今年の姫初めが妻より先に恋人気分のN実(既婚)とできて、なんとも嬉しかったので投稿します。

昨年最後のデートはクリスマスだったので、生膣感覚も3週間ぶりでした。
特に趣味プレイはなく、大抵はベッドで、まぁノーマルセックスを楽しむのですが、先日は久しぶりとあって刺激が欲しくなり、彼女を洗面台の鏡の前に立たせ、立ちバックで犯すことにしました。
大きな鏡の前は、彼女の色気と大きな胸、そして艶めかしい背中や腰つきを同時に楽しめる絶好な場所です。

バスタイムの後、2人で身体を拭き合ったとき、耳元に息をかけてゆくと彼女はすぐに私の欲望を察したようで話をするのをやめました。
私は彼女の髪の感触を頬や顔の肌で楽しみながら両手で乳房と乳首を弄びます。
もうこの時点で自分のモノはギンギン。
私はそれを彼女の腰に押し付けて欲求の度合いをアピールします(笑)
メスとして大変出来のいいN実は、ものの30秒で受け入れる準備が整ってしまいます。
すでに膣口を透明な粘液で満たして、それが滑り込んでくるのを待っているわけです。

「いい?」

「うん。いいよ」

すぐに返事が返ってきて本番のスタート。
もちろん2人のセックスはいつも生ハメです。

私は、「じゃあN実ちゃんが入れて」と頼み、わざと彼女の手でハメさせました。

彼女にいきり立ったペニスを預けて、その仕草や一連の動きを眺めるのが好きなんです。
この日の彼女は、私のペニスを少しずつしごきながら、その硬さを確かめるようにしつつ極楽の入り口に導いてくれました。
この瞬間は射精するのと同じくらいクラッときます。
本当に素直でセックスがやりやすい、よく出来たメスだなと思います。

彼女の性器に溢れる粘液を竿に馴染ませるよう、浅く2、3回ストロークすると、あとは奥まで飲み込ませ、一気に子宮を突き上げます。
N実はどちらかと言えば下付きで、立ったままでも犯しやすいですし、彼女もバックが大好きでスポットの当たり具合がいいみたいです。
そして幸運にも私のペニスは平均よりちょっと長めらしく、今までの女性はすべて、上体を立たせたままでもしっかりと子宮を小突くことが出来ました。
私はN実の髪の香りを鼻いっぱいに吸い込みながら、時に肩口から唇を重ねたり、彼女の耳に顔をすり寄せたりしながら、文字通り五感を満喫して味わいます。
彼女はよがり声を漏らし、私の欲するままの責めに応じ、さらに歓喜の声を上げていきます。
この反応もまた素晴らしく、責めれば責めるほど喜んでくれるのですから、私にとって玩具そのもの、男の性を満たす至福のひとときです。

以前から彼女は、「男性が射精する直前の動きがたまらなく好き」と言っています。
きっと射精が後戻りできなくなってから勢いに任せて精液が噴出するまでのほんの数秒間のことを指しているのでしょう。
程度に差はあるにせよ、確かに男なら誰でもイク寸前は独特な突き方というか、かなりの激しさになっていると思います。

「あのときの動きは続けられないの?」なんて聞かれたりもします。

私は彼女に、「無理だね(笑)」と答えましたが、「あれがいいんだ?」と聞くと・・・。

「少しでも長く続けて、本当にどうにも仕方なくなったら中に果ててもいいわよ」

(出来ることなら俺だって続けていたいけど、まぁせいぜい2、30秒が限界かな・・・)

そんなことを鏡の前で思いつつ、彼女の細い身体を貪るように犯していました。
鏡に映る彼女の全身を、顔からゆっくりと下に視姦していくと、腰のくびれと下腹の張りに目が留まりました。
その辺りを注視していたら、ネットのエロ画像で見かけた、女性器内部の写真が脳裏に蘇りました。
可愛らしい女の子の膣口が、器具で不自然なまでに開けられてしまっていて、その奥には薄ピンク色した子宮がヌラリと光って見えるのです。
写真で見るその内臓はなんとも卑猥で、皮を剥かれた桃の実のように滑らかで、一文字につぐんだ子宮口までが分かるものでした。

(きっと彼女の中もあんなふうになっていて、私や旦那に吐き出された男の精が、直接ベットリとまとわりつくんだろうな・・・)

と、リアルなイメージをしてしまいました。
案の定、その途端に込み上げてきました。

「もう我慢できないよぉ・・・出していい?」

「いいよ。好きに出していいから・・・」

悶えながら彼女が声を漏らします。
私は少しでも長く彼女の希望も叶えようと、激しい突き限界まで続けた後、溜まっていた性欲を思いきりぶちまけました。
私はストロークをほとんど止めて射精をしていました。
膣奥でドクッドクッドクッとペニスが幾度となく精を放出してゆくたびに、N実も小さく吐息を漏らします。
彼女のこの息遣いを耳にすると、今まさに女性を征服したような満足感に浸れます。
互いに求め合いながら何の心配もなく直に彼女の体内に精液を撒けるのは本当に極楽です。
強制的な中出しでは絶対に味わえない満足だと思います。

私は休み明けの激務で、このところの5、6日はマスターベーションをする間もなく眠りに落ちていたので、感覚以上にまだスタミナがありました。
精を放ってから少しゆっくりとしたストロークで余韻を味わっていると、みるみる元気になってきたので、そのまま抜かずに2回戦へ。
彼女は、その最中に何回か昇り詰めたようでした。
彼女は立ったままではいられなくなり、その後は体を前に折った体勢で、お尻をこちらに向けているだけでした。
彼女の白く丸い尻と膣は私の欲しいままとなり、もはや生のオナニーホール状態です。

私はちょっとした遊び心で、目の前のN実の尻や膣を、仕事で顔見知りになって、今現在狙っているY子ちゃんのモノとして楽しんでみました。
うっかり「Y子!」と口走ってしまわないようにドキドキしながら犯していきますが、Y子ちゃんと化したN実の中へ、程なくしてイッてしまうと私は力をなくし、用を済ませた愚息もやがて静かに押し出されてしまいました。
(実際、Y子がこれほどまでに私を楽しませてくれる女なのか、今のところは知る由もありませんが、見た感じ、肌の質や反応はなかなか良さそうです)

我に返るとN実の背中は私の汗で濡れていて、私はタオルで拭いてあげました。
ふと彼女の性器に目をやると、私があまりに激しく突き続けたせいか、ペニスが抜けた後でも少し開いたままになっています。
だらしなく半開きになっている膣口からは、当然私の精液が溢れ落ちていきます。
姿勢を下げて彼女の性器を覗き込むと、目の前で気泡と共に残骸が流れ出てきました。
私がその光景を楽しんでいるのを察してか、N実は下腹に力を入れて、ジュルジュルと卑猥な音がするように私の白い体液を吐き出してくれました。
私は無意識にN実の腰のくびれに両手を伸ばし、そのままさらに3発目を始めていました。

事が終わっていつも思うのは、普段は楚々として可愛らしい子なのに、裸にするとこんなにも抱かれ上手なメスだと驚いてしまうこと。
妻は元より、他の女の子でも、ここまで充実した気持ちは得られないだろうと思います。
だからN実のことは普段から可愛がって大事にしたくなるのです。