私は26歳で独身、職業は消防士です。
母は49歳、専業主婦です。
今や母と私は恋人関係になっています。
家族の目を盗み、スリリングな関係を続けています。

母は私と関係するようになって本当の意味でセックスに目覚め、自らも女を楽しんでいるようです。
私は消防士という仕事柄、夜勤明けの日は日中家にいますので、家族が誰も家にいない昼間は、たっぷりと母を愛してやります。

親父と妹が出勤した後、洗濯が終わった母が早速私のベッドに潜り込んできます。
まるで恋人同士です。
母は私の部屋に入ると、ベッドで見ている私の前でストリップをやってくれます。
ストリップと言っても、ただ単に服を脱ぐだけですが、少しゆっくりと時間をかけて脱いでくれます。
まずエプロン、次にスカート、ブラウス、キャミソールと順にゆっくり脱いでくれます。
下着フェチの私のためにブラとパンティだけになったら、しばらくじっとして眺める時間を与えてくれます。
そしてブラもとってパンティだけになると、いつものように私が声をかけます。

「母さん、こっちに来て」

「もう、こんなオバサンの体を見て、何が面白いの?」

そう言いながらも笑顔でベッドの横に立ち、いつものように立ったままで私に体を触らせてくれます。
私はベッドの枕を立てて、それに背中を預けるようにして手を伸ばし、母の尻や下腹部をパンティの上から触りまくります。
色白で豊満体型の母の体はエッチ度満点で、私の息子は即勃起です。
ムッチリして垂れたデカ尻、脂の乗った二段腹、垂れてはいるものの今でもDカップの乳房、その乳房の先にはやや黒ずんだ大きめの乳首。
私は母のデカい尻が好きで、それも裸の尻そのものでなく、パンティを穿いた尻を見たり触ったりするのが大好きです。

ひとしきりお触りを楽しんだら両足を少し拡げさせ、パンティのクロッチ脇から指を入れ、濡れ具合を確かめます。
いつも、このあたりまで来ると母の股間はヌレヌレです。
あそこ指をこじ入れると・・・。

「うっ・・・、あっあっ・・・あん」

甘い喘ぎ声とともにビクッと体を震わせます。
そろそろ準備完了です。
母をベッドに寝かせ、まずパンティを脱がせます。
そして脱がせたパンティのクロッチ部分を鼻に押し当て、心ゆくまで匂いを嗅ぎます。

「もー!亮ちゃんったら変態なんだから・・・」

私は返事もせずに匂いを嗅ぎます。
次のステップは、さらに変態の度合い強めます。
今度はパンティを勃起したジュニアに巻きつけて、左手でスリスリしながら、巻かれたパンティの間から覗いている亀頭の先を母の鼻先に擦りつけます。
当然、私の先走りのヌルヌル液が母の鼻先に塗られます。

「もーやめてよー」

そう言う母の顔は笑っています。
中学の時から10年以上、母や妹の汚れたパンティを漁っていましたが、母とこんな関係になるまでは、当然ですがコソコソと隠れてイタズラしていました。
それが今は堂々と嗅いだり舐めたりできます。
それも脱ぎたてのホヤホヤを。
母の見ている前で、母の汚れたパンティを広げて嗅いだり、勃起に巻きつける行為は最高に興奮します。
そんな私の行為を見ながら、母も羞恥心を煽られて興奮していくようです。

次に、母の全身にキスの雨を降らせます。
キスというより舐めているという表現が当たっています。
特に母の性感帯の脇の下から脇腹を舌先でなぞると、母は全身を震わせて悶えています。
太股へのキスも有効なようです。

親父とのセックスはいつも受け身で、満足を感じたことがあまりなかったと言います。
父は変わり者というか、結婚以来、母に一度もクンニもせず、逆に母も一度も父のモノを咥えたことがなかったそうです。
と言うよりも、母の話では、父はもともとセックスが弱いらしく、妹が生まれた頃からあまり母に迫らなくなり、40歳前頃から今で言うセックスレス夫婦になっていたそうです。

そんな母を嫌と言うほどクンニで責め立てます。

「アー!アー!あっあっ・・・アー」

母は狂ったようによがり声をあげて喜びます。
最近は母のアナルも軽く責めてやります。
ペニスを挿入しながら指先に母の愛液を塗り、母の後ろの穴を指先でなぞったり、ちょっと入れてやったりすると母は両足を私の腰に絡めてグイグイと締め付けてきます。
そんな母を愛しくも可愛いと思ってしまいます。

そんな母が最近、フェラの腕を上げてきました。
私と関係が出来た当初は、私に言われてペニスの先端をチロチロと舐めるだけでしたが、その後少し口の中まで入れられるようになり、最近は人並みに舌を絡ませるフェラも出来るようになりました。
その間、借りてきたアダルトビデオを観させたりして教育しました。
もちろん近親相姦ものです。
最初の頃はテレビの前で目を伏せたりしていましたが、いつしか上気した顔でじっと観入るようになりました。

「こんなビデオがあるんだ・・・」とか「亮ちゃん、いつ頃からこんなビデオを観てるの?」とか、結構リラックスして観るようになりました。

母は49歳になって、やっと人並みにクンニやフェラの味を覚えたのです。
この歳になって、やっとセックスの素晴らしさに目覚めたのです。
遅く目覚めた分だけ貪欲というか、呼びもしないのに夜勤明けの日は自分から私のベッドに潜り込んできます。

最近、そんな母に家にいる時は顔を合わせるたびにキスをしてやります。
家族の目を盗み、どこでもキスをしてやります。
最近は母も自分から積極的に舌を差し込んで、唾液を送り込んできます。
そんな母が大好きでたまりません。

つい最近のことです。
妹が合コンで遅くなるということだったので、父が風呂に入っている間にキッチンで速攻でやり、最高に興奮しました。
浴室のドアの閉まる音がすると同時に母を流し台に手をつかせ、後ろからスカートを捲り、パンティを片足だけ脱がせてバックから突きまくりました。
流しに手をついて、スカートを捲られ大きくて白い尻を丸出しにして、足首に脱がされたパンティが絡まっている姿は、最高にエロい格好でした。
病みつきになりそうです。
母はあまり声が出せないので、「はっはっはっ・・・うっうっ」と呻いていました。
しかし母も最高に興奮したらしく、母のあそこはビショビショという表現がピッタリするほど異様な濡れ方で、染み出した愛液が太ももをベトベトに濡らし、さらにふくらはぎの辺りまで伝わって流れ出ていました。

以前から父が家にいる時に、母とやってみたかったのです。
家族が家にいるというシチュエーションでやるのは最高に興奮します。
父や妹に見つかるかも知れないというスリリングな状況と、家族がいるからと言って怖がって嫌がる母を犯すという征服感がたまりません。

母はもう完全に私の女になっています。
セックスの時は下着も、下着フェチの私好みのものを穿かせています。
以前は近所のスーパーで買ってくるおばさんパンティ専門でしたが、最近は通販で買ったスケスケのレースもの、紐パンやTバック、色も黒や赤など原色系を穿かせて楽しんでいます。

「こんなオバサンに、こんな恥ずかしい下着を穿かせて・・・」
「この歳になって、こんな下着を穿くとは思わなかったわ・・・」

などと母は恥ずかしがっていますが、私としてはそこがたまりません。

「瑠美子は色白だから、黒や原色が似合うね」

なんて母を呼び捨てにしてからかってやります。
もちろん、そんなものを洗濯機の中へ脱いでいたら父や妹に怪しまれるので、脱いだ後は私の部屋に置いておき、皆が出勤しているうちに洗濯して、ベランダから取り込んだら私の部屋のタンスに仕舞っています。
私が非番のセクッス日の前夜は、風呂上がりの母が私の部屋にこっそりとエッチな下着を身に着けに来ます。
消防署のベッドの中から母の携帯にメールを入れます。

『今日、お風呂から出たら黒のTバックを頼みます』

母からメールの返信が来ます。

『了解です』

隣の家の人は、ベランダに干された派手なエッチ系の下着は全部妹のものだと思っていることでしょう。
今度はアダルトショップで穴開きパンティを買ってこようと思います。
母に穿かせるのが楽しみです。
でも、母のデカ尻に合うサイズはあるかな(笑)