社員の9割以上が女性という職場のためか、よく合コンの話を持ちかけられます。
相手は名のある企業に勤めるサラリーマンで、いわゆるエリートと呼ばれる人たちが多かったです。
なので、たいていは断らずに行っていました。
というかみんな目の色を変えて色めき立っていたって感じです。
もちろん私も、いい人がいればいいな~って参加していました。

イケメンが多くてコンパは大盛りあがりでした。
2次会、3次会と進んで、この段階でほとんどの参加者がツーショットになってました。
私は自分の年も考えず、3歳も年下のスポーツマンタイプの人に狙いを定めてアタックしました。
それでどうにか2人で抜け出そうと画策して、「酔って気分が悪くなった」と彼に言うと、「外の空気を吸った方がいいよ」と私を非常階段に連れ出して介抱してくれました。

夜風が気持ちよくて、私はもっと大胆になってしまいました。
彼にしなだれかかって、自慢の胸を押し付けたんです。
三十路近い独身女性の唯一の武器です。
最初は気付いてないみたいだったので、私は何度もグイグイ押し付けました。
押し付けたり、胸元のボタンを外したりすると、やっと私が誘ってことに気付いたみたいで、ゴクリと唾を飲む音が聞こえました。
だんだん息が荒くなってきて、股間もテントが張っているみたいでした。
私はよろめいたふりをして彼の股間に手を当ててみました。
案の定、カチカチになって、ビクンって脈打ちました。

私「すごく硬くなってる・・・出したいの?」

彼「は、はい!」

彼が勢いよく返事をしてきたので、彼の首に腕を回して胸を押し付けるようにしてキスをしました。
すぐに舌が挿し込まれてきて、貪るように求めるように舌を動かしました。
唾液が溢れて、チュパチュパといやらしい音もしてきました。
私はキスをしながらジッパーを下ろしてズボンからアレを出すと、ヌルヌルする先走り汁を塗りたくるように亀頭全体を揉みました。
彼は、「うっ、ううっ」と呻いて呼吸を荒くさせました。
揉むたびに先走り汁が溢れてきて、彼がたまらなさそうな目で私を見てきたので、パクっと咥えてあげました。
ここが壁のない柵だけの非常階段だということも忘れて舐めました。
私は自分の持つテクニックを総動員して彼のを舐めました。
焦らすというよりは攻める感じで、射精を促すようにフェラしました。
彼は興奮と快感ですぐに・・・。

「も、もう我慢できない、で、出ちゃいます!」

そう叫んで私の頭を押さえました。
私の口の中に大量に発射されました。
彼は、第2波、第3波と何度も喉の奥を叩くように放出しました。
喉に絡みついてくる彼の濃い精子を飲み込みました。
それでも彼のアレはまだ硬いままで、ビクンビクンと脈打って、そのたびに精子が溢れ出ていました。
一度の発射だけでは満足していない感じでした。

私は彼の前でスカートを捲くってパンティを下ろすと、グチョグチョに濡れまくっているアソコを剥き出しにしました。
彼はそこに顔を埋めると乱暴に舐め回してきました。
鼻を押し付けるようにして匂いを嗅いで、激しく吸いついてきました。
私は我慢できなくなって自分からお願いしました。

「入れて、硬くて太いのを入れて」

彼は何も言わずにいきなりバックから入れてきて、脳天が突き抜けそうなくらい乱暴に突いてきました。
ズンズンと奥まで入ってきて、非常階段にパンパンという音が響きました。
ただ私は悲鳴のように喘ぐだけでした。
いつ誰が来るかもわからないのに、隣のビルから見えるかもしれないのに、私は乱れまくりました。
あまりにも強烈なピストンは腰が立たなくなるほどで、私の中に濃い精子が発射された瞬間、私は頭が真っ白になりました。
年下の男に初めてイカされました。
2人とも汗まみれになったので、そのまま抜け出してホテルに行きました。
朝まで何度も何度も彼とセックスしたけど、私たちの関係はその日限りでした。

そんなわけで、私はまた合コンに参加して男を漁ることにします。