、目が半開きで痙攣してんだよ」

息子はその時の私の顔を携帯で撮っていました。

「消しなさい!」

「やだよ」

息子は学校でそれを見て、「また勃起した」と言っていました。